イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

ポチェッティーノは断念!? 現地メディアが「トッテナムはアントニオ・コンテと交渉中」と報道!

ジョゼ・モウリーニョ解任以降、クラブOBのライアン・メイソンが暫定監督として指揮を執っていたトッテナムは、マウリシオ・ポチェッティーノの復帰プランは諦めたのでしょうか。一時はレアル・マドリードの最有力候補と騒がれたアルゼンチン人監督に対して、パリ・サンジェルマンは必死に引き留めを図っており、「彼は契約を2年残している。われわれは、彼にとても満足しているよ」と語るレオナルドSDは交渉に応じる気はないようです。

かつて蜜月だったマネージャーとコンタクトを取ったといわれていたスパーズは、最近になって矛先を変えたようです。現地メディアがファーストチョイスと報じているのは、チェルシーを率いてプレミアリーグ2016-17シーズンを制したアントニオ・コンテ。2020-21シーズンにインテルをスクデットに導いた名将は、経営規模を縮小しようとしているクラブと袂を分かち、現在は完全にフリーです。

プレミアリーグを7位で終えたクラブの最大の課題は、ビッグタイトル獲得を熱望しているハリー・ケインを残留させること。そのためには、一刻も早く勝てる指揮官を招聘しなければなりません。コンテ監督の新天地については、ユーヴェとレアル・マドリードが候補といわれていたのですが、それぞれマッシミリアーノ・アッレグリとカルロ・アンチェロッティの就任が決まって立ち消えとなりました。ペップ、スールシャール、クロップ、トゥヘル、アルテタが留任のプレミアリーグで、スパーズは唯一の選択肢となっています。

トランスファーマーケットの動向に詳しいイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、コンテ招聘を画策しているレヴィ会長は、ユーヴェ時代のパートナーだったファビオ・パラティッチをフットボールディレクターに据えようとしているとのこと。コンテと並行して既に交渉が進んでいるそうで、新体制の発表はダブルで行われる可能性があります。

チェルシー時代のコンテは、4-2-3-1が主流だったプレミアリーグに3-4-3を突き付けた改革者でした。ノースロンドンで同様の戦い方をチョイスするとなると、アルデルヴァイレルト、エリック・ダイアー、ダヴィンソン・サンチェス、タンガンガというCBは脆弱にみえます。中盤センターも充実しているとはいえず、ウイングのバックアッパーも必要でしょう。

チェルシーにいた頃、トッテナムの堅実な補強について「彼らが優勝できなくても、悲劇でも何でもない」と非難していた指揮官に対して、財布の紐が固いレヴィ会長はプランを共有することができるのでしょうか。やり手といわれるトップが投資する姿勢を見せなければ、スパーズは新監督候補とエースストライカーをまとめて失う可能性があります。

2011年にユーヴェで出会い、セリエA3連覇を達成したFDと指揮官のコンビは、ヨーロッパカンファレンスリーグに出場するクラブをトップレベルに引き上げるというミッションを引き受けるのでしょうか。自らのサラリーカットと7000万ポンド規模の選手売却を打診され、インテルを飛び出した指揮官が、レヴィ会長と握れるとは思えないのですが…。「BBC」「スカイスポーツ」「アスレティック」など、現地メディアの記事の表現は「交渉は進展している」です。白黒が着くまで、しばし待ちましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“ポチェッティーノは断念!? 現地メディアが「トッテナムはアントニオ・コンテと交渉中」と報道!” への1件のコメント

  1. アイク より:

    更新ありがとうございます。
    補強0でも愚痴も言わずに上を目指していたポチェ氏はカッコ良かったです。そんな奇特な人材がそうそう見つかるはずもないので、レヴィ会長の今後にも注目しています。

アイク へ返信する コメントをキャンセル