イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

プレミアリーグ2015-16前半戦総括 (2)超早押しで選んだ前半戦のMVP。もちろん、この人!

「プレミアリーグ2015-16前半戦総括 (1)上位の立役者が勢ぞろい!偏愛的ベストイレブン・表版」より続きます。GKチェフの次は、最終ラインの4人の紹介です。昨季は53失点と、上位クラブにあるまじき数のゴールを許していたトッテナムが、今季はここまでリーグ最少失点となり、堅守だったサウサンプトンが崩れたのは非常にわかりやすい構図でした。クーマン監督のチームから移籍したアルデルヴァイレルトは、コンパニが長期離脱を繰り返す中ではダントツのプレミアリーグナンバーワンCBでしょう。タックルやカバーが的確なだけでなく、前線へのフィードやセットプレイの際の攻撃関与も素晴らしいCBは、エジルやマフレズと並ぶ「満場一致のベストイレブン選出」ではないかと思います。

中央の相方には、マンチェスター・ユナイテッドの最終ラインを仕切った急成長スモーリング、SBには、半年を通じて安定感があり攻撃への貢献度も堅かったアーセナルのベジェリン、モンレアルを選びました。サニャ、ナサニエル・クライン、カイル・ウォーカー、クレスウェル、アスピリクエタらも考慮したのですが、攻撃面も含めた貢献度を鑑みれば、ガナーズの2人は違和感はないのではないでしょうか。

セントラルMFは、ドリンクウォーターとともに縦横無尽に走り回り、カウンターにつながる多くのパスカットで攻撃の起点となったレスターの新戦力エンゴロ・カンテと、クリスタル・パレスの中央を落ち着かせ、前線への配球源となりながら自らもプレミアリーグ18試合で5ゴールを決めたキャバイエ。負傷による5試合の欠場さえなければカソルラ、開幕からしばらくの獅子奮迅の活躍ぶりからフェルナンジーニョも捨てがたかったのですが、コンスタントな貢献で中堅クラブを上位に押し上げた2人のほうを取りました。トッテナムの底を締めたエリック・ダイアー、カバレッジの広さではここに挙がった面々に負けないウェストハムのクヤテも、目移りする選手ではあります。

【プレミアリーグ2015-16シーズン前半戦 本ブログ選出「偏愛的ベストイレブン」】
GK/チェフ(アーセナル)
DF/ベジェリン(アーセナル)、アルデルヴァイレルト(トッテナム)、
  スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)、モンレアル(アーセナル)
MF/カンテ(レスター)、キャバイェ(クリスタル・パレス)、
  マフレズ(レスター・シティ)、エジル(アーセナル)、
  デブライネ(マンチェスター・シティ)
FW/ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

2列めの外は、プレミアリーグ復帰を果たした9月に鮮烈な自己紹介をかまし、8アシストを積み上げたケヴィン・デブライネと、右サイドから13ゴールと出色の数字を残したマフレズ。これだけ目に見える活躍をされては、印象に残るアシストばかり7つ重ねたデウロフェウや、「スター集団の中に入って通用するのか」という声を沈黙させた5ゴールのスターリング、相変わらず左サイドで脅威となっている6ゴールのアレクシス・サンチェス、たったひとりだけ優勝クラブのクオリティをキープし続けたウィリアンを諦めざるをえません。トップ下は、何しろ3ゴール16アシストですから文句のつけようがないでしょう。年明けのチャンピオンズリーグでバルセロナに勝てば、バロンドールの有力候補にもなりそうなメスト・エジルは完璧でした。昨季プレミアリーグの不調から立ち直ったロス・バークリー、ウェストハムのサッカーを変えたディミトリ・パイェを入れられないのはもったいなくて涙が出そうですが、相手が悪かったとしかいいようがありません。

ストライカーは、15ゴールでプレミアリーグ得点王レースのトップに並ぶジェイミー・ヴァーディとロメウ・ルカク、14ゴールのナイジェリア人FWオディオン・イガロに、ゴールだけでなく決めさせるプレイも多いハリー・ケインを加えた4人の争いでしょう。ヴァーディとゴール数で並ぶのがルカクではなくハリー・ケインであれば、総合力でそちらを選んだかもしれませんが、ここは素直にレスターの2位折り返しに欠かせなかったワントップでいきたいと思います。昨季5ゴールのヴァーディと4ゴールのマフレズの大ブレイクが、ラニエリ監督のチームが今のポジションにいる最大の理由なのは間違いありません。

プレミアリーグ2015-16前半戦のMVPは…私が主張するまでもなく、超早押しで16アシストのトップ下でしょう。エジルが後半戦もコンディションを落とさなければ、今季のプレミアリーグの優勝トロフィーが12年ぶりにヴェンゲル監督の手に渡る可能性が高いのではないでしょうか。彼は別世界ですね。ピッチを上から見ているテレビ観戦のファンより早く、空いた選手とパスコースとその強さがわかるセンスには、感動に震えながら拍手を送るしかありません。最後に、「後半戦からのさらなるブレイクが期待できる選手」として、ストークのシェルダン・シャキリ、クリスタル・パレスのバカリ・サコ、トッテナムのソン・フンミン、そしてもうそろそろ戻ってくる「今季プレミアリーグ最大の発見」ディミトリ・パイェを指名して、この稿を締めさせていただきます。

2015年の「偏愛的プレミアリーグ見聞録」は、これが最後の稿となります。本年も1年間、拙文に目を通していただき、本当にありがとうございました。みなさまからのさまざまなご意見のおかげで、私自身も知見を広げることができました。2016年最初のコンテンツは、「プレミアリーグ2015-16前半戦ベストイレブン・裏版」と、「監督ランキング」を予定しております。新年からも、変わらないおつき合いをよろしくお願い申し上げます。

おもしろいと思った方だけで結構ですので、お時間があれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただければ励みになります。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“プレミアリーグ2015-16前半戦総括 (2)超早押しで選んだ前半戦のMVP。もちろん、この人!” への10件のフィードバック

  1. ちくちく より:

    今年も1年楽しく読ませて頂きました!

    また来年も、宜しくお願いします。

    よいお年を~♪

  2. えるこっぷ より:

    私の今季最大の発見はこのブログでした。
    私のQOLを一段階レベルアップさせてくれたこのブログには感謝しかありません。
    来年もお体に気を付けて、プレミアリーグを楽しんでください。

  3. DWCarter より:

    アップが早くてしかも詳しいreviewだけでなく
    いろいろな話題を幅広く且つ深く掘り下げられ
    訪れるのを毎日楽しみにしていました。
    1年間お疲れ様でした。
    来年も楽しく読ませていただきます。

  4. プレミアリーグ大好き! より:

    本年もたくさん楽しませていただきました。ありがとうございました。
    僕はグーナーです。数年前にエジルがアーセナルにやってきたときは、懐疑的な声や「都落ち」のような扱いの作文を目にする度に悔しい思いをしていたのですが、今年こそは誰にも否定しようのない活躍が結果としてあらわれ、本当に嬉しい前半戦でした。毎試合の活躍をみたいのもやまやまですが、そろそろボスにも休暇をあたえていただいて、故障のないよう後半戦も僕たちを楽しませてくれたらと願っています。そのときはまた、こちらのブログでの批評を楽しみにしております。良いお年を。

  5. グナ道 より:

    いつもありがとうございます。
    来年も独特な切り口のコラムを楽しみにしております。
    このブログきっかけでプレミアリーグを視聴する方もいるかと思います。
    毎日、大変かと思いますが、頑張ってくださいね。

  6. ぐーなー より:

    更新お疲れ様です。

    一年間ありがとうございました。感謝でいっぱいです。

    サッカーサイトでは間違いなくこちらのサイトが年間MVPです!
    2016年もいろいろなお話を読ませていただくことを楽しみしています。 

    良いお年を~

  7. nyonsuke より:

    更新お疲れ様です。

    皆様同様、わたしもとても楽しく拝読させていただきました。
    今季にこちらのブログを発見しました新参者ではありますが、稚拙なコメントに毎回返信いただきありがとうございました。
    みじかにサッカーを語れる友人がいないもので、ついついコメントしてしまいますが、主様のおかげでさらにサッカーを観る楽しみが増えました。
    マン・ユナイテッドサポでありながら、プレミア全体のサッカーを楽しむ姿にとても感銘を受けてしまった次第です。
    わたしはレッズファンでありますが、ご迷惑でなければこれからも拝読、コメントしていきたいと思います。
    2016年も楽しい記事をお願いします!

  8. セオ より:

    明けましておめでとうございます。トップターンで清々しい年明けであります‼BIG4と言われるクラブがのきなみいつものシーズンよりガタガタなシーズンで、これでもしアーセナルが優勝しても他が悪すぎたなんて言われそうですが、それでもかまわないんで、プレミアをとってほしいっス。

  9. parliament より:

    あけましておめでとうございます。
    エジルも良かったけど僕はやっぱりバーディかな(^-^)/

  10. makoto より:

    みなさま

    あけましておめでとうございます。昨年は、いろいろありがとうございました。今年も変わらず、さまざまな切り口からプレミアリーグのおもしろさを伝えていければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ちくちく へ返信する コメントをキャンセル