イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

ラムジーは?エジルは?…何を聞かれてもブレないエメリ監督に半分安心、半分モヤモヤ…。

「何かが起こる可能性はあるだろう。ラムジーは新しい契約に合意できるのではないか」というアーセン・ヴェンゲルの発言も、「僕にとっては、彼こそが将来のキャプテンだ。偉大なプレーヤーで、いつまでもクラブに引き留めておきたくなる」と絶賛したウィルシャーの言葉も、今のウナイ・エメリ監督にとってはノイズなのでしょう。「スカイスポーツ」が、試合前会見におけるアーセナルのマネージャーのコメントを紹介。「The future is tomorrow, no more(未来は明日だ。それ以上はない)」。マンデーナイトのレスター戦で、公式戦7連勝&プレミアリーグ10連勝をめざすスペイン人指揮官は、チームに特別な選手はいないことと、目の前のゲームに集中することを強調しました。

注目されているラムジーの去就について問われると、「1月はとても遠い。まずは月曜日だ。すべての選手がいいメンタリティと準備をもってプレイし、ともに勝つことを願っている」。1-5で圧勝したフラム戦で67分から出場し、1ゴール1アシストを決めたMF自身に対しては、「他のプレーヤーと同様に、彼のパフォーマンスを求めている。ベンチスタートで25分プレイした最後の試合と同じようにね。最初の11人でもベンチでも、チームを支えることに集中してほしい」と、他の選手と変わらず期待していることを強調しています。

最近、ヴェンゲルさんがラムジーとエジルについて語ったために、答えにくい質問を振られているエメリ監督。エジルの代表引退でドイツの中盤が苦しくなるだろうと語った前任者のコメントに意見を求められると、「大きなモチベーションで改善を続け、持てるクオリティでチームを助けてほしい」と、「みんなおんなじ」を繰り返していました。今のところは立て板に水のごとく、基本トークで打ち返していらっしゃいますが、英語を流暢に話せるようになった暁には、「誰も彼も素晴らしい選手だ!」とスルーしまくるペップの天然トークや、「彼は月に置いたリンゴにもパスを通せる」的なラニエリ流ジョークでプレスルームに話題を振りまいていただきたいものです。フラム戦のゴールラッシュにテンションが上がり、「we have our Arsenal back(われらのアーセナルが帰ってきた!)」と盛り上がるグーナーについて、「諸手を挙げて同意はできない。日々、改善を重ねていく必要がある。勝者のメンタリティを得たといえるわけじゃない」では、記者のみなさんも見出しに困るでしょう。

さて、ラムジーです。「クラブとはうまくいっており、一時は合意に至っていたけど、今は事情が変わってしまった」とコメントした8番は、1月の移籍を否定しました。「ただプレーし続けなくてはならない。アーセナルのために今季もベストを尽くす」と力強く語っているのを見ると、エメリ監督の要求に全力で応える姿勢に問題はないようです。終盤になっても上下動を繰り返せる走力と、難易度の高いシーンほどなぜか決まる不思議な得点力は、えがたいスペシャリティなのではないかと思います。エメリさんは是々非々の人のように見受けられるので、年末まで素晴らしいパフォーマンスをキープできれば、「逆転勝訴」で新契約締結の可能性は充分にあるのではないでしょうか。

スコールズやファーディナンドなど声が大きいOBがチームや選手を厳しくディスるのが日常茶飯事で、ぼやきや文句が増えた監督がネガティブトークを炸裂させるチームを応援している者としては、呑気なOB&マジメなボス&健気なラムジーの3点セットに思わず頬が緩みます。レスター戦では、10試合連続2ゴール以上の攻撃陣による鮮やかなゴールショーを期待しています。試合後の会見では、「木曜日のスポルティングCP戦に集中したい。選手全員に、高いモチベーションとクオリティでチームを助けてくれることを期待している」というそつのないコメントをいただけそうですが、果たして…⁉

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“ラムジーは?エジルは?…何を聞かれてもブレないエメリ監督に半分安心、半分モヤモヤ…。” への2件のフィードバック

  1. ゆゆ より:

    エメリ監督は、用心深いんでしょう。
    建前も崩さないけど、嘘も言わない。
    アシスタントコーチや交代選手と話す時も、口元を隠したりするし(笑)
    用心深く、臆病な戦士の方が、優秀で長生きするとグリーンベレーの隊長が言ってましたからね(笑)
    口は災いのもと、冬までじっくりラムジーを値踏みするのでしょう。
    それでいいと思います。
    ラムジーも、誰もが行かないでくれと思うプレーをしてほしいですね。
    アザール様の心意気を見習って、大活躍してほしいです。

    —–
    更新お疲れさまです。
    エメリの試合後のコメントはほぼ当たりでしょう。笑
    上の方が仰る通り、派手なことを言わないけど嘘は言いませんもんね。信用出来るというか、チームを一からまとめる上で見ていられます。
    ラムジーに関してはクラブはギャラが高いという判断ですかね?そんなに払うなら他から若くて良い選手獲ろうとミスリンタートが言ったのかなぁ、、
    ラムジーはもちろん好きですけど、絶対的ではないし、ムヒタリアンもいるしいないとダメではないと思います。

  2. ペップの街 より:

    今のエメリはPSG時代に比べるとやりやすそうです。ネイマールやムバッペ、カバーニのような天才がひしめくと戦術というよりは彼らの創造性だけで大抵の相手には勝っちゃうし、監督冥利と言う意味ではアーセナルの方がやりがいがあるんじゃないでしょうか。
    絶対的な存在であったエジルもワールドカップ前後のゴタゴタで傷つき、クラブで結果を出したいでしょうし。

コメントを残す