イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

「彼はなぜ使われないのか」…ELの敗戦を受けて、現地メディアのエジル特集が続出!

2019年に入ってからの公式戦は5勝4敗、プレミアリーグで4勝3敗。アウェイで弱いという昨季からの課題は解決しておらず、年明け以降は2勝3敗。敵地でのゲームは、FAカップのブラックプール戦とプレミアリーグ最下位に沈むハダースフィールド戦しか勝利がありません。ヴェンゲル監督の最後の年と同様に苦しんでいるアーセナル。ホールディングとベジェリンの離脱という激痛のアクシデントがあったとはいえ、ムスタフィとコシールニーは健在で、敗戦を重ねている理由は守備の脆さばかりではありません。アーロン・ラムジーはプレミアリーグ22試合2ゴール、ヘンリク・ムヒタリアンは15試合4ゴール、メスト・エジルは14試合3ゴールといずれも冴えないシーズンを送っており、攻めのバリエーションを欠いているのも大きな悩みです。

ヨーロッパリーグラウンド32のBATEボリゾフ戦を1-0で落とした後、現地メディアの見出しにメスト・エジルの名前が並びました。「ブリーチャーレポート」は、アーセナル移籍後のエジルの欠場が100に到達したと発表。稀代のプレーメーカーは、在籍中に開催された公式戦の24.2%に顔を出していないと報じています。クラブOBのレイ・パーラーは、「パリではネイマールがエメリを解雇に追い込んだ。アーセナルでも同じことが起こるだろう」と大胆な予想を披露しています。「ラカゼットとオーバメヤンに、メスト・エジルとプレイしたいかと尋ねたら、1日じゅうイエスというだろう」と主張するのはアンディ・コール。ハイバーニアンのニール・レノン監督は、「エジルが売りに出されたら、すかさずビッグクラブが手を差し伸べるはず」と語り、批判が増えてはいるが確かな才能があると擁護しています。

「アーセナルはエジルを引退に追い込もうとしているのではないか」。プレミアリーグ勝敗予想でおなじみのポール・マーソンは、「スカイスポーツ」でジョークをかましつつ、「アーセナルはエジルにこだわらなければならない。彼がいなくてもいいといえるほど、チームはいいとはいえないからね」とコメントしていました。「彼を中心にチームを作らなければならないほどの影響力はないが、ベストプレーヤーのひとり」「スライディングタックルは期待できないけれど、事を起こしてくれる存在」。フットボールをよく知る評論家たちの多くがエジルの才能をリスペクトし、不在を不可解としていますが、最下位相手でも格下と戦うベラルーシ遠征でも10番の姿はありませんでした。

ストライカー、ウインガー、ウイングバック、セントラルMFが尊重され、8番や10番のポジションで輝く選手が居場所を失っている今のガナーズは、このまま強化すればタイトルに届くのでしょうか。ライバルを見渡すと、ペップはデブライネ、ダヴィド・シルヴァ、ベルナルド・シウヴァといったパサーたちをインサイドMFに据え、マンチェスター・ユナイテッドは中盤を仕切るポグバが11ゴール。リヴァプールでは、10番でもプレイできるワイナルドゥムがアンカーを務め、シャキリやミルナー、ナビ・ケイタが攻撃のキーマンとなるシーンが見られます。スパーズにはエリクセン。ゲームをコントロールできる選手が中央にいるクラブが多いなかで、しばしばインサイドMFの押し上げが弱くなるチェルシーは、プレミアリーグ45ゴールと得点力不足に悩んでいます。

中央にルーカス・トレイラとグエンドゥジ、アウトサイドにコラシナツとメートランド・ナイルズ。ラカゼットとオーバメヤンの共存と、不安なCBを3枚にすることを優先しているように見えるエメリ監督のチームは、違いを生み出すタレントが中盤にいない布陣です。イオビとコラシナツの絡みでサイドを突破し、ワールドクラスのストライカーたちに何とかしてもらう単調なアタックばかりでは、プレミアリーグ制覇や欧州における上位進出は望むべくもありません。

評論家たちは、エジルは実績ある選手だから何が何でも出せといっているわけではないでしょう。今の戦いぶりを見て、これならエジルを使ったほうがクオリティが上がるはずと主張しているのだと思われます。CBの負担を減らせるルーカス・トレイラをアンカーに固定し、エジルやラムジーをインサイドあるいは2列めに据える布陣にスイッチすれば、プレミアリーグ後半戦で7試合12ゴールと停滞気味のアタックが活性化すると考えますが、いかがでしょうか。純粋にエジルが観たいという気分も、多分にあるのですが…。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“「彼はなぜ使われないのか」…ELの敗戦を受けて、現地メディアのエジル特集が続出!” への4件のフィードバック

  1. りっきー より:

    粕谷さんもコラムを書いてましたが、エジルの扱いは本当に納得いきませんね。。
    メンバー外にする理由は何一つないと思います。エメリも使いたいけど何らかの理由で使えないという話なのか、エメリが使わないという判断をしているのか。。。
    波がある選手ですが、意外性のあるパスでチャンスメイクをしてくれる数少ない選手です。 
    はやくエジルのプレーする姿が見たいです

  2. ガナユ より:

    今のアーセナルはチャンスメイクできる選手がいないですよね。

    ラムジー、エジルと得点に絡める中盤を干して、得点力不足に苦しむのは頭が痛いですね

  3. プレミアリーグ大好き! より:

    エジルスタメンにしろとは言わないが 交代で違いを作ったり 得点が必要な時に投入するのは悪くないと思いますがね ベンチにはおいときたい選手だと思いますが

  4. セオ より:

    いろいろ勝手な人が多いなとゆう印象ですね私も含めてですが。エジルのビッグプレーを見て文句をつけるグーナーはいません。でもスパーズやチェルシーに勝ったチームにエジルはいませんでした。出したら出したで消えすぎだとかこけすぎだとか走らなすぎと言いたい放題だし、安定感がないとゆうのはエメリは好まないんでしょうね。今はとにかく結果が出ないしそもそもあんなロングボールばっかりの試合なんて見たくないですが耐えるしかない。とにかくDFだと思います。人数かけて攻めたいけどロストしたら失点に直結するとなるとロングボール多様せざるをえないのかなと、その結果単調になって点とれないのかなと思って見てます。DF4人に300億出せとは言いませんがビッグクラブであり続けたいなら覚悟が必要です。守りが安定したら今のメンバーでも点がとれるはず。

コメントを残す