イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

まずはCBから!? 「BBC」のジャーナリストが語るアーセナルの補強最新事情!

「彼らが来季もヨーロッパリーグに出ることになれば、補強予算は4000万ポンド(約56億円)。チャンピオンズリーグなら、もちろん上がる。1億ポンド(約140億円)までいくかもしれないね」。こう語ったのは、「BBC」特派員のデヴィッド・オーンスタインさんです。ELマイスターのウナイ・エメリ監督にとって、5月29日にバクーで開催されるビッグロンドンダービーは、勝てば天国、負ければ地獄。CL出場権をゲットできれば、重要なポジションに即戦力を揃えることができるようになります。プレミアリーグ関連のインサイドレポートが高く評価され、Twitterのフォロワーが40万人を超えるジャーナリストは、アーセナルは来季に向けた準備を地道に進めているといっています。

Despite the continued absence of a technical director, the existing recruitment team have identified targets and conversations are under way. They’re looking for experience and youth.(テクニカル・ディレクターの不在が続いているにも関わらず、既存のリクルートチームのターゲティングによって、水面下で交渉を進めている。経験豊富な選手と若手を探しているね)」

オーンスタインさんによると、ガナーズの最重要ターゲットはCBで、ラムジーの後釜となるボックス・トゥ・ボックスのMFとサイドアタッカーも探しているとのこと。CBについては、現地のメディアがさまざまな名前を挙げており、「テレグラフ」はヘタフェのジェネ・ダコナム、「エクスプレス」はグレミオのアルゼンチン代表CBワルテル・カンネマンを1050万ポンド(約14億7000万円)で狙っていると伝えています。

CBに加えて右SBやセントラルMFもこなす27歳のジェネは、トーゴ代表でも活躍しており、アトレティコ・マドリードも獲得をめざしているといわれています。3080万ポンド(約43億円)のバイアウト条項は、ガナーズでも手が届く額ですが、シメオネ監督のチームと競るとなれば値段は上がってしまうかもしれません。3月にバレンシアVSヘタフェを視察していたエメリ監督は、ELのライバルとヘタフェの最終ラインのどちらを注視していたのでしょうか。ジェネに加えてレフティのカンネマンも獲れれば、コシールニーとモンレアルの後継者を一気に揃えることができます。

中盤センターについては、1月に獲得に動いたパリのエンクンクや、退団が既定路線のアドリアン・ラビオらが挙がっておりましたが、オーンスタインさんは「いずれも今回のターゲットになるという情報はない」と断言。サイドアタッカーも、リーグアンでMVPや若手最優秀選手の候補となったリールのニコラ・ペペやレンヌのイスマイラ・サールは移籍金高騰必至で、CL出場権が決まらないことにはリストに入れられないでしょう。

プレミアリーグ7ゴール14アシストという素晴らしい数字を残したボーンマスのライアン・フレイザーは、アーセナル入りをめざして契約延長を断ったと伝えられましたが、「デイリー・ミラー」が風向きが変化したと報じています。記事によると、2000万ポンドのオファーをエディ・ハウ監督が拒否したために交渉はストップ。小柄なアタッカーは残留をほのめかしており、ガナーズは明確な変化を起こして状況を打開しなければならないようです。

クラブOBのエドゥがスポーツディレクター就任で合意したといわれているものの、ブラジル代表のコーディネーターとしてコパ・アメリカに帯同しているため、決まるとしても7月7日以降。その前に重要なポジションの新戦力を押さえられなければ、コストパフォーマンスが悪くなるリスクが高まります。バクーでの決戦はどうなる?ウェルベックとリヒトシュタイナー以外に退団は?オスピナ、チャンバース、ジェンキンソン、ウィロック、スミス・ロウ、エンケティアの処遇は?…何かとやきもきさせられますが、まずはELですね。どうなることやら…⁉

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“まずはCBから!? 「BBC」のジャーナリストが語るアーセナルの補強最新事情!” への6件のフィードバック

  1. アイク より:

    いつも面白い記事をありがとうございます。
    4000万ポンドの日本円換算は誤記かと思いますのでお知らせします。
    優れたCBとウインガーは取り合いですね…

  2. makoto より:

    アイクさん>
    ついうっかり。ご指摘ありがとうございます。訂正させていただきました。ファン・ダイクがPFAのMVPを獲るなど、いいCBの功績が可視化されたこともあり、お値段が高騰しそうですね。

  3. ゆゆ より:

    まずはCBですね。ムフタフィ、エルネニーを売って大物が1人欲しいところです。。
    オーバラカエジルは破壊力ありますし、ラムジーの代わりも欲しいですがトレイラジャカも悪くないです。
    兎にも角にも、CL出場権。資金もそうですが、エメリ体制に追風を吹かせて来季に臨みたいです。

  4. shiiin より:

    更新お疲れ様です。
    CL権をとれたらの話ですが、個人的にはフレイザーorツィエク+マノラス行って欲しいですね。
    マノラスはあれだけの実力者の割に契約解除金が安いのは魅力的です。
    同じことがツィエクにも言えます。
    動くならライバルと競り合いを避けるためにも早めに動いて欲しいですね。
    プレシーズンで連携を深めたいですし。

  5. ひとっちゃん より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    噂のアルゼンチンCBですが、これも噂ですがタイプとしてパパと被るようなので、
    そういうのではなくてテクニカルなCBを個人的には希望します。
    一方MFですが、20年ガナーズを見てきた者としては、既存戦力はエジルを除き
    どれもタレント的には小粒なので、フレブやサンティクラスの、ボールをしっかり
    キープ出来て、長短の気の利いた正確なパスが出せる選手が欲しいですね。って、
    どこのチームもそんなの欲しいでしょうけど。
    ローン中のビエリクなんか試してほしいんですけどねぇ~。

  6. アン より:

    左はナイルズを回して、ベジェリン のバックアッパーにはオセイ=トゥトゥを抜擢はいかがでしょうかね。CBとセントラル、ウィングのポイントにお金かけてほしいです。

コメントを残す