イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

エジル、コシールニー、若手を試したアーセナルが、余裕のEL最終戦勝利!

プレミアリーグ12節のウルヴス戦以来となるエジル先発。コシールニーは今季公式戦初出場で、メートランド=ナイルズ、サカ、エンケティア、ウィロックといった若い選手たちの顔もあります。ヨーロッパリーググループステージ最終節、アーセナルVSカラバフ。首位通過を決めているガナーズは、ヴォルスクラ戦に続いてニューフェイスの見本市状態です。キックオフから優勢のホームチームは、8分に最初の決定機。サカが左足で巻いたコントロールショットは、GKバグネル・ダ・シルヴァが右に弾きます。16分、先制はアーセナル。右サイドでスラフチェフから奪ったエジルが、斜めのパスをボックス内のラカゼットに通すと、クロスに狙った一撃が左隅に決まりました。プレミアリーグ6ゴールのストライカーは、相変わらず好調をキープ。エンケティアやサカも、後に続きたいところです。

24分、エルネニーのミドルは右にアウト。プレミアリーグ出場ゼロで移籍が噂されているセントラルMFは、この試合が最後となってしまうのでしょうか。ボールは支配しているものの、足元へのパスばかりのアーセナル。39分にエジルが右から蹴ったCKは、エンケティアのヘッドがバーを越えてしまいました。シュート数4対0というおとなしい前半が終わり、ガナーズは後半もマイペースです。時折バックパスを受けるしか仕事がないGKマルティネス。サイドを制圧するプレミアリーグのクラブは、クロスが通りません。54分にエジルが右からFKをゴール前に上げると、パパスタソプーロスはヘディングをコントロールできません。57分、カラバフのCKに飛び出したマルティネスは触れず、ゲニエに初めてのシュートを許しますが、ボールは高く浮いて枠を越えていきました。

63分、ラカゼットが下がってメドリーが左SBへ。メートランド=ナイルズが中盤の右、エンケティアがトップという布陣でしょう。65分にメートランド=ナイルズが右サイドを崩すも、グラウンダーは味方が打てず。69分のサカのミドルは、GKバグネルが真ん中でキャッチします。71分にコシールニーの足慣らしが終わり、モンレアルが登場。83分にはエジルが下がり、ギルモアが2試合連続のEL出場です。89分、メートランド=ナイルズのスルーパスでエンケティアが右サイドを突破し、丁寧にグラウンダーをファーに通すと、フリーのサカのボレーはバグネルが顔面セーブ。ガナーズがカラバフにオンターゲットを打たせず、1-0でグループステージを締めくくりました。

チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグのグループステージ全日程が終了しました。CLのプレミアリーグ勢は12勝4分8敗、ELのチェルシーとアーセナルは余裕の勝ち抜けで10勝2分。死のグループでの戦いを強いられたレッズとスパーズが苦戦して勝率を落としたものの、全クラブがノックアウトラウンドに駒を進め、2月からの激戦を楽しめます。

ELの優勝候補は、プレミアリーグのアーセナルとチェルシー、ラ・リーガからセヴィージャとベティス、CLから落ちてきたセリエAのインテルとナポリあたりでしょうか。ロンドンのクラブは、いずれも頂点に立てるポテンシャルがあると思います。より期待しているのは、エメリ監督が多くのフォーメーションを試しているアーセナルです。レギュラーとサブのラインが明確なチェルシーよりも、戦略・戦術を自在に変えられるアーセナルのほうが、複数の大会を並行して戦う術に長けているのではないでしょうか。CLとELの決勝トーナメントの組み合わせ抽選会は、12月17日にスイス・ニヨンのUEFA本部で実施されます。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“エジル、コシールニー、若手を試したアーセナルが、余裕のEL最終戦勝利!” への2件のフィードバック

  1. ミハル より:

    我らがキャプテンのコシールニーの帰還が一番嬉しい。
    エジル復帰アシストできたし、ラガゼットも好調維持。
    若手は悪くはなかったけど、少し物足りなさを感じました。
    あとは日曜日の試合、CBのチョイスがどうなるかというか、
    これ以上は怪我人がでないよう祈ります。

  2. エミリー より:

    やっぱりバカヨ・サカはいい選手ですね。
    今のアーセナルにはいないタイプの選手で、少し独りよがりな所もウインガーっぽくて良かったと思います笑
    失敗を恐れずにアグレッシブにやって欲しいですね。ドリブルもさることながらシュートにもセンスを感じました。1つ絶対に決めて欲しいところがありましたが…笑

    —–
    コシルニーが交代で下がるとき、お帰りなさい拍手を受けて、はにかんだ笑顔が良かったです(笑)
    相手のクオリティもやる気もなかったが、堂々と若手を吟味できて面白かったですね。
    若手でもう一点は取ってほしかったなぁ。
    エジルも普通の顔してプレーしてましたが、どうなることやら?
    超過密日程、頑張れ!アーセナル!

コメントを残す