イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

プレミアリーグ勢順当!ウェストハム、セインツ、トッテナムのFAカップ再試合トピックス!

1月13日、14日の両日で行われたFAカップ3回戦再試合は、終わってみれば波乱なし。激戦の末にエヴァートンを破ったウェストハム、2部で好調のイプスウィッチに1点を守り切ったサウサンプトン、バーンリーとの乱打戦を制したトッテナムと、プレミアリーグ勢が順当に4回戦に駒を進めました。昨日のゲームでウェストハムがエヴァートンに勝ったのは、もはや番狂わせではないでしょう。プレミアリーグの順位表では、ハマーズが上。FAカップでは2試合とも優勢だったのはウェストハムで、勢力図は書き換わったと考えたほうがよさそうです。この試合は一発勝負ならではのドラマにあふれた、素晴らしい一戦でした。

前半からキレキレだったのは、ウェストハムの最前線にいたエネル・バレンシア。11分に迎えたGKとの1対1はロブレスが触り、浮いたボールをフォローしたキャロルのヘッドは左ポスト直撃。ダウニングのゲームメイクとセットプレーでチャンスを創るハマーズに対し、エヴァートンは攻撃のリズムを創れません。51分に先制ゴールを決めたのも最前線コンビでした。アンディ・キャロルのパスを受け、右サイドでDFをかわしてクロスに決めたエネル・バレンシア。第1戦のグディソン・パーク同様、先制は「後半始まってすぐのウェストハム」です。

55分、エヴァートンMFマクギーディが不必要に足を高く上げたスライディングをかましてしまい、2枚めのイエローで退場。アウェイチームは途中出場のミララスの決定的なシュートをCBトムキンスに阻まれ、ウェストハムもコリンズの強烈なヘッドをGKロブレスに弾かれてスコアは動かず。残り10分、前回と同じ1-0。エヴァートン敗退のピンチを救ったのは、82分のミララスでした。右足でカーブをかけた絶品FKは、好調アドリアンでも触れず。土壇場で同点となったゲームは1-1のまま延長に突入です。

30分の攻防は、オープンかつエキサイティングな展開。先にリードしたのはエヴァートンでした。97分、左サイド。ケヴィン・ノーランとジェンキンソンをドリブルで引きずり回したミララスのラストパスは、ルカクが足を出せばOKの完璧なボール。サイドが替わった延長後半、今度はウェストハム。CKからトムキンスのヘッドの折り返しを押し込んだのはカールトン・コール。同点となった後も、ルカクが左から抜け出して放ったシュートが右ポストをかすめ、スルーパスに抜け出したウェストハムのサイドアタッカー、アマルフィタノのグラウンダーはエヴァートン必死のクリア。アマルフィタノは最後にもうひと仕事、決定的なミドルを放ちますが、GKロブレスがビッグセーブでこれを許さず。2-2で120分を終えたゲームはPK戦で決着です。

ネイスミスがアドリアンに弾かれ、ダウニングが外したPK戦は、8-8となったサドンデス5人めのGK対決。バーに当ててしまった先攻ロブレスに対して、「初めて蹴った」と試合後に語ったアドリアンは冷静にGKの逆を突きます。2回の同点劇、延長終了間際のシュート合戦。見どころたっぷりのゲームはホームのウェストハムが制しました。

日本時間の今朝行われたゲームは、セインツを諦め、トッテナムVSバーンリー観戦を選んで正解でした。本拠地ホワイト・ハート・レーンで、前半10分までに2失点と最悪のスタートを切ったトッテナム。3分に縦パス1本で中央を破られ、ソルデルのボレーを許したのはいただけなかったものの、8分のフォレスの直接FKが壁に当たってロリスの逆に転がったのは不運でした。スパーズ逆転の最初のポイントは、番狂わせのムードを2分で断ち切ったこと。この日のスタメンは放出候補の見本市のようでしたが、10分に1点を返したのは、移籍の噂が消えないパウリーニョでした。タウンゼントの右からのクロスをソルダードが頭で流すと、背番号8は冷静にトラップ&ボレー。1-2となったところでバーンリーに引かれるとやっかいでしたが、アウェイチームが攻めに出てくれたことで、トッテナムは速攻を仕掛けやすくなります。

タウンゼントとのカウンターでゴール前にどフリーで走り込んだソルダードが、5メートル前の無人のゴールを外すというイージーミスがなければ楽だったのですが、それでもトッテナムは前半終了間際に追いつきます。左からのクロスのこぼれ球を、カプエが正面からズドン。完全に勢いをつかんだホームチームは、後半開始直後の49分、CKをファーサイドにいたキリケシュが押し込み、52分のダニー・ローズで勝負あり。このゴールは、スタンブリのサイドチェンジと、右サイドから2人のDFの間でシュートできるように通したソルダードのグラウンダーが完璧。ホームチームは、2点差のままゲームを畳んで4回戦進出を決めました。ソルダードは、記録上は2アシストですが、相変わらずシュートが決まらず、ストライカーとしてはモヤモヤするプレイぶりでした。スペインに帰るのではないかという噂は、2月2日まで消えそうにありません。

セインツの決勝ゴールはシェーン・ロング。クーマン監督にとっては、4回戦進出の喜びより、ハーフタイムで負傷退場したワニャマに対する心配のほうが大きいかもしれません。FAカップ3回戦再試合の全結果と、4回戦の組み合わせは以下となります。

【FAカップ3回戦再試合結果】
■1月13日
ウォルバーハンプトン 3-3 フラム
         (PK3-5)
チェスターフィールド 2-0 スカンソープ
ウェストハム 2-2 エヴァートン
         (PK9-8)
ブリストン 2-0 ドンカスター
■1月14日
イプスウィッチ 0-1 サウサンプトン
トッテナム 4-2 バーンリー
ブラッドフォード 4-0 ミルウォール

【FAカップ4回戦組み合わせ】
サウサンプトン VS クリスタル・パレス
ケンブリッジ VS マンチェスター・ユナイテッド
ブラックバーン VS スウォンジー
チェルシー VS ブラッドフォード
ダービー VS チェスターフィールド
プレストン VS シェフィールド・ユナイテッド
バーミンガム VS WBA
アストン・ヴィラ VS ボーンマス
カーディフ VS レディング
リヴァプール VS ボルトン
トッテナム VS レスター
ブライトン VS アーセナル
ロッチデール VS ストーク
サンダーランド VS フラム
ブリストル VS ウェストハム
マンチェスター・シティ VS ミドルスブラ
(エネル・バレンシア 写真著作者/Egghead06)

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“プレミアリーグ勢順当!ウェストハム、セインツ、トッテナムのFAカップ再試合トピックス!” への1件のコメント

コメントを残す