イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

やっぱり強いマン・シティ…アグエロ、サネ、スターリングが全員ベンチスタートで5発圧勝!

5-0というスコアを見て、「いつものマンチェスター・シティ」と思ってしまうほどの圧倒的な攻撃力。バーンリーが昨季プレミアリーグ王者に追いすがったのは、ハーフタイムまででした。FAカップ4回戦、エティハド。ペップはアグエロ、サネ、スターリング、ダヴィド・シルヴァを全員ベンチに置いて、この試合に臨みました。前線はマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、ベルナルド・シウヴァ。中盤にはデブライネ、フェルナンジーニョ、ギュンドアン。エデルソンの前にカイル・ウォーカー、ジョン・ストーンズ、オタメンディ、ダニーロという布陣です。

序盤から当然のように攻勢のマン・シティ。バーンリーの最終ラインには、今季プレミアリーグ出場が1試合のみだったベン・ギブソンが入っています。ボロから移籍し、堅守だったバーンリーの中心選手となるはずだったイングランド人CBは、タルコフスキー、ケヴィン・ロングと3バックを形成して最強王者の猛攻に耐えています。中盤の右にポジションを取るデブライネが、しばしばノーマークになるのが気になっていました。13分の高速アーリークロスは、オフサイドポジションにいたガブリエウ・ジェズスが触れずに終わりましたが、16分に縦に出したスルーパスは必殺の1発。カイル・ウォーカーが中央に折り返すと、ベルナルド・シウヴァがフリーで左足ボレーを放ちますが、復帰したばかりのニック・ポープが足でクリアしました。

17分に右からベルナルド・シウヴァが仕掛け、縦は無理と見てダニーロに戻すと、ボックス左でパスを受けたギュンドアンのシュートがDFに当たり、リバウンドを左SBがシュート。ポープが弾いたボールが宙に浮き、そのまま入るかと息を呑みましたが、間に合ったGKが冷静にキャッチします。マン・シティの先制は23分。ダニーロのスルーパスで左からボックスに入ったガブリエウ・ジェズスが、ケヴィン・ロングとタルコフスキーを次々とかわしてニアにシュート。ポープが必死で足に当てたボールがネットを揺らし、バーンリーは苦しくなりました。

26分、ボックスの右コーナーから左足で巻いたベルナルド・シウヴァの得意のミドルは、ポープがコースに入ってパンチ。デブライネがゴール前に浮かした危険なボールは、マフレズが打ち切れませんでした。この日のバーンリーは、デブライネを自由にさせ過ぎました。ハーフタイムを終えていよいよ後半、プレミアリーグ王者のゴールショーが開幕します。48分にオタメンディのミスタッチをさらったヴィドラが、エデルソンとの1対1を決めていれば違う結果に…いや、それでも今日のマン・シティを倒すのは難しかったでしょう。53分、ガブリエウ・ジェズスの落としを受けたギュンドアンが右のデブライネに預け、前線のマフレズにパスが通ると、左足のシュートをポープは弾き切れず、ボールは左のサイドネットに吸い込まれました。

3点めは61分。オーバーラップしたダニーロが外にいたベルナルド・シウヴァに流し、ボックス左にいたマフレズに長いパスが通ると、右で待っていたデブライネにボールが渡って強烈なミドルシュート。クロスに突き刺さった一撃は完璧なコースで、ポープはノーチャンスでした。勝負を決めたペップは、66分にフェルナンジーニョをダヴィド・シルヴァ。73分、右にまわっていたベルナルド・シウヴァがボックスに入ったデブライネに斜めのパスを通すと、昨季プレミアリーグアシスト王の高速クロスはケヴィン・ロングが自らのゴールに突き刺してしまいます。75分にアグエロとフィル・フォーデンがピッチへ。85分の締めの1発は、エースのPKでした。縦パスをポープに捕らせようとしたケヴィン・ロングが手を使ってダヴィド・シルヴァを倒してしまい、金髪のストライカーがGKの逆を突いて右に流し込みました。

やっぱり強いマン・シティ。1月に8試合を戦わなければならなかったチームは、1月3日のプレミアリーグでリヴァプールとの直接対決を制すと、6試合連続クリーンシートという文句なしの戦績でここまで全勝です。彼らの勝負どころは2月。プレミアリーグはチェルシー、アーセナル・ウェストハムと難敵続きで、シャルケ04とのチャンピオンズリーグとカラバオカップ決勝のチェルシー戦にも勝たなければなりません。公式戦8連勝のチームは、3月になっても記録を伸ばし続けているでしょうか。12月に崩れたのが嘘のように強い彼らが、再度停滞するとは思えないのですが…。どうなるか、見てみましょう。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“やっぱり強いマン・シティ…アグエロ、サネ、スターリングが全員ベンチスタートで5発圧勝!” への1件のコメント

  1. ペップの街 より:

    更新有難うございます。
    4冠の可能性がある以上は勝ちに行くんでしょうが、よく考えてローテーションし、選手になるべく不満がたまらないようにしてると思います。
    ただし、リーグはもう1敗どころか引き分けも許されない状況。最終戦決着とになれば劇的なんですけど。

コメントを残す