イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

激痛のマティプ骨折…3人のDFを失ったクロップ監督が決戦で選ぶ戦術を予想!

チャンピオンズリーグで「死のグループ」を抜け出した直後、日曜日にマンチェスター・ユナイテッドをアンフィールドに迎えるリヴァプールは、2018年の最終戦がアーセナル、年明け初戦がマンチェスター・シティとのシックスポインターと例年にない厳しいドローを突き付けられています。ベストメンバーなら、プレミアリーグの強豪相手の連戦も充分に戦えるのですが、バーンリー戦で足首を骨折したジョー・ゴメスに続いて、ジョエル・マティプまでリタイア!チャンピオンズリーグのナポリ戦に出場したCBが、クリバリのボディアタックでピッチに叩きつけられたのは、追加タイムが残り1分を切ってからでした。試合終了後、病院に直行して鎖骨骨折という診断を受けたマティプは、ゴメスと同様に6週間の離脱を余儀なくされています。

クロップ監督が頼りにできるCBは、ファン・ダイクとデヤン・ロブレンのみ。トレント・アレクサンダー・アーノルドも負傷しており、ナサニエル・クラインがフィットしなければ、ファビーニョが最終ラインで起用される機会が増えそうです。下位のクラブと戦うプレミアリーグでは、ファビーニョ、ワイナルドゥム、ファン・ダイク、ロバートソンの4枚を最終ラインに配する奇策が見られるかもしれません。「われわれには2人のCBが残っている。何かしないといけないのか?彼らは長い間いなくなるわけではないからね。とはいえ、新たなジャッジをしなければならない」。クロップ監督は、CBの補強は考えておらず、2人が1月下旬に戦列に復帰するまで耐える方針のようです。

「あなたが危機と感じるなら、それは危機なのだろう」。イギリスメディア「スカイスポーツ」は、「Jurgen Klopp says Liverpool must find defensive solutions against Manchester United(ユルゲン・クロップは、マンチェスター・ユナイテッドとの対決においてリヴァプールは守備のソリューションを見出さなければならないと発言)」と題した記事で、厳しい状況を抱えながら決戦に臨む指揮官のコメントを伝えています。「リハビリは既に始まっている。ジョーもトレントも同じようにね。それが彼らの日常だ。クールじゃないけど、それでも充分な戦力があるのだから、答えを見つけて週末に実践するのがわれわれの仕事だ」。レッズの監督は、既に日曜日の戦い方をシミュレーションしているのでしょう。

守備重視で戦うであろうマンチェスター・ユナイテッドに対して、レッズはどんな戦術をチョイスするのか。ナポリ戦で見せた厳しいプレスとショートカウンターの連発は、これぞゲーゲンプレッシング。後ろの負担を減らしたいクロップ監督は、前線からの激しいチェックを求めるのではないかと思われます。サラー、フィルミーノ、マネがプレスをかいくぐられたときの対応を考えれば、引いて受けようとするシーンが目立つファビーニョよりも、カバーに長けたヘンダーソンのほうが機能するでしょう。左右には運動量が豊富なワイナルドゥムとミルナー。シャキリとナビ・ケイタは、イーブンやビハインドで終盤にさしかかった際のジョーカーとして、手元に置いておくのではないでしょうか。

ビルドアップにスピードと正確性を欠くマンチェスター・ユナイテッドは、真正面からぶつかれば、ゲーゲンプレスの餌食になってしまいそうです。速いタイミングでルカクに当てたり、3トップのチェイスを無力化するロングフィードをサイドに入れたりする戦い方を徹底し、レッズの焦りを誘えればチャンスが増えるはず。左サイドにラシュフォードによるナサニエル・クラインいじめが功を奏せば、ファン・ダイクとのデュエルを回避してゴールに迫れます。レッズにとって、右のインサイドMFとSBとの連携構築がうまくいくかどうかは重要なポイントのひとつです。やはりここは、ミルナーでしょう。ナポリ戦で足を痙攣させてピッチに座り込んだベテランは、中4日あれば、いつもの走力を取り戻せるのではないかと思われます。

プレミアリーグで2失点以上が1度もないホームチームと、ビッグ6との直接対決で1失点以下がないアウェイチームの対決は、まっすぐ予想すれば3-1でレッズ順当勝ち。願望を込めれば、フェライニのヘッドでプラス1、デ・ヘアのビッグセーブでマイナス1として2-2ドロー。3人が負傷したといっても、アリソン、ナサニエル・クライン、デヤン・ロブレン、ファン・ダイク、ロバートソンならプレミアリーグ屈指の最終ラインです。何度妄想しても、レッズ有利としか思えないのですが、われわれに勝ち目はあるのでしょうか。レッズのフォーメーション、モウリーニョ監督の守備戦術、アリソンVSデ・ヘア…日曜日の決戦は、見どころ満載です。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“激痛のマティプ骨折…3人のDFを失ったクロップ監督が決戦で選ぶ戦術を予想!” への4件のフィードバック

  1. プレミアリーグ大好き! より:

    クラインも3週間くらいの怪我から復帰したばかりだから恐らくミルナーがSBでベンチ入りになると予想

  2. Macki より:

    更新ご苦労様です。CB2枚の離脱は激痛ですが、ご指摘の通りCBの補強はないと思います。ロブレンは心もとない部分はありますが、ダイクの指示で覚醒することを期待します。逆にダイクの疲労が心配なところです。
    さて、ユナイテッドとのゲームですが、ポジティブなのはCL後中4日あることと、サラーが切れていることですかね。また、クラインは90分体力がもつか怪しいので、鉄人ミルナーがSBではないでしょうか。相手は百戦錬磨のモウリーニョですから、いつも通りいかないのは重々承知でしょう。見ごたえあるゲームを期待してスコアは2-0でレッズと予想させてください。

  3. グナです より:

    やはりいい指揮官ですね、クロップ。
    発言の真意の中には『苦し紛れ』も少しはあるのでしょうが、『それでも自信あり』という部分と『今いる選手を信頼している』というメッセージを感じます。
    そして、今のリバプールの選手には『クロップがそう言うんならやってやろうぜ』という空気があるように思います。
    グーナーである身としては『全員負けろ』と言いたいところですが、どうせ勝つなら見ていて気持ちのいい方に勝ってもらいたいです。

  4. プレミアリーグ大好き! より:

    このカードで筆者さんがリバプールが勝つと予想すると決まって負けます。昨季ここのコメントで二度とそんな予想しないでくださいと注意したはずですが、また止められませんでした。不安でしかたないです。

コメントを残す