イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

「彼はフィットするとわかっていた」。クロップ監督がルイス・ディアスの活躍を確信していた理由。

2月のプレミアリーグデビュー以降、6試合2ゴール。左のウイングに定着したルイス・ディアスは、何年も前からそこにいるように感じられます。2回のビッグチャンスミスを決めていれば、もっと騒がれていたはずですが、最初のインパクトが強すぎて期待値が上がるより、今ぐらいのほうがいいのかもしれません。何しろ彼の入団以来、プレミアリーグは7戦全勝と問題なし。カラバオカップのトロフィーも手に入れています。

「1月の獲得については、どの監督も同じことをいうだろう。やってもいいけど、できるなら夏にやりたいものだ、と」。ルイス・ディアスについて問われたクロップ監督は、冬のマーケットで獲得を急いだ理由について、こう語っています。

「ルイスは特別だった。彼を見たとき、すぐにチームにフィットするとわかった。普通は難しいことだけど、彼は変わる必要がなかったからこそ、自信たっぷりでここにいられるんだ」

こんな言葉を聞くと、なぜそれがわかるのかと興味をそそられます。「スカイスポーツ」のアナリスト、アダム・ベイト記者の解説に耳を傾けてみましょう。「1998年に、ラム・マイルヴァガナムはプロゾーンを設立し、サッカーのアナライズに真のイノベーションをもたらした。同社はその後、現在はリヴァプールでSDを務めるマイケル・エドワーズを採用した」。なるほど。レッズの敏腕ディレクターと指揮官は、徹底的なプレー分析を用いて新戦力を選んでいるようです。

今回、ルイス・ディアスについて多面的なアナライズを担当したのは、マイルヴァガナム氏が最近立ち上げたベンチャー企業「アル・アバカス」です。プロダクトマネージャーのアンディー・フォレスター氏は、記者のインタビューに応じて、「リヴァプールとポルトのプレースタイルの類似性から、ディアスは理論的にはヒットするはずとレポートした」と語っています。

「このモデルは、チームのプレースタイルについて、測定できるすべての面を考慮しています。リヴァプールの方が優れていますが、ポルトは同じことをしようとしています。テンポ、ハイプレス、カウンタープレス、ディフェンスライン、ビルドアップ。この2チームはほとんど同じです」

「ポルトも、とにかくポゼッションが高いチームです。現在、ディアスはピッチ上でポルトの頃と同じポジションをとっています。リヴァプールのターゲットをシミュレーションすると、ディアスはチームとの相性が断トツの1位でした。特にアンディ・ロバートソン、ディオゴ・ジョッタ、ハーヴェイ・エリオットとうまくリンクすると予測されています」

ちなみに、ルイス・ディアスのカウンタープレスのスコアはサディオ・マネよりもよく、フィルミーノをわずかに下回るそうです。記事を読んで腹落ちしたのは、ポルト以外に自らと似ているチームとしてレッズが挙げていたのが「ポチェッティーノにプレスを指導されたサウサンプトンと、RBライプツィヒ」だったという話です。マネやナビ・ケイタを獲得するときも、チームとのフィット感をチェックしたのでしょう。

クロップ監督は、このアナライズに精通しており、活躍を確信していたウインガーが自分のプレイに集中できるようにしていたそうです。最後に指揮官のコメントを紹介して、この稿を締めましょう。

「私たちが心がけたのは、『こうしなければならない』『ああしなければならない』といったプレーブックを押し付けて、自信を失わせないようにすることだった」


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“「彼はフィットするとわかっていた」。クロップ監督がルイス・ディアスの活躍を確信していた理由。” への1件のコメント

  1. uz より:

    南野はフィットしないと分かってたんだろうか?…

uz へ返信する コメントをキャンセル