イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

「世界最高のMFになれる!」…とにかくオトナな絶好調アザールが、復活プレーメイカーを絶賛!

プレミアリーグ2018-19シーズンは、後に「アザールの年」といわれるのではないかと思っています。何しろ、スタッツがスゴい!プレミアリーグ8試合7ゴール3アシストは、チェルシー入団から7シーズンめで最高のスタート。ヨーロッパリーグは、ヴィデオトン戦の途中出場でゴールを決められなかったものの、レッズとのカラバオカップでは敵地アンフィールドで決勝ゴールをゲットしています。プレミアリーグにおける1試合あたりのドリブル成功数2.8は、アダマ・トラオレとザハを上回るNo.1。ドリブラーの勲章である被ファール数は、1試合あたり2.6で、レスターのジェームズ・マディソン、ハダースフィールドのファン・ラ・パラに続く3位です。ワールドカップでベルギー代表を3位に導き、開幕直前まで休みを取っていたために、最初の2試合は後半からの登場でしたが、先発に復帰したとたんにゴールラッシュがスタート。最初からプレイしていた試合でゴールがなかったのは、巧みに守られたウェストハム戦だけです。

キャリアハイのスタッツを残しそうなチェルシーの10番にテンションが上がるのは、プレイが素晴らしいという理由だけではありません。ロシアで開催された大会が終わった直後に、「そろそろ変化が必要。僕の行きたいところはわかっているだろう?」とレアル・マドリード行きをほのめかしたアザールは、夏の実現は難しいと判断すると、移籍に関する話を完全に封印。今まで以上にチームに貢献し、サポーターを喜ばせています。オトナというだけでなく、明るくてオープンなコミュニケーションにも好感度は否応なく上がります。つい先日も、「嘘はつけない。レアル・マドリードに行きたい。子どもの頃からの夢なんだ」と語りつつ、「自分にとっていいだけでなく、クラブにとってもそうあってほしい。このクラブは僕にあらゆるものを与えてくれたから」と、チェルシーに対する思いをストレートに表現しています。いやー、素敵です。

冒頭の「アザールの年になる」は、予想・予言ではなく願望です。稀代のドリブラーに魅了され、クラブに最高の置き土産を残してマドリードに旅立ってほしいと思うのです。従いまして、今季もモー・サラーの年になったら「外れたじゃないか」と咎めるのではなく、「残念でしたね…」と慰めていただければ幸いです。モー・サラーも好きな選手なので、それはそれで盛り上がるのですが。

さて、予言といえば、アザール自身は年下のチームメイトを「世界最高のMFのひとりになれる」と激賞していました。ELのPAOK戦でゲームを掌握して決勝ゴールをお膳立てし、サウサンプトン戦で1ゴール1アシストを決めたロス・バークリー。10番も1ゴール1アシストだったセインツとのアウェイゲームの後、「彼に自由を与え、自信をもたらすことができれば世界最高になれる」「強くてパワフル。ドリブルもできるし、クレバーにプレイする。ゴールも決められるね」と、エヴァートンから来たMFをほめちぎる言葉が止まりませんでした。

アザールのバークリー評を伝えた「デイリー・ミラー」は、サッリ戦術に対するポジティブな発言も紹介しています。「僕がチェルシーに来てからベストのスタイル。今までもクラブは素晴らしい結果を出しており、監督がよくなかったわけじゃないけど、これが最高のサッカーだと思う」。3月のマンチェスター・シティ戦でワントップとして起用された後、「3時間戦ってもボールを触れなかっただろう」「偽9番の理由はわからない。3回しかボールが来なければ、いいプレイなどできない」とこぼしていた10番にとって、納得できるコンセプトで戦えているのも、ドリブルもコメントも滑らかな理由なのだと思われます。

ロス・バークリーがワールドクラスをめざせるというご意見には賛成です。ストロングポイントを自覚し、常に全力を出し切れるようになれれば、スティーブン・ジェラードの後継者といわれるような選手になる可能性を秘めていると思います。アザールも、ロス・バークリーも、ベストといえるシーズンにしていただければと願っております。5シーズンで3回もプレミアリーグを制覇されるとなるとさすがに悔しく、マン・ユナイテッドが無理なら、リヴァプールの悲願達成に肩入れしたくなる気分ではありながら…。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“「世界最高のMFになれる!」…とにかくオトナな絶好調アザールが、復活プレーメイカーを絶賛!” への1件のコメント

  1. nor より:

    夏の移籍問題が過熱していた時に、たとえ残ってもアザールならクラブの為に尽くしてくれると思っていましたが、期待をはるかに上回る貢献に脱帽です。きっとレアルでは「世界最高」という選手になると思いますが、レアルのアザールではなく、チェルシーとレアルのアザールと後世に語られるような爪痕をしっかりと残してもらいたいです。もちろんタイトルとともに。

コメントを残す