イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

引退発表から4日。ジョン・テリーがアストン・ヴィラのアシスタントコーチに就任。

「フットボーラーとして23年、今こそ引退にふさわしい時期と思い、決断した」。ジョン・テリーがインスタグラムにて引退を発表したのは10月7日。2018-19シーズンも現役を続行すべく、クラブを探していたCBに納得いくオファーはありませんでした。1998年にチェルシーのトップチーム昇格を果たしたイングランド代表の元キャプテンは、プレミアリーグ492試合41ゴールという素晴らしいレコードを残して、2017-18シーズンにはアストン・ヴィラに移籍。チャンピオンシップで32試合に出場したものの、契約更新はせず、夏にクラブを離れていました。チェルシーではプレミアリーグ優勝5回、FAカップ獲得5回、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグも制覇。5位周辺が定位置だったブルーズをトップクラブに押し上げる原動力となった一方で、不倫騒動による代表キャプテンはく奪や、人種差別発言疑惑など、話題に事欠かない選手でもありました。

マンチェスター・:ユナイテッドとのプレミアリーグ対決となった2007-08シーズンのチャンピオンズリーグ決勝で、ルジニキ・スタジアムのぬかるんだピッチに足を取られ、PKを失敗したシーンは今も頭の中で再現できます。気持ちの強さと統率力でチェルシーを引っ張ってきたテリーは、いずれどこかのクラブで指揮を執ることになるのでしょう。オールド・トラフォードで行われたカラバオカップ3回戦で、マンチェスター・ユナイテッドを倒したダービー・カウンティーのフランク・ランパード監督のスーツ姿を思い出しながら、テリーにふさわしいクラブに思いを馳せたのは、つい2日ほど前のことでした。「彼にはロンドンのクラブがよく似合う。フラムの監督になったら、チェルシーから声がかからなくなるのだろうか」等々。

テリーのセカンドキャリアについて、現地メディアが報じたのは、引退発表から4日しか経っていない10月11日でした。招聘したクラブは、プレーヤーとして最後のシーズンを過ごしたアストン・ヴィラ。肩書きはアシスタントコーチです。1982年にチャンピオンズカップを制した名門は、私にとっては「トゥアンゼベがお世話になっているクラブ」でもあります。プレミアリーグファンにおなじみの選手は、ニール・テイラー、アーメド・エルモハマディ、ジャック・グリーリッシュ、ヤニック・ボラシェ、タミー・アブラハムあたりでしょうか。プレミアリーグで出番が見込めない選手を集めたヴィラは、今季こそ復権のチャンスと力が入っていたのだと思われますが、連勝スタートの後は勝ち切れない試合が続き、3勝6分2敗で中位に停滞。10月3日にスティーヴ・ブルース監督を解任し、ブレントフォードから若き指揮官ディーン・スミスを引き抜いて後任に据えたばかりでした。

「ジョンはイングランドのフットボールシーンにおいて、最も輝かしいキャリアを持つ選手のひとりだった。クラブとの密なリレーションがあり、ディーンの下で新たなキャリアを始める準備ができていた」。ヴィラのクリスティアン・パースロウCEOは、トップクラブで長年戦ってきた経験を買ったようです。勝手知ったるクラブで指導者としてノウハウを蓄積し、いずれはマネージャーとして現場を仕切るというのが、テリーが描く青写真でしょう。

「人生における次のチャプターに対する準備はできている。未来がどうなるか見てみよう。選手として実現した成功の半分でも、手に入れられればうれしい。フランク・ランパードはいい仲間だ。先日、彼を見た。将来的には監督になれればと願っているけれど、時間がかかるだろうね」

ランパード、ジェラード、テリー、ギグス、アンリがプレミアリーグのクラブの監督として、鎬を削る時代がやってくるのを楽しみにしましょう。最初にゲートをくぐるのは、チャンピオンシップで8位につけているダービー・カウンティーの指揮官でしょうか。2000年代にリーグを盛り上げてくれたレジェンドたちの指導者としての成功と、ジョン・テリーの素晴らしい未来を祈念しつつ、この稿を締めさせていただきます。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


コメントを残す