イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【Liverpool×Brighton】お疲れリヴァプール、枠内シュート1本で8年半ぶりのホーム連敗!

アリソンが病欠でGKはケレハー。CBはナット・フィリップスとジョーダン・ヘンダーソン。マネがいないフロントスリーはシャキリ、サラー、フィルミーノ。主力8人を欠いたクロップ監督は、17位から3ポイントをゲットできるでしょうか。プレミアリーグ22節、リヴァプールVSブライトン。開始3分にヘンダーソンのロングフィードでGKの前に躍り出たサラーは、左隅を狙ったボレーを打ち上げてしまいました。アンカーはワイナルドゥムで、左右にチアゴ・アルカンタラとミルナー。アーノルドとロバートソンのプレミアリーグ最強SBコンビは健在です。

中盤の出足のよさと鋭い速攻で、トッテナムに完勝したばかりのブライトンは、リヴァプールの中盤を自由にさせません。10分にミルナーの縦パスでボックス左に抜けたフィルミーノは、背後に着いたGKロベルト・サンチェスを気にしたのか、ボールを収められず。19分に左から蹴ったロバートソンのFKは、青い壁に跳ね返されました。24分、ブライトンに決定機。トロサールのパスでボックス右に入ったモペイが、ヘンダーソンとミルナーをかわしてシュートを放つと、ロバートソンに当たって左にいたバーンへ。枠に収めればOKだったボレーは浮いてしまい、33番は頭を抱えています。

32分、右サイドに出たチアゴが脇にいたシャキリに預けると、中央に流したボールを叩いたサラーのシュートはパスカル・グロスがブロック。34分に右から狙ったソリー・マーチのミドルは、ケレハーの頭上を越えていきます。縦パスを通せないリヴァプール。ハイラインは徐々に下がり、ヘンダーソンのプレーエリアはボックスの手前になっています。前半終了間際にパスカル・グロスが右からクロスを上げると、モペイのヘッドは左にアウト。前半のシュート数は2対5、両者ともオンターゲットは1本もありません。

後半が始まり、47分から波状攻撃を展開したリヴァプール。ロバートソンのグラウンダーのクリアを拾ったフィルミーノが左足を振り抜きますが、ダンクがコースに入ってブロックしました。53分にチアゴが中央のシャキリに当て、ダイレクトパスを受けたフィルミーノが右足で狙うと、ビスマが足を出してCKに逃れました。56分、先制はブライトン。ソリー・マーチのクロスをファーのバーンが頭で折り返すと、トロサールとアルザテが中央で重なりますが、アルザテのミスキック気味のボレーがゴールの左隅に収まりました。

クロップ監督は64分にワイナルドゥムとシャキリを下げ、オリギとチェンバレンを投入。チェンバレン、ミルナー、アーノルドときれいにつながった70分のアタックは、グラウンダーに反応したサラーのボレーが枠にいきません。73分、チアゴの縦パスをオリギが落とし、チェンバレンが右足で打つもクロスバーの上。77分、アウトにかけたアーノルドのクロスのクリアをサラーがキープし、すかさず左足を振り抜きますが、詰めてきたビスマがブロック。フォローしたチェンバレンの一撃もビスマにヒットし、ロベルト・サンチェスが悠々とキャッチしました。

81分、左サイドでフリーになったトロサールがボックスに侵入し、ミルナーをかわして左足でシュート。予測していなかったケレハーが何とか体に当て、レッズは窮地を脱しました。最後の10分に、あれほど勝負強かった昨季プレミアリーグ王者の面影はありませんでした。サイドでアーノルドが持ったとき、中央で5人が歩いているのを見て、8年半ぶりとなるホーム連敗を確信しました。オリギは周囲と合わず、ミルナーは疲労困憊。前半から勝負のパスやクロスの精度が低かったチアゴはつなぎ役でしかなく、ロバートソンを活かせる選手はいませんでした

オンターゲットは、チェンバレンのミドルのみ。最初のサラーの逸機が悔やまれるゲームとなりました。週末のマンチェスター・シティ戦に勝っても、両者の間には実質7ポイントの開きがあり、クロップ監督のチームはライバルが落ちてくるのを期待するしかありません。マネ不在でロバートソンが輝かなくなったチームに、打開策はあるのでしょうか。ジョッタがいてくれれば…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“【Liverpool×Brighton】お疲れリヴァプール、枠内シュート1本で8年半ぶりのホーム連敗!” への1件のコメント

  1. Macki より:

    更新ご苦労様です。
    まあ今のレッズには5バックの打開策はなさそうですね、、、。サラーがワイドで受けた時ゴール前にボールの受け手がおらず、無用なクロスが打ち上がっても相手は予測でき簡単にいけるでしょうね。大いに気になるのは、オリギが戦力になっていない事です。うーんどうなんでしょうね。。。。ポジティブなところはケレハーとナット、ジョーンズは期待が持てますね。早くジョタやファビーニョにマネとケイタに会いたいですね。。。。

コメントを残す