イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【MAN.UTD×Newcastle】指揮官の抜擢が的中!前半苦戦のマン・ユナイテッドは2位キープ!

ヨーロッパリーグのレアル・ソシエダ戦を0‐4で圧勝したマンチェスター・ユナイテッド。プレミアリーグの後半戦は1勝3分1敗と低調ですが、ライバルのレスター、チェルシー、ウェストハムが好調をキープしており、オールド・トラフォードのニューカッスル戦を落とすわけにはいきません。スールシャール監督が右サイドにダニエル・ジェームズを抜擢したのは、最後にゴールを決めたELのパフォーマンスを評価したからでしょう。GKデ・ヘア、DFワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ルーク・ショー。中盤センターにフレッジとマティッチ、2列めはダニエル・ジェームズ、ブルーノ・フェルナンデス、ラシュフォード、最前線は結果を出してほしいマルシアルです。

キックオフから執拗に左サイドを崩しにいくホームチーム。冷静に対応したニューカッスルは、4分のショートコーナーからチャンスを創りました。シェルヴィがスリップしながらクロスを入れ、高く上がったボールをデ・ヘアがパンチで逃れると、落下点にいたジョエリントンのボレーがリンデロフに当たって枠に飛びました。デ・ヘアがぎりぎりで上に弾き出し、再度CK。マンチェスター・ユナイテッドのアタックは足元、足元で、アルミロンが仕掛けるニューカッスルの速攻のほうが可能性が感じられます。

10分、デ・ヘアのミスキックをカットしたジョエリントンが中央に流すと、シェルヴィのダイレクトショットは左にアウト。15分を過ぎても、赤いシャツにシュートはありません。19分に右から突破したダニエル・ジェームズの高速クロスは、GKダーロウがキャッチ。20分のブルーノ・フェルナンデスのミドルは、黄色い壁にブロックされました。27分、アルミロンが左足で放ったミドルは、デ・ヘアが左に反応してキャッチ。決定機を創れずにいたホームチームは、30分にエースが強引にゴールをこじ開けました。

左サイドでクラフトに股抜きをかましたラシュフォードがボックスに入ると、追いついた17番をもう1度かわして右足一閃。ダーロウとニアポストのわずかな隙間をぶち抜いたスーパーショットは、今季プレミアリーグ9発めです。1-0とされたニューカッスルはすかさず反撃。34分にジョエリントンのスルーパスでクラフトが右サイドを崩し、グラウンダーを入れるとフレッジがクリア。最初のショートコーナーは、シェルヴィのクロスを左サイドで受けたサン=マクシマンのミドルをデ・ヘアが上に弾き出しますが、2つめのショートコーナーが同点ゴールを生み出しました。

ウィロックのクロスをマグワイアがバックヘッドでクリア。落下点に走り込んだサン=マクシマンのボレーは、クロスバーのすぐ下をすり抜ける完璧な一撃でした。攻めに転じたいマンチェスター・ユナイテッドは、アウェイチームのプレスに苦しみ、ラシュフォードもダニエル・ジェームズもサイドでキープするのが精一杯です。前半は1-1、シュート数は5対6、オンターゲットは2対4。FAカップのリヴァプール戦の後に最下位シェフィールド・ユナイテッドに敗れ、ウェストハムと延長戦を戦った後はWBAに引き分けたチームは、ELの直後にプレミアリーグ17位に押されています。

後半のスタートからしばらくは、ニューカッスルのポゼッション。48分のシェルヴィのミドルは浮いてしまい、ゴールの右に切れていきます。50分のFKをフレッジが頭でクリアすると、またも落下点にいたサン=マクシマンの一撃は、デ・ヘアが素晴らしい反応で懐に収めました。ブルーノ・フェルナンデスのサイドチェンジをトラップできなかったマルシアルを見ると、グリーンウッドとマタのどちらがいいのかと考えてしまいます。

57分、左サイドでルーク・ショーのパスを受けたマティッチが、中央にいたブルーノ・フェルナンデスにラストパス。18番がコースを変えてファーのダニエル・ジェームズに送ると、ニアを狙った強烈なシュートがネットを揺らしました。60分にアイザック・ヘイデンとクラークを次々とかわしたマルシアルのシュートは、ダーロウが右に飛んでセーブ。64分のラシュフォードのミドルも、GKが落ち着いてさばきました。70分、マルシアルに代わってグリーンウッド。71分のCKにニアで競り勝ったブルーノ・フェルナンデスのヘッドは、ファーポストの外に逸れていきました。

74分、ブルーノ・フェルナンデスが右から蹴ったFKが逆サイドに流れ、拾ったマティッチがニアのラシュフォードにラストパス。切り返しを入れた10番をウィロックが引っかけてしまい、ブルーノ・フェルナンデスがプレミアリーグ4戦連発となるPKを左に決めました。83分のCKで競り勝ったマグワイアのヘッドは、ダーロウがセーブ。88分にダニエル・ジェームズとラシュフォードを下げたスールシャール監督は、32歳のマタと17歳のショータイアを投入しています。

プレミアリーグデビューの74番は、兄さんたちからボールを集めてもらったものの、ゴールに向かうプレイを見せられずに終わりました。ダニエル・ジェームズの一撃で流れが変わり、シュート数15対10、オンターゲット7対6とホームチームが逆転。アルミロンが電池切れとなったニューカッスルは、カウンターに出られなくなり、ラシュフォードのPKで戦意喪失となりました。

ヨーロッパリーグ、プレミアリーグと少ないチャンスを活かしたダニエル・ジェームズの奮闘と、最後まで中盤をコントロールしたマティッチに拍手。レアル・ソシエダとのセカンドレグは若手とサブをうまく起用して勝ち抜けを決めていただいて、週末のチェルシー戦を万全の状態で迎えてもらえればと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


コメントを残す