イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【MAN.UTD×Leicester】ポグバ&ルーク・ショー!マン・ユナイテッドは何とか勝利発進!

昨季に続き、フライデーナイトの開幕ゲーム。プレミアリーグ2018-19シーズンが、いよいよ始まります。オールド・トラフォードにレスターを迎えたマンチェスター・ユナイテッド。モウリーニョ監督との確執が囁かれているポール・ポグバが、キャプテンマークをつけて戻ってきています。モウリーニョ監督が選んだ11人を見てみましょう。GKデ・ヘア、最終ラインはダルミアン、バイリー、リンデロフ、ルーク・ショー。ポグバ、アンドレアス・ペレイラ、フレッジが中盤に並び、前線はマタ、ラシュフォード、アレクシス・サンチェスです。

今季プレミアリーグにおける最初のゴールは、開始3分にマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンが決めました。ポグバがサイドチェンジを左サイドに通すと、縦に持ち込んだルーク・ショーがニアにいたアレクシス・サンチェスへ。ボックスのコーナーからのシュートはDFにブロックされますが、リバウンドに反応したアマーティが手で触ってしまいました。PKスポットに立ったポグバは、シュマイケルの動きを見極めて右隅にゲット。1-0としたマンチェスター・ユナイテッドは、レスターの反撃を受けて自陣にこもる時間が増えています。

ダルミアンは、デマライ・グレイのドリブルに手を焼いています。15分にチルウェルがドリブルで仕掛けて7番に預けると、前線のイヘアナチョに絶妙な浮き球。クロスに放ったシュートがわずかに右に外れ、ラインを越えると同時にオフサイドを示す旗が上がっています。エンディディ、アドリアン・シウヴァ、ジェームズ・マディソンが並ぶレスターのつぶしが速く、ポグバやフレッジが自由になるシーンがありません。28分、エンディディがボックス右で空いていたリカルド・ペレイラにパスを通すと、右からのグラウンダーをニアのマディソンが決定的なワントラップボレー。右に飛んだデ・ヘアのビッグセーブで、マン・ユナイテッドは事なきを得ました。1分後、CKのクリアに反応したリカルド・ペレイラが遠めから思い切って狙いますが、ポグバがゴール前でカットし、ボールは枠に飛びません。

試合は完全なるレスターペース。35分、縦パスを受けて裏に抜け出そうとしたイヘアナチョが、競りかけてきたリンデロフをつぶすと、バイリーがカバーしてシュートを許さず。39分、ワンツーでマークを振り切ったポグバのミドルは、シュマイケルの正面です。41分、フレッジのサイドチェンジから、ルーク・ショーとマタがワンツーで崩したチャンスはきれいでしたが、左SBが右足で放ったシュートはシュマイケルが悠々とキャッチします。前半は1-0。昨季プレミアリーグで16ゴールのルカクを欠いたチームは、アグレッシブなチェックを徹底するレスターに中盤を制圧され、苦しんでいます。

互角の展開となった後半。マン・ユナイテッドは左のアレクシス・サンチェスを使うシーンが増えていますが、相変わらずラストパスが通らず。56分にダルミアンが狙ったミドルは、シュマイケルが確実にキャッチしました。62分、イヘアナチョの突破に、バイリーは慌てずカット。3年めを迎えたコートジボアール代表は、負傷さえなければプレミアリーグ屈指のCBに成長するでしょう。63分、アマーティとマディソンが下がり、ジェイミー・ヴァーディーとゲザルが登場。2分後、中盤で空いたポグバがアレクシスにスルーパスを通すと、ボックス手前で横に転がしたボールをマタがうまくミートできません。

66分にラシュフォードが下がり、ロメウ・ルカクが前線に入ります。76分、ルーク・ショーがクリアしようとしたところをヴァーデイーにつぶされ、クロスに飛び込んだデマライ・グレイが右足で合わせますが、デ・ヘアが素晴らしい反応を見せてキャッチ。1分後、フレッジに代わって中盤に入ったのは、昨季プレミアリーグで頭角を現したマクトミネイです。78分、最後方からの縦パスに反応したアレクシスが、ウェズ・モーガンをかわして右のルカクにラストパスを通します。1対1の絶好機を迎えたストライカーは、果敢に飛び出してきたシュマイケルにぶつけてしまいました。

83分、マン・ユナイテッドの2点めはエクセレントな個人技でした。ファン・マタが、左からオーバーラップしたルーク・ショーに浮き球のパス。トラップでリカルド・ペレイラをかわした23番は、高く浮いたボールを左足で巧みに合わせ、クロスに流し込みました。ここでポグバがお役御免となり、フェライニ登場。91分に右からのクロスを打ち上げたヴァーディーは、その1分後にリカルド・ペレイラのクロスがポストにヒットしたところを押し込み、TOP6キラーの面目躍如です。最後のCKは、シュマイケルのヘッドが右に外れ、マンチェスター・ユナイテッドが勝ち点3をゲットしました。

シュート数はレスターより4つ少ない8本、しかしオンターゲットは6本。昨季プレミアリーグ2位チームは、新しいシーズンの緒戦も引いて速攻に賭けるサッカーを披露しました。フレッジはまずまずのプレミアリーグデビュー。アンカーを託されたアンドレアス・ペレイラは、サイドに散らすボールにセンスのよさが感じられました。アレクシス・サンチェスは、クロスが合わないシーンが目立ったものの、前線で拠点となる動きはよかったのではないでしょうか。リンデロフとルーク・ショーの守備など、ツッコミどころは多々ありましたが、デ・ヘアの見事なセービングと素晴らしい2点めに免じてお咎めなしとしましょう。次のブライトン戦では、課題となっている中盤の連携を改善していただき、ゲームを支配して勝ち切っていただければと思います。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“【MAN.UTD×Leicester】ポグバ&ルーク・ショー!マン・ユナイテッドは何とか勝利発進!” への20件のフィードバック

  1. マンユナイテッド より:

    バイリーが怪我をしない、リンデロフがフィットすれば普通に戦えると思います。
    バックラインの補強がイマイチではありましたが、去年勝ち点81稼いでるチームですからチームの成熟度を上げて勝負していくしかないと思います。
    CBは数は足りてますが、右サイドは数自体足りてないので過密日程になった時が心配です。

  2. ペップの街 より:

    Makotosaさん初戦勝利おめでとうございます。
    おっしゃる通り突っ込みどころはいくつかありますが、初戦は結果が重要ですから。
    ポグバも気持ちよくプレーしてたと思います。

  3. Scholes より:

    期待してきたアンドレアス・ぺレイラがいいスタートを切れてうれしいです。リンガードやマクトミネイに続くブレイクが見たいですね(数年前にはこのポジションでとは思いませんでしたが)
    フレッジはロストが多かったですが期待が持てる存在感、レアルマドリーのGK獲得でデヘアのプレーを存分に堪能できました!ポグバはシーズンを通して今日の気合を継続できるか、今後のカギだと思います。

  4. プレミアリーグ大好き! より:

    なんだか中身が薄く 運でもぎ取った結果だけが残りましたね 期待してただけに残念です 正直進化がない。。モウの3年目らしいといえばそれまでですが。。

  5. プレミアリーグ大好き! より:

    ↑ はいはい、昨シーズンユナイテッドは上位対決相当勝ちましたけど全部運が良いからですもんねー、デヘアのおかげですもんねー、審判が優遇してくれるからですもんねー、中身ペラペラのつまんないサッカーですもんねー、今年はモウリーニョ三年目ですもんねー笑笑
    サッカーは戦術が豊富なのが魅力なのにそれが分かってない人間は哀れですね。
    しかもワールドカップ明けのプレミア開幕戦で100点満点のパフォーマンスを期待するなんて鬼畜そのもの。
    今日の試合が運でもぎ取っただけとか何を見てたんですかね。あ、ハイライトだけか笑笑
    中身のペラペラな批判がしたいだけならコメントしないでくださいね、不愉快なんで。

    —–
    バ、バイリーすさまじかったです笑

  6. makoto より:

    みなさま>
    急遽参戦した出遅れ組が多く、ペレイラ抜擢で挑んだシーズン初戦ですので、勝ててよかったのひとことです。中身云々は、スパーズ戦までは目をつぶりましょう。ポグバとバイリーが本領を発揮し、若手の突き上げが多いシーズンになればと期待しています。

  7. ペップの街 より:

    ルーク・ショウが必死で頑張って、兎に角点取れて、ホントに嬉しそうでしたね。
    これでモウさんとの確執(一方的なパワハラ?)も沈静化するといいです。
    ポグバはW杯の経験で自信がついたみたいで頼もしいです。

  8. マンユナイテッド より:

    なぜか連投されてしまったので消してくださるとありがたいです。

  9. プレミアリーグ大好き! より:

    ダサっ

  10. プレミアリーグ大好き! より:

    マンユナイテッドさん
    あなたの発言の方が余程不愉快ですよ。

  11. プレミアリーグ大好き! より:

    この場にそぐわない 子供のような発言の方が1名いるようですが 無視してマンU見守って行きたいと思います

  12. マンユナイテッド より:

    名前が初期設定なので先程の中身ペラペラな批判をなさった方なのか第三者の方なのかわかりませんが、第三者の方でしたら申し訳ないです。(中身ペラペラな批判がなければこんなコメントはしません。口調が変なのも苛立ちからです。)
    先程の方なのであれば不愉快に感じるのは当たり前だと思いますよ。だってあなたに当てはまることしか言ってませんから。
    勘違いしないでいただきたいのは別にユナイテッドやモウリーニョを批判されたから怒ってるのではないということです。(今日の試合も良いとは言えません。)
    ただ事実に基づかないイメージで批判したり、ただ攻撃的なサッカーでない(ポゼッションをしない、ラインが低い)という理由だけで価値観を全否定するのはやめていただきたいだけです。(今日の試合でいえばポゼッションやシュート本数は下回ってますが、ペナルティエリア内からのシュート本数は上回っていて必ずしも内容で負けてるとは言えません。)
    長文失礼しました。

  13. プレミアリーグ大好き! より:

    ダサっ

  14. プレミアリーグ大好き! より:

    第三者ですが この人も感情論で数字しか語ってない。同じペラペラだと思います

  15. マンユナイテッド より:

    イメージやスコアボードだけに基づいた批判に対してデータ(数字)に基づいた意見を掲示することは妥当だと思うんですが…
    あと僕の最初のコメントを見ていただければ数字だけでコメントしてるのは彼に対してだけです。
    しかも「感情論で数字だけで物を語っている」とおっしゃっていますが、感情論と数字だけで物事を語ることは完全に二項対立なのであなたの言ってることが僕にはよくわかりません。(感情論→主観、数字で物事を語ること→客観)
    感情論で数字だけで物事を語るとはどういうことなのか説明してください。笑
    最後に僕に対してのコメントが全部同一人物に見えるんですけど気のせいですかね?破茶滅茶な返信しかないので。

  16. プレミアリーグ大好き! より:

    そうであるなら最初からそう言えばいいんじゃないですか?
    最初のような言い方をすれば、相手のみならず見ている様々な人が不快に思うのは当然でしょう。

  17. マンユナイテッド より:

    「なんだか中身が薄く 運でもぎ取った結果だけが残りましたね 期待してただけに残念です 正直進化がない。。モウの3年目らしいといえばそれまでですが。。」
    なんだか?中身が薄く?運でもぎ取った結果だけが残った?モウの三年目らしいといえばそれまで?
    こんな適当で安直なコメントをあなたがしなければ僕は何も言わなくて済んだんですが。
    てか何勝手に論点をずらしてるんですか?
    「感情論で数字でしか語っていない」の意味を教えてくださいよ。自分が言ったことには責任を持ってください。
    もし自分のどこが悪いのか理解できないならそう言ってくださればもう何も言わないので。
    ただ僕自身もイラついて酷い口調になってしまったことは反省しています。

  18. プレミアリーグ大好き! より:

    さすがに自分なりの根拠をあげて意見を言っている人と、ダサっだの不愉快だのの罵倒だけ言い捨てている人では比べるのも失礼でしょう。
    運営者に削除されてもおかしくないものですがまあ相手にしないでおこうということでしょうか。

  19. プレミアリーグ大好き! より:

    結局 自作自演で締めるんですね(笑)

  20. プレミアリーグ大好き! より:

    Idを調べてもらえばどのコメントが同一人物か明らかになるでしょう

コメントを残す