イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【Cardiff×Arsenal】オーバメヤン&ラカゼットが初ゴール!アーセナルはカーディフに2失点辛勝!

プレミアリーグ開幕から唯一ノーゴールのカーディフは、ニューカッスルとハダースフィールド相手にしぶとく守り抜いてドロー決着。3試合で2失点は、リヴァプールに次ぐ少なさです。敵地に乗り込んだアーセナルは、早い時間にゴールを奪って押し切りたいところ。今季プレミアリーグで未だノーゴールのオーバメヤンに、鮮やかな1発を期待したいゲームです。GKチェフ、最終ラインはベジェリン、ムスタフィ、パパスタソプーロス、モンレアル。グエンドゥジとジャカの2センターに、2列めはエジル、ラムジー、オーバメヤン。ワントップにはエース同様にゴールを決めていないラカゼットが入っています。

チェフにも自由に蹴らせないハイプレスは、開幕からのエメリ監督のサッカーをチェックしたうえでの結論でしょうか。カーディフ攻撃陣のアグレッシブな動きが目立ち、アーセナルはチェックをかわしながらサイドアタックを徹底しています。ホームチームのプレスが実るかと思われたのは7分、蹴るコースを迷ったチェフが、アーターにボールをプレゼント。フリーで打てる決定的なシーンでしたが、力んだシュートはバーを越えてしまいます。9分の右からのCKは、ニアで競ったボールを受けたラムジーのシュートをGKエザリッジが弾くと、こぼれ球をプッシュしたムスタフィの一撃は惜しくも左に逸れていきます。ベジェリンの速いクロスをGKがファンブルしたシーンは、ガナーズのアタッカーたちが詰めきれません。

アーセナルの先制点は11分。ジャカのCKがムスタフィの頭にぴったり合い、強烈なヘッドが左隅に突き刺さりました。0-1となった14分には、マンガのトラップミスを突いたモンレアルがエザリッジと1対1になるも、フィニッシュを足で止められてしまいます。18分、カーディフの2度めの決定機は、バンバから縦に2本つながったサイドアタックでした。リードがGKとCBの間を通したきわどいグラウンダーは逆サイドに流れ、ボックス左から中に斬り込んだホイレットの右足シュートはアウトにかかって切れていきます。28分、右からラムジー、エジルとつながったボールがジャカに戻ると、ミドルシュートは右にアウト。1分後、左からのクロスをムスタフィがクリアできずに中央に流れると、チャンスボールを得たリードは瞬時に反応できず、浮いたボールをミートしたオーバーヘッドは抑えが利きませんでした。

33分、左からドリブルで中に入ったラムジーが、前にいたラカゼットにぶつけると、ターンして放った右足のシュートはファーポストを直撃。前半終了間際にホームチームが得たFKは、ベネットが頭で折り返したボールをアーターがうまくミートできず、大きく打ち上げてしまいます。0-1で終わるかと思われた46分、ジャカのミスキックを敵陣でカットしたホイレットが左に展開し、中央に上がったクロスをきれいにトラップしたのはカマラサ。軽いチェックを見せたモンレアルをかわして打ったシュートが右上に突き刺さり、カーディフは今季プレミアリーグ初ゴールです。前半はこのままイーブン。セカンドハーフは、開始早々からカーディフが攻める時間が続きますが、主導権は徐々にガナーズに移ります。

50分にエジルが左から蹴ったCKは、ムスタフィが競り勝ったボールがこぼれてゴール前のラカゼットに出ますが、バンバが足を高く上げて必死のクリア。54分のCKは、ムスタフィの決定的なヘッドをエザリッジが左に飛ぶビッグセーブで阻みます。右からのクロスを叩いたモンレアルのボレーも、フィリピン人GKががっちりキャッチ。オーバメヤンの初ゴールが来たのは、62分でした。エジルの縦パスをラカゼットがヒールで左に流すと、素晴らしいコントロールショットが右隅へ。大健闘のエザリッジも、手元で落ちてくるボールには触れませんでした。

ところが70分、カーディフがセットピースを活かして再度追いつきます。ボックス右に浮いたボールをモリソンが頭で折り返すと、きれいなヘディングを左のポストの内側に当てたのはウォードでした。直後、エメリ監督はグエンドゥジを下げてルーカス・トレイラ。ダイレクトパスが3発続いた76分のガナーズのアタックはテンションが上がりましたが、アーリークロスはストライカーに届きません、79分、ウォードのインターセプトからリードが単独突破を図ると、右足の一撃はチェフがセーブ。81分、ルーカス・トレイラがボックス右のラカゼットに速いパスを通すと、バンバをかわした9番の強烈なシュートがエザリッジの肩越しに突き刺さりました。

84分、エジルに代わってウェルベック。89分にはオーバメヤンが下がってミキ。91分のカーディフのFKは、モリソンがヘッドで落としたボールが途中出場のマディンに渡り、チェフを釣り出すまではよかったのですが、モリソンのヘディングシュートは枠にいきませんでした。ガナーズ、2-3辛勝。2人のストライカーが今季プレミアリーグ初ゴールを決め、エジルに良化の兆しが感じられたのは収穫ですが、クロスが上がった際のミスが多く、セットピースの守備も相変わらず脆弱です。ボールウォッチャーとなって何度も競り負けたモンレアルや、判断ミスが多いムスタフィの守り方を早期に修正しなければなりませんが…。エメリ監督の手腕が問われます。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“【Cardiff×Arsenal】オーバメヤン&ラカゼットが初ゴール!アーセナルはカーディフに2失点辛勝!” への6件のフィードバック

  1. 凹んで より:

    勝ったことは収穫ですが、問題は山積みでした。ソクラテスは危ないバックアップ連発、それを上手く処理できないチェフ、ジャカの不用意なサイドチェンジ、攻撃に繋げられないゲンドゥジ。
    攻めでは、とりあえずエジルが楽しそうにやれているので、ホッとしています。特に後半、トレイラが入ってからグッと連携が高まった気がします。エメリさん、もうそろそろレノ、トレイラ、リヒトを先発で使ってみませんか?今が試し時かと思います。

  2. トマシュ より:

    守備・・・。
    ツェフは言わずもがな、他のバックラインの3人もひどいもんですが、パパは一体何なんでしょう?彼を批判する声があまり上がっていないのが不思議です。16mの選手と言えばそうなんでしょうが、ガブリエルより彼の方がいいとは到底思えません。

    今日はムヒタリアンをベンチに置きましたが、それでいいです。彼が悪いのではなくて、ローテーションです。

    そして本職のDMFを必ず使ってください。グエンに何か見てるのかもしれませんが、トレイラを30分しか使わないとか何の冗談なのかと。

    トレイラの守備センス、寄せ方とかタイミングとか。乾ききった体に水がいきわたるような感覚を覚えました。あの時間で何回スチール、あるいはスチール未遂をしたんだろう?どれだけチーム全体が助かったか。決勝アシストもまぐれではなさそうなんだよなぁ。1試合見たい。

    何もかも前任者の責任にして「時間が必要」はもういいよ。
    サッリは4連勝。優勝目指してやってくれ。

    がんばれ、ガナーズ!がんばれ、エミリ!

  3. エミリー より:

    守備は見るに耐えないシーンが少なからずありますね(泣)
    トレイラのスタメンにしないのは宝の持ち腐れ、彼は守備から攻めに転じるリズムも知っている。
    ジャカも勉強してほしい。
    エジルがパッとしないのが気になります。
    とりあえず、勝てて良かったです。
    圧勝も辛勝も同じ勝ち点どからね!!

  4. アン より:

    ラカゼット、トレイラはスタートから。そろそろレノを出して欲しいですね。あとエジルはワイドだと消えがちですね。。やはりエジルは中でないと。

  5. ヤンガナ大好き! より:

    守備が最初からスカスカでノーガードの打ち合いを観ているようでした。そんな中でトレイラがピッチに入ってから、中央が締まり流れが良くなりました。また、点取り屋のラカゼットとオーバメヤンの共存可能なことがわかったのは収穫ですかね。キーパーはそろそろレノを試してみてもよいかも知れませんね。

    それにしてもカーディフ、よいチームですね。引いてくると思ったらチェフにまでプレスをかける積極性で好感が持てました。訪れたことのあるカーディフのスタジアムの雰囲気も良かったですね!ウェールズのチームの今期の奮闘も期待したいです。

  6. 新参 より:

    2連勝しましたが、試合を支配できていないことが気になります。ジャカとゲンドージは縦パスは出せるけど、機動力・守備力がないため、ペースを生み出すことができません。それらを備えたトレイラやエルネニーとコンビを組ませるほうが彼らは力を発揮できると思います。ムスタフィやソクラテスは中盤が安定してから、出来を判断したほうがよいと思います。彼らを若手に取って変えても、中盤がそのままでは同じ結果になると思います。

    試合を支配できない要因は、チェフにもあります。ビルドアップができないのももちろんですが、シュートストップもいまいちです。2点目は仕方ないですが、1点目は身体を倒すのが早すぎて、シュートコースを敵にプレゼントしてました。ビルドアップ・シュートストップのいずれも、レノが上ではないかと思います。

    一方、攻撃陣はポジティブですね。各選手の役割が決まってきたように思います。ラカゼットとオーバメヤンが中央で近い位置に立ち、ラムジーやエジルがサイドと中央を自由に動く形が機能的でした。サイドバックと攻撃的MFがサイドを攻略し、ボックスをワールドクラスのストライカー2人が攻略する。

    強力な攻撃陣を活かすためにも、ビルドアップの改善を重点的に行ってほしいですね。

コメントを残す