イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【Arsenal×MAN.UTD】レノの手、フレッジの手…勝負を決めたGKとMFの明暗。

「4クラブが参加するプレミアリーグ3位争いの一戦」といってもいいでしょう。エミレーツで開催されるアーセナルVSマンチェスター・ユナイテッド。ELでレンヌに敗れたホームチームと、パリ相手に奇跡的な逆転劇を決めたアウェイチームは、「ミッドウィークの欧州で3-1だった」といえども内容は好対照です。エメリ監督は3-4-1-2、スールシャール監督は4-3-3スタートでしょうか。プレミアリーグ5位のアーセナルのメンバーから紹介しましょう。GKレノ、3バックにパパスタソプーロス、コシールニー、モンレアル。WBにメートランド=ナイルズとコラシナツ、センターにラムジーとジャカ、エジルの前にラカゼット&オーバメヤンの2トップです。

静かに立ち上がった両チーム。2分のコラシナツのクロスはラカゼットに合わず、ゴール前を横切ります。マン・ユナイテッドは、ルカクとラシュフォードが並んでいるように見えます。デ・ヘア、アシュリー・ヤング、リンデロフ、スモーリング、ルーク・ショー、マティッチ、ポグバ、フレッジ、ジオゴ・ダロト、ルカク、ラシュフォード。4分に浮き球を叩いたオーバメヤンのバイシクルは、バーを大きく越えていきました。

7分にコラシナツの縦パスで始まったカウンターは、抜け出しかけたオーバメヤンにスモーリングが追いつき、クロスのコースをカット。マン・ユナイテッドは8分に最初のチャンスをつかみます。ルーク・ショーのクロスに反応したルカクのボレーはバウンドしてクロスバーにヒット。リバウンドを拾ったポグバの折り返しは中に合わず、こぼれ球を叩いたジオゴ・ダロトのシュートはDFに当たってしまいました。

12分、先制はアーセナル。ラカゼットからパスをもらったジャカのミドルは左のアウトにかかって鋭く曲がり、ニアに動いたデ・ヘアは逆を取られて見送るしかありませんでした。15分にエジルが中央のラカゼットに預け、左にまわり込んだ9番がシュートを放つと、アシュリー・ヤングが足元に飛び込んで追加点はならず。19分に左でルーク・ショー、ポグバとつながり、6番がバイタルエリアに戻すと、フレッジのダイレクトショットは右のポストの外にヒットします。23分、フレッジが右に展開したボールをジオゴ・ダロトが中に入れ、クリアを拾ったルーク・ショーが前にいたラシュフォードにヘッドで渡しますが、10番のフィニッシュは大きく右に外れてしまいました。

プレミアリーグらしいエキサイティングな試合展開。30分、マン・ユナイテッドの左からのFKがクリアされると、ダロトがカットして右足で巻いたミドルを放つも、ボールはうまく落ちません。35分、ポグバの縦パスがルカクへ。コシールニーとモンレアルを振り切った9番の左足シュートは飛び出したレノが手で触り、跳ね上がったボールを再度ストライカーが左足でプッシュしますが、枠にいかずに右に流れてしまいました。45分、ポグバの素晴らしいサイドチェンジがルカクにピタリと合い、縦に走ったダロトが折り返すと、ジャカがラシュフォードに先着してピンチをしのぎました。前半は1-0。ポゼッションは54:46でガナーズ、シュート数は9本ずつとスタッツはほぼ互角です。

47分、ルカクをラインの裏に走らせたマティッチのロングフィードは、読んでいたレノがボックスの外でカット。50分にダロトのグラウンダーを左足で打ったフレッジのシュートがブロックされると、ラシュフォードが中央に入れたパスでルカクがフリーになりますが、左足のフィニッシュは飛び出したレノが足でストップします。59分にラシュフォードが狙ったFKは、右のポストの外。65分にポグバのスルーパスで抜け出したラシュフォードは、またしてもレノの鋭い出足に阻まれました。68分、フレッジがラカゼットを倒してしまい、PK。オーバメヤンがデ・ヘアが動くと読んでど真ん中に決め、今季プレミアリーグのゴール数を17に伸ばしました。押していたマン・ユナイテッドにとっては痛恨の2点め。70分にダロトが下がり、マルシアルが左サイドに入ります。

71分、リンデロフが目測を誤り頭上を越されたピンチは、ボックス右から放ったラカゼットの右足シュートがファーポストの外。77分にエジルが下がり、イオビが中盤に入ります。80分にオーバメヤンがデニス・スアレス、マティッチに代わったのはプレミアリーグデビューとなる17歳のグリーンウッドです。86分、エメリ監督はラカゼットをエンケティア。2-0となった後、マン・ユナイテッドは別なチームになってしまいました。テンションが落ちていたアウェイチームは、91分に久々のチャンスを迎えます。アシュリー・ヤングのクロスがフリーのラシュフォードに届きますが、ヘディングはレノの正面。この後の4分は何も起こらず、スールシャール監督は今季プレミアリーグで初の敗戦を喫しました。

MVPはベルント・レノでしょう。マン・ユナイテッドは最終ラインを崩されておらず、ルカクだけでマークを外した決定機が3つもありました。後半の最初の20分でアウェイチームが決めていれば、違う結果で終わっていたかもしれません。素晴らしい飛び出しで4つの1対1を阻んだ新守護神が、CL出場権をめざすチームを勝利に導いた一戦でした。クロスのコースを切っていればよかったシーンでラカゼットに手をかけたフレッジは、大いに反省してもらわなければなりません。あの一瞬が、勝負を分けるターニングポイントでした。

アーセナルはプレミアリーグ4位に浮上し、スパーズとの差は1ポイント。敗れたマン・ユナイテッドは5位に陥落し、失点は上位6チームで最多の40となりました。ビッグ6との対戦をすべて終えたガナーズは、最も3位に近いチームといっていいでしょう。これぞシックスポインター。エメリ監督と選手たちが手に入れた勝ち点3は、後にとてつもなく大きな意味を持つことになるような気がしてなりません。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“【Arsenal×MAN.UTD】レノの手、フレッジの手…勝負を決めたGKとMFの明暗。” への6件のフィードバック

  1. 麦茶 より:

    勝ちましたがルカクのクロスバーに当たったシュートはリバウンドの対応含めて完全に1点ものでした。
    ジャカのシュートはあのデヘアがああも逆を突かれたことに驚き。
    誰かに当たったのかと思いましたが最初なにが起こったのか全然わかりませんでした。
    ラカゼットのPKで個人的に試合は決まったと思いましたが、試合全体通して緊張感のあるいい試合でした。

  2. ノリスケ より:

    1919年3月10日にアーセナルはチェルシーと共にイングランドトップリーグに昇格し
    アーセナルはそれ以来一度も降格せずに100年間トップリーグに在籍し続けた最初のサッカークラブとなったそうで
    丁度100年目なメモリアルな試合で大きな勝利を得たのはただの一勝以上の大いなる価値を得た試合だと思います

    —–
    ここ2-3試合パッとしない内容ながら水際のDF対応とビッグセーブで勝ち点拾ってるのが凄く新鮮な感覚でして…
    内容で圧倒しながら集中力不足や所謂やらかしでビッグゲーム勝てなかったムッシュ時代とは全く別のチームを見てる気がします。
    キーパーで勝つというのも本当に新鮮な…チェフ1年目にしてもゲーム支配してましたし
    ジャカやナイルズ、イウォビら非常に辛抱強く使われて来た選手たちも、ようやく収穫の時期でしょうか

  3. 凹んで より:

    フレッジがPK取られたのは、厳しいと感じました。ただ、全体的にはガナーズがやや
    押し気味だったと思います。ジャカのシュートは、相手DFに当たってるように見えるくらい、凄まじい曲がりでしたね!

  4. よしだよし より:

    アーセナルが有利ですね。
    しかし何が起こるかわからないのがプレミアなので
    CL権争いは要注目ですね。

  5. プレミアリーグ大好き! より:

    見終わった。やはりMan.Utd. の選手の質は高い。って前回の試合で書いたらキショい民度警察が出てきて囚人宜しく番号でよばれたので今日は相手のことはいいや。

    ジャカのミドルをデヘアのミスだと、物知っている風情のネビルが1000回ぐらい言っていたけどどうだろう。ホンダのFKを見誤ったセーレンセンのことを、物知ってる風情のオシムがぼろくそ言っていたのを思い出した。

    ベイスボールを楽しむものとしてはナックルというただのスローボールにしか見えない魔球に馴染みがある。ヨーロッパ人が知らないやつ。100マイルを超える球を軽くはじき返す化け物たちが全く触れることができない。

    川口はベルナンブッカーノのFKを空振りするように止め損ねた後に「僕の技術ではあの球を止めることができない」と言っていた。

    テレビの画面ではわからない軌道をボールが描いたんじゃないかと思ってます。正面に実際に立たないと分からない。無回転ではなかっけど、デヘア程の怪物が戸惑うような。やっと出たジャカ砲。重要な試合で Thanx a bunch

    ラムジー、ラカゼット・・・試合を通して本当によくやってくれた。

    コシエルニー・・・君の復活が今季最高の補強だよ。なにげに。

    レノ・・・アーセナルを見てるとGKが試合を決める、というケースにはあまり出くわさない。クリーンシートで終われたのも今日の彼にふさわしかったと思います。MOTM 文句なし。

    —–
    我々は、勝利に値しないような試合に勝ってきた。今日は、負けるのに値しない試合で敗れた。

    オーレの、この言葉に納得。
    モウの時のアーセナル戦はデヘアがいつも助けてくれて引き分け狙いだった。今日はボールを自分たちでワンタッチを絡めて動かす時間もあり、内容はすごく良かった。それでも、チャンスらしいチャンスさえなかったパリ戦に勝ち、こちらはノーゴール。これがフットボール。悔しいけど、これだから俺たちはフットボールを愛してるんだよ。臭すぎ。
    ジャカおめでとう。何てシュートだ。

  6. りっきー より:

    オープンな展開でめちゃめちゃ面白い試合でした!
    レノが本当に素晴らしかったのとポストに助けられましたね。
    後半2点目が入るまでは全くシュートも打てず苦しい時間でしたが選手達は気持ちを見せてくれたと思います。
    ただし課題も散見されました。
    ジャカ、ラムジーの脇のスペースを自由に使われ、ナイルズのサイドは特に狙われてましたね。
    救いは左サイドで主導権を握れていたことで攻守ともに機能していたことでしょうか。
    正直引き分けもしくは負けてもおかしくない試合内容でしたが、結果がほしいこのタイミングで3ポイントは本当に大きいです。

コメントを残す