イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

ベストはゴールの奪い合いとなったあの一戦!プレミアリーグ2015-16・心に残るベストマッチ10選!【後篇】

「事件なゲーム、感動的な一戦…プレミアリーグ2015-16・心に残るベストマッチ10選!【前篇】」より続きます。あらためて、今シーズンのさまざまな試合をチェックしていて思ったのですが、昨季後半戦のチェルシーと今季のレスターには共通項が多く、守備がよくなってからのラニエリ監督のチームは、モウリーニョさんなら退屈といわれていた試合も多いんですよね。ジエゴ・コスタとヴァーディ、マフレズとアザール、ドリンクウォーターとセスク、カンテとマティッチ、汗かき役という意味でウィリアンと岡崎慎司とミッションが近しい布陣で、「いわゆるトップ下の司令塔を置かない」「カウンターができるストライカー&得点力のあるドリブラーで直線的に攻める」「ミドルレンジのスペースを埋める守備」といったあたりは似ています。

「強すぎるヒール役のモウリーニョVS全員で必死に戦う選手たち&とにかく明るいラニエリ」というサイドストーリーを外して試合を見れば、プレミアリーグを制したのは、2年連続で強固な守備をベースに速攻でゴールを奪ったチームだったともいえると思います。強いていえば、リードするとスローに落として試合を殺しにいくチェルシーに対して、そこまで余裕がなかったレスターはセーフティリードをめざして追加点を奪いにいっていた、という違いはあるものの、根本の思想を突き詰めれば、モウリーニョさんとラニエリさんはがっちり握手できるはずです。ただし、この話には「攻撃力も守備力も抜群にレベルが高かった2014-15シーズン前半戦のチェルシーは、近年のプレミアリーグでは最強だった」とも添えたいと思います。もとい、本題に戻りましょう。「心に残るベストマッチ」最終盤の5試合です。

■2016年2月29日   キャピタルワンカップ決勝 マンチェスター・シティ1-1(PK3-1)リヴァプール

ペジェグリーニ監督最後のタイトルであり、クロップ監督の最初のチャレンジとなったこの試合を外すことはできませんでした。レッズは気合いが入りすぎ、マンチェスター・シティはリスクをとらずに戦っており、両者のよさが出た試合ではなかったものの、それもまた、決勝戦らしさなのかもしれません。オープンな展開となった延長戦は、リヴァプールにもチャンスはあったものの、マンチェスター・シティが優勝すべき内容だったと思います。クロップ監督の初年度は、2つの準優勝で終わってしまいました。

■2016年3月5日  プレミアリーグ第29節/トッテナム 2-2 アーセナル

ラムジーのラボーナ、アルデルヴァイレルトのゴールを呼び込んだラメラのボレー、ハリー・ケインが左サイドから放ったミドル、前線に抜け出したアレクシス・サンチェスが淀みない動きで決めた同点ゴールと、とにかく素晴らしいシュートが多かった一戦。コクランの退場でトッテナムに傾いた流れを食い止めたアレクシスのプレイには、絶対に負けたくないダービーならではの必死さが溢れていました。水色が一方的に攻める試合が増えたマンチェスターと違って、マージーサイドダービーとノースロンドンダービーには外れがありません。

■2016年3月14日  プレミアリーグ第30節/レスター 1-0 ニューカッスル

この前後に4試合連続で1-0勝利としぶとさを発揮し、アーセナルに白旗を揚げさせたレスター。「降格候補に辛勝」ともいえるこの試合を選んだのは、もちろん「岡崎慎司のオーバーヘッド」です!プレミアリーグ5ゴールは本人としては不満だとは思いますが、最後まで走り抜いて優勝に貢献したキャリア最高のシーズンでもあったのではないでしょうか。

■2016年3月20日  プレミアリーグ第31節/ニューカッスル 1-1 サンダーランド

いい試合というより、いい雰囲気というほうがぴったりかもしれません。来季は観られなくなるタインウェアダービー。緊張感の高いゲームに強いデフォーが先制すると、残り7分でミトロヴィッチが執念のヘディングシュートを決めて同点。80メートル以上走り続けたデフォーのゴールセレブーションと、最後のニューカッスルの猛攻にテンションが上がりました。このときは、サンダーランドが終わったとばかり思っていたのですが…。ここからの8試合を3勝4分1敗とがんばった彼らは、最終節を待たずして残留を決めました。チームを牽引したジャーメイン・デフォーが、来季のテレビ放映権料160億円以上をゲットしてくれたと思えば、元イングランド代表ストライカーは最高のお買い物です。

と、ここまで9試合を紹介してまいりましたが、最後に私のベストマッチを。「これぞプレミアリーグ!ぜひ観てください」とおすすめしたくなるゲームです。

■2016年1月13日  プレミアリーグ第21節/アーセナル 3-3 リヴァプール

10分という時間は、シャツを脱いでイエローをもらうには早すぎます。左足のシュートを決めたフィルミーノは、よっぽど気合いが入っていたのでしょう。14分にニアの「ここしかない」コースを射抜いたラムジーのゴールは彼らしさ爆発。フィルミーノの完璧なミドルでレッズが勝ち越すと、ジルーのワンタッチゴールと振り向きざまの左足でアーセナルが逆転。このまま終わるかと思いきや、90分にベンテケの落としに走り込んだジョー・アレンが同点ゴールと、二転三転のゲームには劇的なフィナーレが待っていました。両者とも気合い充分で、ゴールシーン以外にも美しい攻撃が多く、ドラマ性は文句なし。今でも観るとゴールが決まった瞬間、思わずガッツポーズをしてしまう(どちら目線?)最高にご機嫌なゲームでした。

いかがでしたでしょうか。これ以上、こんな話を続けていると、誰かと呑みながら語りたくなってしまいますので、このへんでお開きとしましょう。最後に、ベストマッチの後の両監督の言葉を紹介して、この稿を締めさせていただきます。今季もおもしろかったです、プレミアリーグ!

「簡単には忘れられない素晴らしい試合だった。序盤は完璧とまではいわないが、相当よかった。後半は、ジルーが見事だったね。もっと集中して守らなければいけなかった。妥当なドローだと思う。…私はアーセンに、自分がなぜ感情的になっているかを伝えていたんだ。明らかにわれわれのスローインなのに、レフェリーはちゃんと見ていなかった。アーセンは、私が彼に目がついてるのか尋ねたのを咎めたかったみたいだね」(ユルゲン・クロップ)
「結果には不満があるけど、パフォーマンスに落胆しているわけではない。不安を抱えて試合に入ってしまい、最初の20分は劣勢だった。残念だったのは、4-2にできたはずの3つのシーンで誤った選択をしてしまったことと、終了間際の失点だ。両チームが全力で戦った互角のゲームだったね。…彼(=クロップ監督)に落ち着くようにと話しかけた。そうしないとレフェリーにスタンド行きを命じられてしまうよ、とね。ここはピッチ脇が狭くて、われわれの距離が近くなりがちだ。彼は第4のレフェリーと問題を抱えていた。理由はわからない。彼が説明するだろう」(アーセン・ヴェンゲル)

おもしろいと思っていただけた方だけで結構です。お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけるとうれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“ベストはゴールの奪い合いとなったあの一戦!プレミアリーグ2015-16・心に残るベストマッチ10選!【後篇】” への3件のフィードバック

  1. ガナーズとレッズのスリリングなゲームを一位に選んでいただきありがとうございました!自分もこの試合は観ていてワクワク、ドキドキ感満載でした。

    この試合、クロップさんプレミアデビューから数試合しか経っていなかったと思いますが、フェルミーノをゼロトップに据えてのプレッシングサッカーは、流石でした。今見てもそれぞれのゴールシーンにはゾクゾクします。そして何より気持ち良かったのは、両監督がお互いをレスペクトしあっていた点です!それはゲーム後のコメントにも現れてますね!

    来シーズンも沢山の熱戦を期待したいですね!

    —–
    ベストゲームとして挙げていただいた試合を現地観戦してきました。

    1月のリバプールでのナイトゲームは、試合開始前から断続的に雨が降り続け、終了間際には雪になるなど、ダウンジャケットの下にホッカイロを6個貼っても、ハーフタイムは座っているだけだと耐えられないくらい激寒でしたが、ご指摘のとおり試合は恒例の終了間際のYNWAも歌い忘れられてしまうくらい激アツでした。

    最後のアレンのゴールは反対サイドだったのでよく見えませんでしたが、目の前でのフィルミーノの2ゴールとジルーの美しいシュートは忘れられません!!!

    レッズはコウチがケガで不在、一方のガナーズはエジルが絶好調で試合前はボッコボコにやられてしまうんじゃないかと不安だったのですが、この試合はエジルにそれほどキレがなく、サンチェスの不在、メルテザッカーの足元をレッズが果敢について、上手く試合を運べたのかと個人的には思っています。
    あと最後のアレンのシュートはもちろんですが、それ以上にヘンドの正確なフィードが感激物でした!

    それにしてもこの試合からジルーがしばらく得点できなかったのは信じられません。
    何かあったのでしょうか?

  2. makoto より:

    プレミアリーグ大好き!さん>
    そうですね。フェアで熱のこもったナイスゲームでした。ゴールシーンは、どれも素晴らしかったですよね。

    イスタンブールよりさん>
    おお、それは最高でしたね!うらやましいです。ヘンダーソンのベンテケへのフィードですよね?あれは、すべてが狙い通りのゾクゾクするシーンでした。

    ジルーについては、推測ですが、勝ち点を落とす試合がいくつかあったなかで、チームの雰囲気が悪くなったこと(=エジルが苛立つシーンは明らかに増えました)、ボスがスタメンから外す試合を増やしたのが堪えたことなど、精神的な問題だったのではないかと思います。

  3. そうです!ヘンドからベンテケへのフィードです!!!

    ジルーは試合前の様子からすると、フランス人らしいと言えばらしいのですが、かなり我が強そうな印象を受けました。
    エジルも周囲をまとめると言うよりかは、「自分の仕事すればいいよね?」という雰囲気でした。
    対照的にメルテザッカーは何とかチームをまとめようとする素振りが印象的でした。

    やはりフィールドプレーヤーに一人はリーダーシップを発揮できる選手がいないと、「チーム」としてまとまることはかなり難しいのではないでしょうか?
    そうなるとチェルシーがテリーを残した方がいいかもしれないですね。
    ただプレーもある程度伴わないとなので・・・。

makoto へ返信する コメントをキャンセル