イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

地元メディアの記者が絶賛!リヴァプールの輝かしい未来を築く4人の若きターゲットに注目!

ヨアキム・メーレ、ドニエル・マレン、ジェレミー・ドク、アレクサンデル・イサク。プレミアリーグファンにはなじみのない名前ばかりですが、「リヴァプールのこの夏のターゲットで、総額9400万ポンド」といわれると、興味が湧いてきます。地元メディア「リヴァプールエコー」のジョシュ・ウィリアムズ記者が、それぞれのストロングポイントと評価額をレポート。さっそく、ひとりずつチェックしてみましょう。

アタランタに所属するヨアキム・メーレが獲得候補に挙がっているのは、リーズ、サウサンプトン、アストン・ヴィラ、バーンリーに注目されているネコ・ウィリアムズが退団を希望しているからです。リヴァプールは、ウェールズ代表のSBに対して1000万ポンドのオファーがあれば受けるといわれており、ディールが成立すれば、トレント・アレクサンダー=アーノルドのローテーションオプションは補強必須となります。

2021年の冬のマーケットで、アタランタに加入したメーレは24歳。ヘンクからアタランタというキャリアは、レスターで活躍しているカスターニュと同じルートです。主戦場は右のフルバックですが、WBと左サイドもこなせる器用な選手で、ロバートソンが不在の際にも選択肢となります。セリエAに移ってから半年しか経っていないため、交渉の難易度は高そうですが、ユーティリティの高いSBが1170万ポンドならチャレンジしない理由はないでしょう。

PSVアイントホーフェンのエースにのし上がったドニエル・マレンは、情熱的なグーナーなら覚えているのではないでしょうか。2015年からの2年はアーセナルに所属し、U-18プレミアリーグやFAユースカップで活躍。2016-17シーズンには35試合12ゴール7アシストという数字を残したものの、あろうことかガナーズはオランダのクラブに50万ポンドというバーゲン価格で売却してしまいました。

2018-19シーズンのエールディヴィジで31試合10ゴール、後半戦を棒に振った2019-20シーズンは14試合11ゴール。フィテッセ戦で1試合5発を決めたとき、頭を抱えたグーナーは少なくなかったはずです。昨季はエールディヴィジ32試合19ゴール8アシスト。ウイングもセンターもこなす22歳のスピードスターは、1年以内に全員が30歳になるフロントスリーの後継者としてうってつけの存在です。「リヴァプール・エコー」の記者が書いた2700万ポンド(約41億5000万円)がリアルならば、ライバルクラブの目が向かないうちに押さえるべきでしょう。

サラーとマネの後を継ぐ存在として、もうひとり獲っておくならば、ベルギー出身の19歳FWジェレミー・ドクもおもしろそうです。2019-20シーズンはアンデルレヒトでジュピラープロリーグ21試合3ゴール3アシスト、昨季はレンヌでリーグアン30試合2ゴール3アシスト。一見パッとしないスタッツですが、鋭いドリブルはムバッペ以上といわれています。

母国ベルギーからリーグアン、プレミアリーグというキャリアアップを実現させれば、エデン・アザールと比較される機会が増えるのではないでしょうか。レッズにとっては、以前にも獲得を検討したターゲット。得点力に磨きがかかる前に、2000万ポンドで獲っておくというプランは、確度が高いギャンブルといえるのではないかと思います。

最後のひとりは、レアル・ソシエダで34試合17ゴール2アシストとブレイクした21歳のストライカーです。スウェーデン代表のアレクサンダー・イサクは、ユーロ2020のスペイン戦とスロバキア戦で評価を高めており、ノックアウトラウンドでゴールを決めれば3600万ポンドという移籍金は高騰してしまうかもしれません。

ジョシュ・ウィリアムズ記者は、「クロップ就任以降、存在しなかった正統派ストライカー」と表現しており、あまりにも不運だったダニー・イングスが成しえなかったゴール量産を期待したい逸材です。ドニエル・マレン、ドガ、イサクから2人を選べといわれれば、大いに悩みますが、スピードと流動性が求められるクロップのフットボールにおいては、マレンとドガが妥当なのではないかと思われます。

前線を2人獲得して、中盤にティーレマンスかノイハウスを加え、メーレを獲得したうえでナサニエル・フィリップスを残留させられれば、レッズは来季もプレミアリーグの優勝候補に名を連ねるでしょう。マイケル・エドワーズSDとクロップ監督のジャッジに注目しましょう。(ドニエル・マレン 写真著作者/ joshjdss)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“地元メディアの記者が絶賛!リヴァプールの輝かしい未来を築く4人の若きターゲットに注目!” への1件のコメント

  1. ゆうま より:

    グーナーとしてはドニエル・マレン売却は勿体なかったと思いますが
    代理人がライオラ氏なので仕方がないよねって感じですね

ゆうま へ返信する コメントをキャンセル