イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

「クラブとして合理的に判断してほしい」…クルトワの代理人が、チェルシーに売却を迫る!

あと5日で、移籍は成立するのでしょうか。「Thibaut Courtois’ agent calls on Chelsea to accept Real Madrid offer(ティボ・クルトワの代理人が、レアル・マドリードのオファーを受け入れるようチェルシーに要求している)」。イギリスメディア「スカイスポーツ」が、チェルシーの守護神の代理人を務めるクリストフ・ヘンロタイ氏のコメントを紹介しています。「何を読んでも、チェルシーがティボ次第といっていると書かれているけれど、レアル・マドリードに移籍するのが最良の選択肢だとティボははっきりさせているじゃないか」。プレミアリーグ126試合出場のベルギー代表GKは、交渉が進展しないことにしびれを切らしているのでしょう。ヘンロタイ氏の言葉には、彼の顧客から感じ取ったであろう切実さがにじみ出ています。

「家族のそばにいたい彼にとっては、大きな決断なんだ。チェルシーにとっても、受け入れるべきオファーなのではないか」「(チェルシーから受け取る)お金のためにいっているのだろうという意見も見かけたけど、移籍によってサラリーを増やすことだってできる。もっといいオファーを断ってるんだ。経済的な話よりも大事なことだから」

今、サインすればフィーを手に入れられるけれど、次の夏になればもらえなくなるじゃないか…クラブとして合理的な判断をしてほしいと訴える代理人の声に対して、チェルシーは沈黙しています。彼らの最大のテーマは、クルトワ売却の妥当性ではなく、代役獲得の可能性です。ファーストチョイスだったイングランド代表GKピックフォードは、エヴァートンのガードが固く、契約延長に向かっているようです。

レスターのカスパー・シュマイケルも、おそらくNG。プレミアリーグ経験があり、クルトワレベルのクオリティを期待できる人材となると、ストークのジャック・バトランドぐらいしか候補は見当たりません。チャンピオンシップに降格したポッターズのローウェット監督は「移籍期間の最後に何かが起こる可能性がある」と半ば観念したようなコメントを残しており、コミュニティシールドが終わったタイミングで、新しいニュースが飛び込んでくるかもしれません。

数年前、ダヴィド・デ・ヘアのレアル・マドリード移籍話に落ち着かない日々を過ごした者としては、売ることの是非を軽々に語れない気分があります。長くチェルシーに残ってほしい、クルトワをプレミアリーグで観たいというファンの方は、時間切れを期待しながら成り行きを見守っていることでしょう。とはいえ、3200万ポンド(約46億6000万ポンド)でクルトワを売り、3000万ポンドで降格クラブからバトランドを引き入れるというディールは、いかにも成立しそうに見えます。「チェルシーが代役を獲れずにクルトワ残留、欧州王者が別なGKを獲得、マドリード行きの可能性は消えたと判断したクルトワが契約更新」となれば、サポーターの願いは叶うのですが…。ザハを狙っているといわれるウェストロンドンのクラブが、デッドラインデー直前の主役となりそうです。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“「クラブとして合理的に判断してほしい」…クルトワの代理人が、チェルシーに売却を迫る!” への1件のコメント

  1. 名無し より:

    ジエゴ・コスタはロンドン暮らしに耐えきれずに去り、適応してたと思えたクルトワもやはりですか。家族が待つとなればなおさらでしょう。個人的には帰してあげたいですが。

    —–
    ここまでスペインに帰りたがってる様子を見ると例え今シーズン残留となっても(サッリマジックでもない限り)契約延長はしないように思えるので、チェルシーがフリーで出す覚悟があるのかどうかですね。その覚悟があれば後1年かけて後任探しが出来るでしょう。
    リバプールファンとしては、クルトワには早急にマドリーに行ってもらい来年以降のアリソンへのちょっかいの可能性を無くして頂きたいところですが笑

コメントを残す