イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

得意のカウンター炸裂!マンチェスター・ユナイテッドが4発ゲットでレアル・ソシエダに圧勝!

「プレミアリーグが優先です」と、あらためて釘を刺すような先発リストです。ヨーロッパリーグのラウンド32、レアル・ソシエダVSマンチェスター・ユナイテッド。中立地のユヴェントス・スタジアムで行われるアウェイゲームに臨むスールシャール監督は、国内では見られない変則的な並びをチョイスしています。GKディーン・ヘンダーソン、DFワン=ビサカ、バイリー、マグワイア、アレックス・テレス。中盤センターにフレッジとマクトミネイ、2列めはダニエル・ジェームズ、ブルーノ・フェルナンデス、ラシュフォード、最前線にグリーンウッド。プレミアリーグ2位のクラブがスロースタートを志向するかと思いきや、序盤からアグレッシブな攻め合いとなっています。

ラ・リーガで5位のレアル・ソシエダは、プレミアリーグファンにはおなじみのダヴィド・シルヴァ、ヤヌザイ、モンレアル、メリノがプレイしているチームです。2分にバイリーのミスを突いたイサクが右から上がってきたヤヌザイに流すと、ファーを狙ったコントロールショットは惜しくも外。ディーン・ヘンダーソンのキックを追ったラシュフォードがスベルディアを競りつぶすと、左足のシュートは足元に飛び込んできたGKレミーノに阻まれました。サイドを崩そうとするマンチェスター・ユナイテッドに対して、レアル・ソシエダは直線的な速攻で対抗しています。

15分に懐かしいヤヌザイがCKをニアに入れると、こぼれ球を蹴り出したマグワイアが冷静でした。直後のマンチェスター・ユナイテッドのチャンスは、敵陣で奪ったショートカウンター。右サイドに張っていたブルーノ・フェルナンデスが、マクトミネイに預けたタイミングが秀逸でした。2人かわしてボックス右に入ったセントラルMFの強烈なシュートは、レミロが足でブロック。22分に単独ドリブルでゴールに猛進したイサクは、追いすがったマグワイアのスライディングに阻まれ、ディーン・ヘンダーソンと対峙する形に持ち込めずに終わりました。

19分、アレックス・テレスが自陣から出した長いスルーパスで、縦に突破を図ったのはブルーノ・フェルナンデス。左からのラストパスでレミーロと1対1になったラシュフォードは、中央でノーマークという絶好のチャンスで工夫のないフィニッシュをGKに当ててしまいます。浮いたボールをブルーノがヘッドで叩くと、ゴールラインまで戻ったル・ノルマンがクリア。ビッグタイトルを獲得したければ、1対1を2回も逃してはいけません

27分、ラシュフォードが左から浮かしたボールがボックス左に落ちると、ル・ノルマン、スベルディア、GKレミロが交錯してしまい、GKの背後でブルーノ・フェルナンデスが奪取。右足のシュートがネットに突き刺さり、アウェイチームが待望の先制ゴールをゲットしました。38分、ボックス右を崩したイサクが中に折り返すと、モンレアルの前でグリーンウッドがクリア。CKをカットされた後、ニアに転がったボールをスベルディアがダイレクトで叩くと、コースに入ったマグワイアが跳ね返しました。

前半は0‐1で終了。マンチェスター・ユナイテッドは、5本のシュートをすべて枠内に収めています。後半開始直後の47分、ル・ノルマンのミドルはディーン・ヘンダーソンが正面でキャッチ。ホームチームがボールを保持する時間が増えています。53分、左からのクロスに合わせたダヴィド・シルヴァのボレーはミートせず、浮き上がったボールをディーン・ヘンダーソンがパンチしました。56分、フレッジが左のラシュフォードに展開し、カウンターが発動。斜めに入ったボールをスルーしたブルーノ・フェルナンデスがダニエル・ジェームズの落としに反応し、ダイレクトショットを右隅に流し込みました。

60分に足を痛めたマクトミネイが退き、マティッチがセンターへ。マンチェスター・ユナイテッドの3点めは64分でした。ディーン・ヘンダーソンのスローを受けたフレッジが素晴らしいスルーパスを前線に送ると、レミーノと3度めの1対1を迎えたラシュフォードが右脇に流し込みました。10番は68分にお役御免となり、左サイドにマルシアル。アウェイチームは、このまま終われれば文句なしです。80分にブルーノ・フェルナンデスがドリブルで上がったカウンターは、ラストパスを右でもらったダニエル・ジェームズの一撃をレミロが足でブロックしました。

83分、笑顔のブルーノと悔しそうなグリーンウッドが下がり、ファン・マタとアマド・ディアロが登場。90分、バイリーのフィードを右サイドで受けたダニエル・ジェームズがドリブルでボックスに斬り込み、GKの股間を抜く狙い通りの一撃が左のサイドネットに届きました。マンチェスター・ユナイテッド、オンターゲット10本で0‐4圧勝!レアル・ソシエダはシュートの精度が低く、ディーン・ヘンダーソンが慌てるシーンはありませんでした。

プレミアリーグで最もカウンターを決めているチームが、自陣からのロングフィードを秒速で持ち込む鋭いアタックで4発ゲット。レミロに1対1を4回阻まれたことは、忘れていいでしょう。来週のホームゲームをサブの選手中心でやり過ごせれば、週末のチェルシー戦をいいコンディションで迎えられるのではないでしょうか。ブルーノ・フェルナンデス、ラシュフォード、フレッジ、ダニエル・ジェームズ…素晴らしい!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


コメントを残す