イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

オーバメヤン、痛恨のミス!ベンフィカのプレスに苦しんだアーセナルは、1-1ドローで来週勝負!

ヨーロッパリーグのラウンド32はメンバーを落として戦いたいところですが、百戦錬磨のベンフィカとのアウェイゲームとなれば、ベストメンバーを揃えざるをえません。アルテタ監督の11人は、4ゴールで快勝したプレミアリーグのリーズ戦と同じ顔ぶれです。GKレノ、DFベジェリン、ダヴィド・ルイス、ガブリエウ・マガリャンイス、セドリク・ソアレス。センターはダニ・セバージョスとジャカ、2列めはサカ、スミス・ロウ、ウーデゴーア、最前線はハットトリックを決めたばかりのオーバメヤンです。

最初の5分は、アーセナルのハーフコートマッチ。右サイドで軽快なパスワークを見せているサカとベジェリンに、決定的な仕事をしてくれそうな雰囲気が漂っています。9分のジャカのスルーパスは、ラインの裏を狙ったサカに届かず。ウーデゴーアが12分に仕掛けた速攻は、サカにパスが出た後、ベンフィカ守備陣がうまく遅らせました。

18分、ロングフィードをオーバーヘッドで処理しようとしたベリッシモが空振りし、スミス・ロウが抜け出しかけた瞬間、飛び出したGKレイチが先着してクリア。直後にダニ・セバージョスのスルーパスでベジェリンが右サイドを突破し、完璧なグラウンダーがファーに転がると、フリーで入ってきたオーバメヤンがまさかのミスタッチで左に外してしまいました。27分、ダニ・セバージョスが右のベジェリンに展開。落としをもらってファーを狙ったサカのミドルは、レイチの守備範囲です。

32分、ボックスの左コーナーで縦パスをキープしたダルウィン・ヌニェスが中に斬り込んで右足を振り抜くと、コースを読んでいたレノがファンブルしながらも懐に収めました。ベンフィカのプレスが厳しくなり、ガナーズの最終ラインは縦パスを通せなくなっています。39分、サカとのワンツーで縦に抜けたベジェリンのグラウンダーは、フェルトンゲンがカット。こぼれ球に素早く反応したスミス・ロウのキックも、プレミアリーグでライバルクラブにいたCBが足に当てました。

45分に自陣でグリマルドにインターセプトされ、左サイドからフリーでクロスを入れられますが、必死に戻ったダニ・セバージョスがクリアしました。前半は0-0。シュート数は2対3で、立ち上がりは攻めていたアーセナルは前に出られなくなりました。後半最初のチャンスは47分、ベンフィカのサイドアタック。右にいたラファ・シウヴァのパスがピッツィに通ると、ひとりかわしてクロスに打ったシュートはレノが落ち着いてキャッチしました。

52分、ベジェリン、ダニ・セバージョス、サカとダイレクトにつながったチャンスは、サカのフィニッシュが右のポストの外。ベンフィカが先制したのは、1分後のショートコーナーでした。ゴンサウヴェスのクロスが、スミス・ロウの腕に当たってPK。ピッツィのキックは、レノが伸ばした手の先を抜けていきました。ガナーズの反撃は57分。ボックス右に出たサカのパスがスミス・ロウに届かず、終わったかと思われた直後にオーバメヤンが拾い、ジャカが左に展開。セドリク
のクロスをサカが左足で押し込み、アウェイチームは2分も経たないうちに同点に追いつきました。

62分に中央からドリブルで抜けたラファ・シウヴァの一撃は、レノが右に飛んでビッグセーブ。1分後、ウーデゴーアのパスでオーバメヤンがボックス右に抜けると、左隅を狙ったシュートはファーポストの外に切れていきました。アルテタ監督は、64分にセドリクをティアニーにチェンジ。74分にガブリエウのロングフィードでオーバメヤンがラインの裏に出るも、切り返しをベリッシモにさらわれ、シュートを打てません。

77分、オーバメヤンとスミス・ロウに代わってマルティネッリとニコラ・ペペ。攻めあぐんでいるチームを見ていたアルテタ監督は、ウーデゴーアとダニ・セバージョスを下げ、ウィリアンとエルネニーを入れてドロー決着をめざします。最終盤は両者ともシュートがなく、1-1。勝負はセカンドレグに持ち越しとなりました。

序盤はよかったものの、ベンフィカのプレスの徹底度が上がると、前と後ろを分断されたアーセナル。サイドで優位に立ってもクロスの精度が低く、オンターゲット2本に抑えられました。アウェイゴールを決めることができ、悪くない結果ではありますが、オーバメヤンがいくつかのチャンスを活かしてくれていればと悔やまれるゲームでもありました。

アテネのスタディオ・ヨルギオス・カライスカキスで行われる次のゲームで、前線の流動性を高めて縦に入るボールを増やせなければ、チャンピオンズリーグ出場権に続くルートを失う可能性があります。交代策が空振りに終わったアルテタ監督に、オプションはあるのでしょうか。ラカゼットを使わなかった指揮官の戦術に注目しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“オーバメヤン、痛恨のミス!ベンフィカのプレスに苦しんだアーセナルは、1-1ドローで来週勝負!” への1件のコメント

  1. トマシュ より:

    ミケル、何考えてる??

    19歳、出ずっぱり、ジャック・ウィルシャー・・・ブカヨ・サカ
    つぶれるんじゃないかしら。ご多分に漏れず。

    怪我人が2人だけ、と思ったらそれが飛車(KT)と角(パーテイ)。なんなんだろ、このチーム。KTは帰って来たみたいだけども。ここからって時に主力がいなくなる、例のお約束はむしろこれからかな。

    2試合連続でおなスタメン。自分は支持できないです。状態のよかったペペとラカゼット。試合勘の必要なマルティッリ。こんな使い方してたんじゃフィットネスは下がるだけだよ。

    結果、内容よりもセレクション。大いに疑問があります。

コメントを残す