イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

ムバッペ&ネイマールのカウンター炸裂!敗れたリヴァプールはアンフィールドで勝負!

ジョー・ゴメスは右サイド、CBにはデヤン・ロブレンです。チャンピオンズリーグ2018-19シーズン、グループステージ5節。リーグアンで全勝のクラブが、本拠地パルク・デ・プランズにプレミアリーグ無敗チームを迎える大事な一戦が、間もなく始まります。クロップ監督は、サラーを前に残してフィルミーノを深い位置でプレイさせるのでしょうか。GKアリソン、DFジョー・ゴメス、デヤン・ロブレン、ファン・ダイク、ロバートソン。アンカーにヘンダーソン、インサイドMFはミルナーとワイナルドゥム。前線にサラー、フィルミーノ、マネが並びます。キックオフから、しきりにラインの裏を狙うホームチーム。今日はアリソンが忙しくなりそうです。最初のシュートは、縦パスでボックス右に入り込んだムバッペ。プレミアリーグ5失点と堅守のチームは、若き7番とカバーニの動きに気をつけなければなりません。

6分、ディ・マリアが右隅を狙ったミドルは、アリソンがセーブ。縦1本でスプリントしたサラーは、惜しくも先に触れません。12分にネイマールとのパス交換からムバッペがシュートを放ったパリは、1分後にあっさり先制点をゲットしました。左に出たムバッペのグラウンダーをファン・ダイクがカットすると、ボックス左でベルナトが拾って中に斬り込みます。ミルナーとジョー・ゴメスが着いていたのですが、右足のシュートはSBに当たってアリソンの逆を突いてしまいました。1-0、なおも攻めるパリ。今日の彼らは、欧州屈指の攻撃力を如何なく発揮しています。

今日のレッズはきれいな4-3-3です。22分、敵のボックス内でマネがキンペンベから奪い、右サイドを走ったミルナーがニアのサラーにグラウンダーを通すと、ニアを狙ったシュートはポストの外。26分、出ましたジョー・ゴメスのロングスロー。スローインコーチのグラネマーク氏に鍛えられた飛び道具は、ここぞというシーンで武器になるのではないかと思われます。徐々にポゼッションが増えていたリヴァプールは、30分にミルナーが右サイドで奪われ、カウンターを喰らいます。ドリブルで持ち込んだネイマールが左のムバッペを使うと、カバーニに出たグラウンダーはアリソンが飛び出してぎりぎりでセーブ。しかし37分、ネイマールを起点とした2度めのカウンターがきれいに決まってしまいます。

左から上がったネイマールが外を並走するムバッペに預け、7番は右足アウトにかけたラストパスをフィード。中央に走り込んだカバーニのプッシュはアリソンが胸で止めますが、こぼれたボールに反応したネイマールが無人のゴールに流し込みました。44分にヘンダーソンがラインの裏に出した浮き球はいいボールでしたが、サラーが処理できずブッフォンがキャッチ。44分にマネがディ・マリアと競って転倒したシーンは微妙でしたが、レフェリーはPKを指示し、ミルナーが左隅に突き刺します。前半は2-1。プレミアリーグ2位チームにとって、最後にもらった初めてのオンターゲットは、ギャップを1点に詰める貴重な一撃でした。

ハーフタイムでナポリはツルヴェナ・ズベズダに2-0。このまま終われば、レッズは3位に転落します。キックオフからパリがラッシュ。レッズはサイドアタックに活路を見出そうとしますが、ムバッペとネイマールが仕掛ける速攻をケアしなければ、同じような形からもう1発やられます。56分、マネとのコンビでロバートソンがボックス左を完全に崩すも、クロスはチアゴ・シウヴァがカット。レッズがペースを握る時間が続きます。ミルナーが奪った60分のショートカウンターはサラーのシュートがブロックされ、左に展開されたボールをロバートソンがニアに入れると、フィルミーノのヘッドが左に外れます。

65分、トゥヘル監督はカバーニとディ・マリアをベンチへ。プレミアリーグから来たシュポ=モティングとベテランのダニエウ・アウヴェスで、局面の打開を図ります。クロップ監督は、66分にワイナルドゥムに代え、ナビ・ケイタ。69分、ネイマールのCKでフリーになったマルキーニョスのヘッドは強烈でしたが、アリソンが右に弾き出すビッグセーブでチームを救いました。クロップ監督は、71分にフィルミーノを下げてスタリッジで勝負。78分にはミルナーをシャキリにチェンジし、サイドアタックを強化します。84分にムバッペがカウンターからドリブルシュートを放ちますが、ロバートソンのチェックが厳しくミートできませんでした。

90分、右からのFK。シャキリはなぜ打たなかったのか。92分にネイマールが狙ったFKはアリソンがセーブ。ネイマールは再三ピッチに転がって時間を遣います。追加タイムに4枚のイエローが乱れ飛び、レッズはフィニッシュなきままタイムアップ。今日は、パリの素晴らしい守備をほめるべきでしょう。チアゴ・シウヴァとマルキーニョスは判断ミスを犯さず、ヴェラッティは攻守ともにポジショニングが抜群でした。カウンターが脅威だったためにSBのオーバーラップが控えめだったレッズは、中でサラーを止められると打開策がなく、頼みのスタリッジはまったく機能しませんでした。

敗れはしたものの、もうひとつ残っています。アリソンがビッグセーブを連発してくれたおかげで、リヴァプールはアンフィールドのナポリ戦を1-0でも勝ち抜けます。次こそは、昨季のプレミアリーグやチャンピオンズリーグで見せてくれた怒涛の速攻で、イタリアの強豪を粉砕していただければと思います。今夜はパリをリスペクトしすぎただけであり、絶対に勝利が必要なゲームではやってくれると信じましょう。今季最狂の「死のグループ」は、予想通り最終節がクライマックスです。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“ムバッペ&ネイマールのカウンター炸裂!敗れたリヴァプールはアンフィールドで勝負!” への9件のフィードバック

  1. キトピン より:

    アリソンのおかげでギリギリ希望があるのが本当にありがたいですね。スコア以上に内容で負けていたので…
    プレミア勢全チーム突破の可能性はまだあるので最終節が今から楽しみです

  2. キトピン より:

    アリソンのおかげでギリギリ希望があるのが本当にありがたいですね。スコア以上に内容で負けていたので…
    プレミア勢全チーム突破の可能性はまだあるので最終節が今から楽しみです

  3. ペップの街 より:

    レッズには勝ち上がってもらわないと!
    今GLで敗退されたら、リーグに専念されて、シティが不利に・・

    なんて、くだらん理由でなく、本当に勝ち上がって欲しいです。

  4. より:

    自力での突破なら、ナポリ戦には2得点が必要ではないですか?
    アウェーでは0-1で負けてるので、優先されるのは勝ち点の次は直接対決での得失点差だと思うのですが。

  5. まさやん より:

    あさんへ
    1-0なら当該チーム間の得失点差は同じになりますので総得点でリヴァプールの勝ち上がりです。
    逆に2-1以上の1点差の勝ちなら当該チーム間のアウェーゴール数でナポリが勝ち上がります。
    ですのでリヴァプールが勝ち上がるには1-0か2点差以上の勝利が必要になるようです。

    今季はリーグ戦もそうですが強豪相手には攻撃力が発揮できてないのが心配です。
    昨季までは強豪相手の方がカウンターなど見ててわくわくできたのに、今季はそれが少ないのでなんとかまた華麗なアタックを見せて欲しいです。
    リヴァプールはギリギリの時ほど力を出してくれるので、次のナポリ戦には期待します!

  6. ああ より:

    勝ち点で並んだ場合は直接対決の勝点 アウェイゴール数 得失点差 総得点の順番で決まります
    レッズはナポリを総得点で上回っているので次節1-0でも突破です

  7. Macki より:

    まだ終わっていないので、このチームの伝統である底力に期待し、これぞレッズ!と言わせるほどのプレーをアンフィールドで観せて欲しいですね。

  8. プレミアリーグ大好き! より:

    クロップはいつまでヘンダーソンとロブレン使ってんだよ

  9. Hato より:

    敗れはしたものの爆速3トップ同士のカウンターの応酬は見応えがありました。
    守備の連携の差が大きかったですね…
    面白い試合でした…!

コメントを残す