イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

注目はノースロンドンダービーと、3部VS2部の直接対決! ~カラバオカップ5回戦組み合わせ決定

カラバオカップ4回戦の3日めに登場したのは、昨季プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティ。左SBにジンチェンコ、中盤にフィル・フォーデン、前線はサネ、ガブリエウ・ジェズス、ブラヒム・ディアスと若い選手が主体のチームは、プレミアリーグ18位のフラムを相手にポゼッション63%を記録し、シュート27本を浴びせて圧勝しました。デブライネの速いクロスに首を振ったフィル・フォーデン、中央からドリブルでDFを翻弄したガブリエウ・ジェズス、最前線でフォス・メンサーからボールを奪ってゴールに突進したサネ…。決定機を外しまくったマン・シティは、2-0という普通のスコアしか残せなかったものの、内容的には圧勝という表現がぴったりでしょう。

18分と65分にゴールを決め、ヒーローになったのはブラヒム・ディアスでした。18分のショートコーナーで、ロングクロスを競り合ったコンパニにボールが当たってこぼれると、強烈なシュートをミトロヴィッチにぶち当てて先制。サネが左にいたガブリエウ・ジェズスをゴール前に走らせたチャンスでは、ひとりかわしたブラジル人FWがフィニッシュを右のポストに当てると、こぼれ球に走り込んだ55番が左足を振り抜いて追加点をゲットしました。あらためて感じたのは、ペップのチームは誰が出てもさほどクオリティが落ちないということです。速くボールをさばけない選手はそもそも獲らない指揮官は、自らのコンセプトを若手やサブのメンバーにも体現させており、各国の代表選手が揃うフラムでもまったく太刀打ちできませんでした。

ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長がヘリコプター墜落事故で亡くなったレスターが、セインツとのホームゲームを延期させたため、現在は8強のうち7つの枠が埋まっている状態です。プレミアリーグ所属クラブは5つで、アーセナル、チェルシー、トッテナムのロンドン勢と、王者マン・シティ、好調ボーンマス。リーグ1のバートンとチャンピオンシップのミドルズブラは、ジャイアントキリングを達成することができるのか。昨日行われた抽選で、2つの目玉カードが決まりました。エミレーツで開催されるノースロンドンダービーと、バートンVSミドルズブラの直接対決です。

【カラバオカップ5回戦組み合わせ】
チェルシー VS ボーンマス
アーセナル VS トッテナム
レスター/セインツの勝者 VS マンチェスター・シティ
バートン・アルビオン VS ミドルズブラ

チェルシーはスタンフォード・ブリッジでボーンマス、マン・シティはレスターVSセインツの勝者とアウェイで戦います。ヴェンゲル監督のリーグカップ軽視は徹底しており、年末までで大会を去るのが恒例行事でしたが、エメリ監督は禁断の河を越えるのか。常に善戦しながら、タイトルを獲得していないポチェッティーノ監督は、初の戴冠で求心力を高めたいでしょう。プレミアリーグ優先のターンオーバーか、ガチンコ勝負か。1月に準決勝が入ればスケジュールがタイトになるのが見えており、控え選手のガス抜きと先々のオプション創出を兼ねて、メンバーを落としたくなるところではありますが…。

まっすぐベスト4予想をするなら、チェルシー、アーセナル、マン・シティ、ボロですが、実際に賭けるならボーンマス、アーセナル、レスター、ボロで大穴ゲットを狙います。エディ・ハウ監督のコンセプチュアルなチームや、亡き会長に勝利を捧げようと一体感を高めているチームのファイナル進出が実現すれば、サッリVSペップの最強対決に負けず劣らず盛り上がるのではないでしょうか。注目カードが揃ったカラバオカップ5回戦は、12月18日に開催されます。(ブラヒム・ディアス 写真著作者/Werner100359)

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“注目はノースロンドンダービーと、3部VS2部の直接対決! ~カラバオカップ5回戦組み合わせ決定” への1件のコメント

  1. シティふぁん より:

    更新有り難うございます。
    試合観れないのでBBCのネットのライブ中継を観て想像してましたが、内容的には圧勝だったんですね。
    ダヴィド・シルバもフェルナンジーニョも完全休養、アグエロ、スターリングも温存しながらも今日のスカッドはとてもBチームと言えない陣容でした。
    ディアス、ジンチェンコ、フォーデン、ゴメスを起用して下位チームに問題なく勝てるんなら最高なんですけど。そうなればいよいよCLが視野に入って来ます!
    それにしても英メディアの見出しはマンC勝利とか、ディアスのダブルよりも「デ・ブライネ負傷」でしたね。確かに最大の懸念です。

    —–
    デブライネ負傷が残念です
    誰が出てもやりたいサッカーができてますね
    さすがに主力メンバーと差がありますが

    スターリングが契約延長に合意だとか

コメントを残す