イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

「プレミアリーグのためにCLで負けたほうが…」あの方のご意見にクロップ監督が怒りの反論!

「BBC」にてユルゲン・クロップ監督が怒っています。チャンピオンズリーグから離脱すれば、リヴァプールはプレミアリーグ初制覇に近づけるのではないかという声に対して「It is mad」。バイエルン・ミュンヘンとの決戦を控えて、緊張感を高めているところにそんな話を向けられれば、憤るのも無理はありません。「他のクラブのコーチが、こんな質問に答えなければならないとは思えないね。リヴァプールの監督と、マンチェスター・ユナイテッド出身の評論家の間にのみ発生することだ」。話の発端は、もちろんガリー・ネヴィルさんです。「ドイツでの敗北は、プレミアリーグを初めて勝とうとしている彼らにとって好ましいことだろう」というコメントが、ビッグタイトル獲得をめざす指揮官に火を着けてしまったようです。

「彼らはいつもそんなことばかり話しているけど、理にかなっているわけではない。問題だね。オフィスやスタジオで話すのはとても簡単だ。われわれがシーズンを捨てることなく戦い抜くための最善の方法は、すべてのカップ戦を早期に抜けることだという。シーズンの終わりになって、勝ち抜けしようとせずにチャンピオンズリーグを終えるなどということが許されると思ってるのか?マジで頭がおかしいよ」

こういう話にいつも付き合わされるのは狂気だ、と語ったクロップ監督。お気持ち、お察しします。1998-99シーズンにトレブルを達成した名SBだった評論家による「CL捨てろ発言」はツッコミどころ満載。さらにもうひとついえば、現状は「プレミアリーグに特化すれば優勝に近づけるとはいえない」わけです。リヴァプールが勝ち点4差で上にいるのであれば、プレミアリーグに集中して1敗以内でフィニッシュせよという話もあるのかもしれませんが、今はあくまでも追う立場。最後まで負けずにシーズンを終えても、マンチェスター・シティに全勝されればお手上げというなかで、昨季のCLファイナリストがもうひとつの大きな夢を自ら手離す理由はありません。

クロップ監督は、チャンピオンズリーグについて極めて現実的な目線でその価値を語っていました。「It is a money-throwing competition」。お金の投げつけ合戦とでも訳せばいいのでしょうか。「チャンピオンズリーグの参加資格を常時獲得しなければならない。われわれが改善するためのお金を得られるものだからね。ナポリを倒してノックアウトフェーズに出場し、どれだけ稼げたか。たった1試合で多くのことができるようになる」。クラブビジネスの観点からも、欧州最高峰の大会は重要としたうえで、戦う上ではただ勝ちたいだけと強調しています。

「ナポリ戦の前には、一瞬たりとも考えなかった。”オー・マイ・ゴッド、クラブのために金を稼がなければならない”とはね。グループステージを通過したかっただけだ。通過した後は、”ワオ、当然だろ!”」

モー・サラーが、「リヴァプールの街とファンの夢はプレミアリーグ優勝だ。それを叶えるためなら、僕は喜んで自分の夢であるCLを犠牲にする。両方優勝できれば素晴らしいことなので、そのつもりで取り組んでいるけどね」といっておりました。二兎を追うもの一兎をも…と懸念する向きがあるのはわかります。2015-16シーズンのレスター、2016-17シーズンのチェルシーはいずれも欧州不参加で、スタメンを固定しながらシーズンを勝ち切りました。1点集中で戦ったほうが、疲労や負傷のリスクが格段に減るのは間違いありません。

しかし、今季は当時とまったく違うシーズンです。完成度が高い2強は、過去のデータを吹き飛ばしてしまうほどのハイレベルなバトルを展開(1敗のチームが2位!)。レッズの選手たちは、1年前にCLファイナルという貴重な経験を積んでいます。4冠狙いのマン・シティは公式戦10連勝、レッズも2つのビッグタイトルの頂点が見えるポジション。素晴らしいチームが、全力を出し切って勝ち、あるいは負けるところを最後まで見届けたい。チャンピオンズリーグのファイナルとプレミアリーグの最終節で、ペップとクロップが優勝を争う…そんな状況を想像するだけでもテンションが上がります。

みなさんが、この稿を読む頃にはバイエルン戦の結果は出ているものと思われます。今はただ、レッズらしいフットボールで勝っていただければと祈っています。2017-18シーズンの最終盤のプレミアリーグ8試合で12発、CLのベスト8以降で5戦11発という素晴らしい数字を残した3トップを信じて。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“「プレミアリーグのためにCLで負けたほうが…」あの方のご意見にクロップ監督が怒りの反論!” への1件のコメント

  1. ペップの街 より:

    クロップと彼のチームは結果で示してくれましたね。
    バイエルンはレッズの前線からのプレスに手を焼いて上手くビルドアップできてませんでした。
    これで4/8がプレミア勢ですか。クロップやペップはプレミアのレヴェルアップに貢献してると思います。

コメントを残す