イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

どこからどう見ても優勝チーム…数字でよくわかる「リヴァプールの史上最強2位伝説」!

「リヴァプールに、感謝している。私たちの力を押し上げてくれたからね。2シーズン通算で198ポイントを得たことに驚いている。最後の3ヵ月で14連勝を達成することができた。1ポイントも落とせなかった。このプレミアリーグのタイトルは、私のキャリアの中で最も厳しい戦いだった」(ペップ・グアルディオラ)
「われわれは、これ以上にいいシーズンを過ごすことはできなかった。相手はシティだ。簡単ではない。彼らはわれわれを突き落とせなかったし、われわれも彼らを引き離せなかった。チームは大きな一歩を踏み出した。とてもスペシャルなシーズンだった。以前に率いたドイツ王者よりもよかったね。それでも、上に1チームあるのを無視できない。クラブに新しい歴史を刻みたかったので、今の気分はいいものではない」(ユルゲン・クロップ)

プレミアリーグ2018-19シーズンの優勝争いは、史上最高に激しいデッドヒートでした。リヴァプールが先に3ポイントを積み上げ、マンチェスター・シティが直後にひっくり返すめまぐるしい首位の入れ替わりは、まるでPK戦。プレミアリーグ14連勝で連覇を果たしたマン・シティが、昨季に続いて史上2度めとなる「全クラブから勝ち点3をゲット」を成し遂げて、いつまでも見ていたいガチンコバトルに終止符を打ちました。

2位に終わったリヴァプールのさまざまなスタッツを見ると、彼らがいかに優勝にふさわしいチームだったかがよくわかります。プレミアリーグに関する各種データを提供している「Opta」の数字をチェックし、「史上最強2位伝説」ともいうべきトピックスを紹介しましょう。

30勝7分1敗で2位という信じられない着地となったレッズの勝ち点は97。これは歴代3位のハイスコアで、上にいるのは100ポイントに到達した昨季のマン・シティと、1ポイント上だった今季の優勝チームだけです。過去最強の2位は、2011-12シーズンにマン・シティと同勝ち点で優勝を逃したマンチェスター・ユナイテッドで、レッズより8つも下の89ポイントでした。2018-19シーズンのリヴァプールとマンチェスター・シティは合わせて5回しか負けておらず、もちろん史上最少です。

個人のスタッツを見ても、リヴァプールはさまざまなレコードを打ち立てています。プレミアリーグ初年度のアリソンは21回のクリーンシートを記録しており、2004-05のチェフと2008-09のファン・デル・サールに並ぶタイ記録。ドリブルでイヘアナチョをかわそうとして奪われた4節のミスが、今さらながら悔やまれます。最終節で2アシストのトレント・アレクサンダー・アーノルドは、DFとしては新記録となるシーズン12アシスト。逆サイドのロバートソンも11アシストを積み上げ、レイトン・ベインズ&アンディ・ヒンチクリフのエヴァートン勢と並んでおり、左右トータル23アシストは文句なしの史上最強SBコンビです。

サラー、マネ、オーバメヤンが分け合った得点王にも、史上初の記録が潜んでいます。イングランドサッカーの歴史上、「同一クラブから複数の得点王」が出たことは1度もなく、よくぞ最終節で並びました!と拍手したくなります。今季プレミアリーグの総ゴール数は1072でレコードを更新しておりますが、最強2位は89発を叩き込んで全体の数字に貢献しています。

2003-04に無敗優勝を飾った「インヴィンシブルズ」アーセナルは引き分けが12もあり、史上2位となる1敗でシーズンを終えた今季のレッズを7ポイントも下回っています。クリーンシートは最多、SBのアシストも最多、最終ラインの中央にはPFA年間最優秀選手がおり、前線には得点王が2人。どこからどう見ても優勝チームのスタッツで、「史上最強2位伝説」はフットボールが続く限り語り継がれるのではないでしょうか。このうえ、「欧州2位」だけは勘弁願いたいものですが…!

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“どこからどう見ても優勝チーム…数字でよくわかる「リヴァプールの史上最強2位伝説」!” への6件のフィードバック

  1. Macki より:

    更新ご苦労様です。
    ここまできたら、絶対にビッグイヤー獲得しないといけないですね。選手もモチベーションは高いはず。

  2. アイク より:

    更新ありがとうございます。こうして状況を整理していただくと、改めて悔しさが湧いてきました笑。
    シティの方が負けが多いのが一層惜しい気持ちにさせられます。直接対決で敗れたから2位は仕方ない、と自分を納得させています。これがもし無敗で2位だったら今頃どんな気持ちだったか…!

  3. ペップの街 より:

    リバサポの皆さん、悔しい気持ちはよくわかります。
    cL決勝はレッズ応援します。

  4. プレミアリーグ大好き! より:

    シティサポとしては、こちらがディフェンディングチャンピオンでリヴァプールが挑戦者なはずが、今シーズン(CLも含めて)の強さやこの記事を見てると本当によくこんなチームに競り勝って優勝できたなと、こちらが挑戦者だったような気持ちになります。
    たった勝ち点1差ですが、このリヴァプールより2試合多く勝ち切ったというのは自信になります。

  5. ペップの街 より:

    リバサポの皆さん、悔しい気持ちはよくわかります。
    cL決勝はレッズ応援します。

  6. プレミアリーグ大好き! より:

    今回の2位は前回前々回の2位とはだいぶ違う印象です。
    オーナー、監督、選手と、着実に積み上げてきての2位なので、来年こそは!と希望がもてます。
    本当に本当に本当に悔しいですが、来年に期待!

コメントを残す