イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

現地メディアが格付け!プレミアリーグ2018-19・解任が噂される危ない指揮官リスト!

ペップ、エメリ、サッリ、エディ・ハウ、クロップ、ポチェッティーノは安全圏。今季プレミアリーグで上位を占める彼らは、よほどの不祥事でもない限り、解任の憂き目に遭うことはないでしょう。イギリスメディア「テレグラフ」が、「A value alternative to Jose Mourinho in the Premier League sack race(プレミアリーグの解任レースで、ジョゼ・モウリーニョに取って代わる価値)」と題した記事を掲載。ポグバやマルシアルとの確執が取り沙汰され、解任が噂されているマンチェスター・ユナイテッドの指揮官以外の「危ないカントク」を紹介しています。

「テレグラフ」の格付けに従えば、「絶対にクビはない」のはペップ、エメリ、クロップ、エディ・ハウ。「ポジションは堅い」に入っているのはサッリ、ポチェッティーノに加えて、ウルヴスをプレミアリーグ6位に引き上げたヌーノ・エスピリト・サント、2021年まで契約が残っているブライトンのクリス・ヒュートン、エヴァートンに来たばかりのマルコ・シウヴァ、昨季7位という功績が大きいバーンリーのショーン・ダイクです。「改善が必要」は、開幕から4連敗スタートとなったウェストハムのペジェグリーニと、現在は18位に沈みながらも前年残留の評価が高いハダースフィールドのデヴィッド・ワグナー。過去6シーズンで7人を雇ったワトフォードも、4勝1分3敗と健闘しているハビ・グラシアのクビは切らないと見られています。

さて、ここからが「出口に向かっている」といわれる指揮官です。レスターのクロード・ピュエル監督は、4勝4敗の10位と戦績はまずまずですが、就任当初より「引っ込み思案な性格は懸念材料」といわれていました。今季プレミアリーグでも、開幕直後に「後任はティエリ・アンリ」という噂が流れ、つい先日も「チームの雰囲気が悪く、オーナーのスリヴァッダナプラバ氏が解任を検討」と報じられています。サポーターからは支持されているラファエル・ベニテスも、8戦未勝利という不振から脱出できなければ、肩を叩かれる可能性があるとのこと。オーナーのマイク・アシュリーにレッドカードを突き付けたい地元ファンが多いといわれていますが、負けが込めば、詰め腹を切らされるのは常に現場の棟梁です。

4戦全敗ノーゴールで即座にクビを切られたフランク・デブールの後を受け、11勝11分12敗でクリスタル・パレスを11位に引き上げたロイ・ホジソンも、11月までの結果次第で可能性充分といわれているひとりです。2勝1分5敗の14位というポジションは最悪ではないものの、今週末から強烈な5連戦が始まります。エヴァートン、アーセナル、チェルシー、トッテナム、マンチェスター・ユナイテッド…!勝てといわれるのは酷なドローですが、何もできずにプアな結果だけが残れば、クリスマス前に新監督が発表されることになるでしょう。「彼はいつも解雇される寸前」と書かれているのは、サウサンプトンのマーク・ヒューズ。3月にマウリシオ・ペジェグリーノが飛んでから、プレミアリーグ17試合で3勝4分9敗ではさすがに強気にはなれません。

最後に、「タクシーを呼んでください」という最悪のカテゴリーにいる2人を紹介しましょう。フラムのスラヴィシャ・ヨカノヴィッチと、カーディフのニール・ワーノックです。夏に1億ポンドを投じて11人の新戦力を加えたフラムのシャイード・カーン代表は、1勝2分5敗の17位という現状に納得していないでしょう。ウェストロンドンのクラブは5年で5人の指揮官を雇い入れており、3年めを迎えたヨカノヴィッチさんも、そろそろ試行錯誤の季節を終えなければなりません。カーディフの指揮官について、「テレグラフ」の評価は「no chance of survival under Warnock」。誰がやっても残留は難しそうなスカッドながら、ヴィンセント・タンオーナーが指揮官を代えるという荒療治に出る可能性は相当高そうです。

昨季は10月までに3人がクビになりましたが、今季はゼロ。未勝利のクラブが3つもあるなかで、クリスマスまで全員無傷とはいかないでしょう。ちなみに、「テレグラフ」に寄稿したベッティングレポーターのロス・クラーク氏は、ジョゼ・モウリーニョの解任オッズは6/1のワーノックを大きく引き離す6/4と紹介しています。チェルシーとユーヴェに完敗すれば、騒がしくなりそうではあるものの…。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“現地メディアが格付け!プレミアリーグ2018-19・解任が噂される危ない指揮官リスト!” への4件のフィードバック

  1. Macki より:

    更新ご苦労様です。
    「タクシー呼んでください」と言う英国メディアの
    表現は嫌いじゃないです。ニール・ワーノックはQPR時代もそうでしたが、プレミア向きの監督ではない気がするんですよね。パレスは強烈な5連戦ですが、ザハのプレーに注目したいと思います。

  2. イレブン より:

    画面からも雰囲気の良さが伝わって来るので、ホジソンはクリスタルパレスで幸せだろうし、サポーターも支持していると思います。
    ボルシアMGから来た選手が機能したら勝ちだすんじゃないかな。
    確かにこの5連戦はイジメか!と思うほどだけど、ひとつでも勝てれば良しとして欲しいな。
    ホジソンのパレスはジャイアントキリングがあるイメージだし、毎週楽しみにしたいです。

  3. エミリー より:

    監督業も厳しいですねえ。
    自分がクビになるかが、賭けの対象になるって(笑)よく考えると、すごいですよね。
    とんでもないプレッシャーだろうな。

    ジダン、アンチェロッティ、グアルディオラとか、名選手であって、監督としても一流な人って、どんだけ強い星の元に産まれてきたんだろうと、感心してしまいます。
    少し才能を分けて欲しいですよ(泣)

  4. ペップの街 より:

    週末から対チェルシー→ユーヴェ→エヴァートンですか。モウリーニョに試練が続きますねえ!
    ベニテスは一1回勝てば波にのると思うんですが。もっとベニテスのニューカッスルを見ていたいんですが。

コメントを残す