イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

マンチェスター・ユナイテッドの暫定監督はスールシャール!そして、その後は…!

ジョゼ・モウリーニョ監督の解任発表の翌日。プレミアリーグ6位ながら4位チェルシーに11ポイントの差をつけられているマンチェスター・ユナイテッドは、暫定監督としてオーレ・グンナー・スールシャールが指揮を執るとアナウンスしました。1996年からの11シーズンをマンチェスター・ユナイテッドで過ごした「Baby-faced Assassin(ベイビーフェイスの暗殺者)」は、366試合126ゴールという戦績を残して2007年に引退。2008年から2010年まで、クラブのリザーブチームの監督を務めています。2011年1月に母国のモルデで指揮を執り、2014年1月にはカーディフの監督としてプレミアリーグに復帰。ザハやファビオを引き入れ、巻き返しを図ったものの残留を果たせず、次のシーズンのスタートにも失敗して9ヵ月で解任されています。

2015年にモルデに復帰したスールシャール監督は、ノルウェーリーグが3月までオフシーズンとなるため籍を残したままオールド・トラフォードで仕事し、プレミアリーグが終了した後に戻るとのこと。今回の暫定監督就任は、お互いにとって都合がいいお話だったようです。欧州の主要リーグで実績がない監督を据えてCL出場権獲得をめざすとは、なかなか大胆なチョイスですが、モウリーニョ監督を春まで引っ張れないほどドレッシングルームは悲惨な状態になっていたと理解することにしましょう。選手たちのメンタルケアとモチベーション向上を重視して最低でも6位をキープし、次期監督の期待感でデ・ヘアやポグバを引き留めることができれば、2019-2020シーズンもクラブに期待を寄せることができます。

スールシャール暫定監督について、「BBC」が「caretaker(留守番、世話役)」と表現しているのは、チーム強化よりも混乱の収束を求められていると認識しているからでしょう。ヒディンクやベニテスなどの実力者を招聘していた暫定監督策の先輩・チェルシーに、「厳しい状況に置かれたクラブは、経験豊富な指揮官でなければ立て直せない」と教えられている気がしますが、クラブOBかつ若手の指導者経験ありというキャリアがアドバンテージになるかどうかは、間もなくはっきりするものと思われます。

今季はどんな着地でもいいとはいえませんが、来季以降の立て直し策がより重要なのは間違いありません。「BBC」のサイモン・ストーン記者が、ジョゼ・モウリーニョ体制のリプレイスを担う監督候補をピックアップしています。マウリシオ・ポチェッティーノ、ジネディーヌ・ジダン、ディエゴ・シメオネ。長期的なクラブ強化という観点では、アトレティコ・マドリードの指揮官に惹かれますが、「攻撃的」という看板を加えるならトッテナムの監督は魅力的です。スパーズサポーターのみなさん、ちょっとした妄想ですので気を悪くしないでください。資金力を得たポチェッティーノ監督が、サー・アレックス・ファーガソンの真の後継者として長期的に勝てるチームを創れるかどうかに単純に興味が湧くのです。

ジダンはなさそうですね…。サイモン・ストーン記者は、「But if Zidane was the club’s top choice, why would they need to wait until the end of the season?(ジダンがクラブのトップチョイスなら、シーズン終了を待つ必要があるだろうか?)」と疑問を投げかけています。ヌーノ・エスピリト・サント、エディ・ハウ、マルコ・シウヴァ、ウナイ・エメリ、デヴィッド・ワグナー、ショーン・ダイク、ハビ・グラシア、マウリシオ・ポチェッティーノ、ペップと、40代の指揮官が増えた昨今のプレミアリーグを見るにつけ、思い切って若い監督にまかせるのもおもしろいのではないかと思います。

そんなこんなを考えていると、1990年代から2000年代にかけてあれだけ強かったマンチェスター・ユナイテッドから、いい指導者があまり出てきていないことに気づきます。サー・アレックスが強大かつ独特すぎて、参考にならなかったということなのでしょうか。もしかして、今回の暫定監督をクラブゆかりの人物とすると、スールシャールVSガリー・ネビルVSデヴィッド・モイーズの三択だった⁉…冗談はさておき、新しい監督の手腕に期待したいと思います。リヴァプールの背中はまったく見えませんが、チェルシーのブルーはおぼろげながら視界に入っておりますので。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“マンチェスター・ユナイテッドの暫定監督はスールシャール!そして、その後は…!” への9件のフィードバック

  1. sini より:

    ジダンもシメオネもポチェも来るわけないだろ。
    今回フロントがやった解任は明確に監督よりもポグバを取るっていう解任だったと思う。
    名将が3人続けて失敗し、補強も攻撃的な選手しかとらない、あげくに監督よりも素行に問題のある選手を優先するようなチームにこれから一流の監督が来るとは思えない。
    記事にある思い切って若手監督もいいかもしれないじゃなく、タイトル経験のない若手監督で勝負せざるを得ないようになると思う。

    マンチェスターは青って言われる時代がだんだん近づいて来てると思う。
    今はまだシティがCL取れてないから歴史がないだのファンが少ないだの言えるけどユナイテッドが今のフロントのままなら5年後にはシティに完膚なきまでに負けると思っている。

    —–
    makotoさんのように、ファンの妄想というならいいんですけどね……。
    ガリー・ネビルが、まるでレンタル中の若手を呼び戻すかのような感覚でポチェが良いと述べているのを見ると、いくらなんでもスパーズを馬鹿にしているように感じました。ペップやクロップは現実的でなく、ポチェなら取れると思っているのですかね。。。
    補強ゼロのスパーズよりもフロントのバックアップが期待できない状況のクラブよりは、レアルマドリーのほうがまだ現実的に思えます。
    何より、実績で言えば今のポチェはユナイテッド就任当時のモイーズとそう変わらないですし、他のプレミア指揮官と比較してもベニテスやベジェグリーニにも劣ります。
    スパーズだからうまくいっていることは、ポチェ自身もわかっているでしょうし。

    在野の指揮官達の中では、コンテがいいように思うんですけどね、個人的には。

  2. プレミアリーグ大好き! より:

    カーディフ時代の彼は それこそモウリーニョと同じで
    試合に勝つというより試合を攻略するタイプの監督
    変わらず過去のスタイルのままであれば なぜ?と言わざるえないチョイス
    ユナイテッド、もちろん彼自身も変化することを期待しています。

  3. プレミアリーグ大好き! より:

    1コメの方も言ってらっしゃいますけど、もうサポが期待するような名将は望めないと思いますよ、今の経営陣が退陣しなければ
    ユナイテッドサポはモウリーニョ解任が妥当だと言いたいみたいですし、それは間違ってないと思います
    でもこれは外から見てどうかって話です
    監督が最も必要としたポジ(CB)に金をケチり、実績ある監督(モウ)より問題児(ポグバ)を優先した
    監督よりも選手を取った、まさしくその通りです
    これでホントに実績ある名将を呼べますかね?
    しかもモウリーニョとファンハールって超が付くほどの有名人の失敗の後、補強も下手くそなのがバレてるってダブルのおまけ付き
    金とブランドの魅力以上に経営陣の重ねた失点がデカすぎると思います

  4. ユナイテッド万歳 より:

    いつも楽しく読ませて頂いております。
    候補としてポチェティーノは適任だと思いますが流石にレヴィ会長は売らないかと。。。
    元モナコのレオナルド、ジャルディム が良いなぁなんて思うのですがどうですかね?

  5. まさる より:

    普通に良い監督を呼べるでしょう。
    モウリーニョは500億使いました。
    そもそも今季だけでもフレッジやダロトで100億使ってます。
    サンチェスはとんでもない週給で加入してます。
    フロントが金を出さないという認識がそもそも間違いなので。

  6. 4 より:

    グアルディオラクロップポチェサッリエメリ監督達に名前負けしない又は戦ってほしいのはシメオネ、ジダンです(あとカントナ)。PLがまた面白くなるかと。世界のマンUなら連れてこれそうな気がします。

  7. 不知火 より:

    ポチェはトットナム出てくだろうし、割と来シーズンあると思いますけどね。
    レヴィ暫く建設費用のために大型補強しないって言ってますし。
    ポチェは不満でしょう。

  8. 不知火 より:

    金を出した出さないって言う話なんですけど。
    あくまで私の主観ですけどユナイテッドというクラブはフィールド上での勝利が至上命題のクラブではなかったでしょうか。
    そのためには高額な移籍金も使うし若手の育成にも金をかけるクラブじゃないですか?
    世界で一番価値のあるクラブでしたよね。
    金がないわけじゃないんだから、勝つ為にもっと出せばよかったんじゃないですか?
    明らかに夏の移籍市場で出し渋ったのはグレイザーとウッドワードと株主の利益の為の判断ですよね。
    クラブの為じゃなく。
    だから、負けがこんだら、サウジに売り渡すだのポグバを現金化するだの、そんな話がイギリスですっぱ抜かれたわけです。
    フロントの責任大きと思いますよ。

  9. プレミアリーグ大好き! より:

    ほら、ビッグサムが空いているじゃないか

コメントを残す