イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

クリステンセン、ラシュフォード…移籍志願が伝えられる若いタレントたちの決断はいかに⁉

2014-15シーズンの「ハッピー・ワン」ジョゼ・モウリーニョ、2015-16にプレミアリーグ下剋上を果たしたクラウディオ・ラニエリ、2016-17にイタリア人連覇を達成したアントニオ・コンテ。3人の共通項は、スタメンを固定してプレミアリーグを制したことです。ラニエリとコンテは欧州を戦っておらず、ターンオーバーするかどうかで悩む局面はほとんどありませんでした。同じ顔ぶれでプレイしていた3つのチームは、ライバルよりも戦術的なクオリティが高く、崩れることなくゴールに辿り着きました。

スタメン固定で戦うチームが抱える問題は、レギュラーメンバーの疲労とサブの選手たちのストレスです。今季でいえば、4バックを全く動かさないチェルシーのサッリ監督が、難しいマネジメントに取り組んでいます。アスピリクエタ、リュディガー、ダヴィド・ルイス、マルコス・アロンソは、プレミアリーグ12節まで全試合先発出場で、ザッパコスタやケーヒル、クリステンセンはELやカラバオカップしか出番がありません

「このクラブで6~7年やってきたけど、今のような状況を解決するのは難しい。チームが新しい守り方を体得している最中で、監督は僕をスタメンで起用しないだろう。1月に退団するのかといわれれば、おそらくイエスだ」(ガリー・ケーヒル)
「多大な忍耐を強いられるのをガマンする気はない。もう22歳だし、プレイできる機会を求めている。直近3年間はいつもプレイできていたからね。現在の状況が変わらなければ、ここにいないよ」(アンドレアス・クリステンセン)

ピークを過ぎた感があるケーヒルはまだしも、本人には何の問題もないクリステンセンを手離すのはチェルシーにとって痛手です。クラブは「冬の移籍は認めない」という方針を打ち出していますが、下位クラブとの対戦が続く年末年始には、サッリ監督が工夫する試合があるかもしれません。

若手の出番をどうやって作るかに腐心しているのは、チェルシーの新任監督ばかりではありません。将来性あるタレントがレアル・マドリードの誘惑に晒されているマンチェスター勢も、悩ましい状況に置かれています。ブラヒム・ディアスとマーカス・ラシュフォード。カラバオカップ4回戦で、フラム相手に2発をゲットした19歳のスペイン人FWについて、ペップ・グアルディオラは「彼を守るために全力を尽くすけど、決めるのは彼自身だ」というのが精一杯。サネ、マフレズ、スターリング、アグエロ、ガブリエウ・ジェズスがいるチームでチャンスを得るのは難しく、環境を変えたいという気分に支配されるのはやむなしでしょう。

よりやっかいなのはラシュフォードです。現地メディアが煽っているだけかもしれませんが、プレミアリーグ9試合出場&先発5回でもマドリードのほうが出場機会を得られると踏んでいるようです。絶好調マルシアルと絶対的エースのルカクがいるチ―ムで、常時試合に出るのが難しいのは確かですが、20歳のイングランド代表FWが求めているのは、レギュラーポジションという形よりも指揮官の信頼なのかもしれません。サポーターとしては、いずれはマンチェスター・ユナイテッドのエースとして活躍してほしいと将来を楽しみにしているのですが、マルシアル無双を目の当たりにすると、モウリーニョ監督にもっと使えとはいえなくなります。右サイドで大暴れしてくれれば、都合よく収まる話ではあるのですが…。

ああ、悩ましい。エンケティアやフォーデンも悩ましい。残ったほうがうまくいくからガマンしろといえる根拠もなく、プロなんだから出番があるクラブに移るのは当たり前と割り切ることもできず…。冬をやり過ごしたとしても、夏に同じ問題が再燃するのは必至です。クリステンセンがドイツやイタリアにいったら活躍するだろうな、ラシュフォードがマドリードで大ブレイクしたら悔しいだろうなと、膨らむ妄想を振り払いつつ成り行きを見守るしかありません。ルーニーの後継者として10番の成長を期待している私としては、冬のマーケットが終わるまでの2ヵ月強という時間が、いつもよりも長く感じられるシーズンになりそうです。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“クリステンセン、ラシュフォード…移籍志願が伝えられる若いタレントたちの決断はいかに⁉” への1件のコメント

  1. エミリー より:

    ああ、悩ましい。からのくだり、シンパシーがビンビンで思わず笑ってしまいました。
    愛するクラブがあればこそのジレンマですが、特にチームの調子が悪い時に強くモヤモヤしますね。
    チームの調子が良い時は、出ていこうとする選手は仕方ないなと割りきれもしますが、調子の悪いチームは、選手の出来もイマイチなので、みんなどこかキッカケさえあればやってくれんじゃね?的な、捨てがたい戦力になっているんですよね~。
    ああ面白い、よそのクラブの方の愚痴とか聞くと安心します(笑)
    って、我がアーセナルも、笑ってる余裕など皆無なのですが。

コメントを残す