イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

吉田のオフサイドは厳しすぎる…プレミアリーグで悪戦苦闘の日本人プレーヤー最新レポート!

武藤嘉紀、岡崎慎司、吉田麻也。プレミアリーグの日本人選手たちが、三者三様に苦しんでいます。レスターの岡崎慎司は、プレミアリーグ出場7試合ながら総出場時間はたったの56分。2015-16シーズンに、ジェイミー・ヴァーディーとの2トップで奇跡の優勝に貢献したストライカーは、ラニエリ監督の解任以降は信頼されているとはいえない状況が続いていました。イスラム・スリマニ、ムサ、ディアバテ、イヘアナチョと、クラブは岡崎に取って代わるストライカーを模索し続け、結局ヴァーディー&岡崎に戻るというサイクルの繰り返し。執拗なプレスとポストプレーは素晴らしかったものの、独力で局面を打開する強さはなく、ドリブラーでもプレーメイカーでも点取り屋でもないというキャラが評価しづらかったのはよくわかります。

年間10発以上、ワンタッチゴールを重ねていれば、レギュラー安泰だったと思われますが、2016-17シーズンは3発、開幕から連発とロケットスタートだった昨季も6ゴール止まり。2018-19シーズンに入ると、レスターはようやく答えを見つけました。2年めのイヘアナチョと、彗星のごとくトップ下のポジションをつかんだジェームズ・マディソン。20代前半のプレーメイカーたちが主軸となったチームで、岡崎は「3枚めのカード」という立ち位置に定着しつつあります。来季は、欧州の中堅国のクラブやJリーグという選択肢もあるのではないでしょうか。2019年には33歳になる岡崎が、32歳のヴァーディーとのベテランコンビを復活させるという可能性はないといい切っていいでしょう。

マインツからニューカッスルに移籍したばかりの武藤嘉紀も、結果を出せずに苦しんでいます。新しいチームにフィットするのに時間がかかり、プレミアリーグ初先発が8節のマンチェスター・ユナイテッド戦と出遅れたアタッカーは、オールド・トラフォードで豪快な1発を決め、波に乗るものと思われました。ところが、ブライトン戦では失点のきっかけを作ったうえに決定機を逃し、セインツ戦でも沈黙。前節のワトフォード戦ではハーフタイムで交代となり、ライバルのアヨゼ・ぺレスが今季初勝利を決めるゴールをゲットしました。ふくらはぎを痛め、ベンチからも外れたボーンマス戦は、サロモン・ロンドンの2発で連勝。インターナショナルマッチウイークが終わった後、武藤の居場所はまたもやベンチとなってしまうかもしれません。

さて、吉田麻也です。プレミアリーグで7シーズンめのCBの不遇については、マーク・ヒューズ監督に文句をいいたくなります。1勝4分6敗で16位に沈んでいたセインツは、失点20と守備が安定せず、ウェズレイ・フートとジャック・スティーブンスという直近のチョイスに疑問があったからです。チェルシー戦で試されただけだった吉田麻也は、12節のワトフォード戦で先発出場。縦に入ってくる選手にしっかり対応していたものの、マークの受け渡しに難があり、後手を踏むシーンが目立ちました。

問題のシーンは66分。1-0でリードしていたセインツは、レドモンドが右サイドを突破し、完璧なグラウンダーがチャーリー・オースティンに通ります。ボレーがゴール左に突き刺さり、選手たちがベンチの前で喜びを分かち合っていると、どうやらジャッジはオフサイド。CKの流れで残っていた吉田麻也がプレイに関与したという判断ですが、シュートが飛んできた瞬間に体を反らして避けたCBとボールは50センチほど離れていました。ホレバスのゴールでドローに終わった試合後、チャーリー・オースティンが激怒するのも無理はありませんが、1度出たジャッジは覆りません。CKから再三ヘディングシュートを放っていた3番にとって、何ともいえない後味の悪い結果となりました。

悪戦苦闘の日本人選手たち。それぞれに、与えられたチャンスを活かして指揮官の再評価を促すしかありません。苦境の岡崎と負傷明けとなる武藤は仕方がないとしても、吉田麻也はフラムとのアウェイゲームでぜひ見たいのですが…。6年前のクレイブン・コテージで、プレミアリーグ初年度だった吉田のプレイを生で観たのが懐かしく感じられます。長い目で見れば、セインツのCBは吉田麻也&ヴェステルゴーアがベストチョイスだと信じております。がんばってください!

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


コメントを残す