イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【MAN.UTD×Bournemouth】ポグバ&ラシュフォード!スールシャールのチームが3戦連続の快勝!

スールシャール監督就任以来、プレミアリーグ2試合で8ゴールのマンチェスター・ユナイテッド。攻撃的な戦い方にシフトしたチームは、今日の11人がベストメンバーではないでしょうか。GKデ・ヘア、DFアシュリー・ヤング、バイリー、リンデロフ、ルーク・ショー。中盤センターにマティッチ、エレーラ、ポグバ、3トップはリンガード、ラシュフォード、マルシアルです。ボーンマスをオールド・トラフォードに迎えた一戦は、7試合ぶりのクリーンシートを期待したいゲーム。5分の先制点は、右サイドからナタン・アケとリコを次々と抜いたラシュフォードがスーパーでした。中央に通った速いグラウンダーに飛び込んだのは、ポール・ポグバ。ハダースフィールド戦で2ゴールを決めたインサイドMFは、今季プレミアリーグ6発めです。

7分、マティッチの鋭い縦パスでマルシアルが抜け出しかけますが、ベゴヴィッチが果敢に飛び出してクリア。15分、マティッチが前線に浮かしたボールをポグバがヘッドで落とすと、ラシュフォードの獰猛なボレーはナタン・アケがブロックします。15分、右サイドから仕掛けたジョーダン・アイブが速いボールを中に入れるも、味方に合わず。25分のCKで競り勝ったナタン・アケのヘディングシュートは、ゴール前にいたエレーラが掻き出し、難を逃れました。

30分、左のマルシアルがニアに浮かしたボールに、ポグバのスライディングは届きません。しかし33分、アシュリー・ヤングが後方のエレーラに落とすと、速いクロスをベゴヴィッチの手前で叩いたのはポグバでした。美しいヘディングシュートがネットに刺さり、2-0。37分のボーンマスのロングスローは、こぼれ球に反応したジョシュア・キングの左足ボレーをデ・ヘアが確実にセーブします。45分、マティッチが右に浮かしたボールにマルシアルが追いつき、アウトにかけたクロスをファーに送ると、ラシュフォードがスライディングボレーを右隅に突き刺しました。

前半は3-0で終わるかと思いきや、ボーンマスがショートコーナーから一矢を報います。ドリブルで左に回り込んだデヴィッド・ブルックスがリンガードをかわしてニアに浮かすと、ナタン・アケが完璧なヘディングシュート。プレミアリーグ7試合連続で失点を喫したマンチェスター・ユナイテッドにとって、2点リードはセーフティとはいえません。後半に入り、マン・ユナイテッドの最初のチャンスは48分。失いかけたボールをルーク・ショーが果敢なスライディングでポグバにつなぎ、左サイドのマルシアルがニアのエレーラへ。左足のシュートはブロックされますが、スピーディーにパスがつながったアタックにはゴールの匂いが漂っていました。

65分、マティッチの縦パスでポグバがフリーとなり、スルーパスをもらったラシュフォードがベゴヴィッチと1対1。左足シュートはGKがブロックし、勝ち点ゲットへの望みをつなぎます。エディ・ハウ監督はカラム・ウィルソンとデヴィッド・ブルックスを諦め、リス・ムセとライアン・フレイザーを起用。スールシャール監督は、70分にラシュフォードをルカクにチェンジします。ベンチに引き上げていく10番に盛大な拍手。後釜のルカクは、入って2分で結果を出しました。バイリーのロングフィードをルカクがマルシアルにつなぎ、落としたボールをポグバがラインの裏に浮かすと、右に流れながら放った9番のシュートがベゴヴィッチの脇を射抜きました。

75分、左サイドからマルシアルが仕掛け、リンガードの落としを受けたのはポグバでした。ハットトリックを狙った渾身の一撃は、ベゴヴィッチがぎりぎりで触ってポストにヒット。80分にライアン・フレイザーの足をすくったバイリーが1発レッドを喰らい、新指揮官はマルシアルをフィル・ジョーンズにスイッチします。10人になったマン・ユナイテッドは、ラスト10分をポゼッション率80%で攻め切り、悠々と試合を畳みました。ゴール前に頻繁に停まっていたバスは、ミスにうるさかった監督を乗せて走り去っていったのだとあらためて実感した追加タイムでした。

11月27日、オールド・トラフォード。ヤングボーイズに追加タイムのゴールで辛勝した試合で、序盤の決定機を逃したラシュフォードに対して、苦虫を噛みつぶすような顔で首を振ったモウリーニョ監督を思い出しました。ミスを許さない強面の指揮官のプレッシャーがチームからチャレンジする心を奪い、新たなミスを誘発していたのが停滞の最大の理由ではないでしょうか。2ゴール1アシストのポグバと1ゴール1アシストのラシュフォードは本来の姿を取り戻し、マルシアルとマティッチも素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。多少のミスは笑って忘れられる爽快なフットボール。22節にトッテナム戦が控えていますが、今季は怖れ続けていた上位対決を初めて楽しみと思えます

アーセナルまで3ポイント、CL出場権まで8ポイント。上位のコケ待ちではありますが、ポグバとマティッチを軸としたチームはTOP4に食い込めるかもしれません。選手たちの表情が明るくなり、攻め方が多彩になったのが何よりも嬉しいです。スールシャールのフットボールとなら、心中してもいい…今日のようなスタイルを、ぜひ続けてください!

読者のみなさま、2018年の投稿はこれが最後となります。コメント欄で貴重なご意見や激励をくださった方々、今年も大変お世話になりました。ありがとうございました。2019年最初のレポートは、クリスタル・パレスVSチェルシーとプレミアリーグ前半戦総括を予定しております。来年も今までと変わらず、楽しんでいただけるレポートを書けるように精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“【MAN.UTD×Bournemouth】ポグバ&ラシュフォード!スールシャールのチームが3戦連続の快勝!” への9件のフィードバック

  1. GSM より:

    2018年も楽しく読ませて頂きました。
    前半戦総括楽しみにしております。

    2019年もよろしくお願い致します。
    よいお年を!

  2. livs より:

    ブログいつも楽しみにしております、毎回速攻の更新お疲れ様でした!来年もよろしくお願いします!

  3. さか より:

    こちらこそ、本当にいつもありがとうございます。
    1年間ご苦労様でした。新年も偏愛を毎日欠かさず読みにきます。お身体に気をつけて、管理人さんにも素敵な1年になりますよう、お祈り申し上げます。

    —–
    このブログを見つけてからプレミアリーグがより面白く感じるようになりました。
    毎日のようにここを訪れて更新されていないかチェックしており、記事を読むのが日々の楽しみの一つになっています!
    これからも楽しみにしてます。2018年お疲れ様でした!

  4. ルーニー より:

    いつも楽しく見ています、こちらこそありがとうございました!
    来年も、面白いプレミアリーグと強いユナイテッドが見れることを期待しています

  5. まさやん より:

    今年も楽しく読ませていただきありがとうございました。
    来年こそはレッズ悲願のプレミア初優勝を願っております。
    ユナイテッドもこれからどこまでいけるか楽しみになってきましたね。
    来年も色々な記事を楽しみにしております。よいお年を♪

  6. アイク より:

    今年も大変お世話になりました。
    おかげさまでプレミアとW杯をとても満喫することが出来ました。感謝しております。
    ユナイテッドの覚醒で一年を締め括れて本当に良かったです。来年が楽しみですね。お忙しいかと思いますが、くれぐれもご自愛ください。
    来年もどうぞよろしくお願いします。

  7. えるこっぷ より:

    普段はコメントなど読みも書きもしないのですが、今年最後ということで。
    日本で最も素晴らしいプレミアリーグのブログを毎日楽しみにしています。
    今後もお体には気を付けつつ、プレミアリーグを楽しんでいきましょう。

  8. animalride より:

    2日のユナイテッドのアウェイ戦をセントジェームズパークで観る為に調べてたらここにたどり着きました。
    僕もプレミアが史上最高のリーグだと思ってます。
    これからも楽しいブログを続けていって下さい。

  9. ルーカスLOVE より:

    いつも本当に楽しく拝見させて頂いております(^^)今シーズンに限ってはリバプールとユナイテッドはリーグ戦で目指す位置は違うかもしれませんが、お互いより良い結果で終われるといいですね

コメントを残す