イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【West Ham×Arsenal】アーセナルの縦パスを封じたハマーズ、してやったりの勝ち点3!

パパスタソプーロス、ムスタフィ、コシールニーの3バック。今季プレミアリーグで31失点を喫しているガナーズのスタメンは、最初にCBに目がいってしまいます。22節のランチタイムキックオフは、ウェストハムとアーセナルのロンドンダービー。GKレノ、アウトサイドにメートランド=ナイルズとコラシナツ、中盤にはグエンドゥジ、ジャカ、イオビ、最前線にはラカゼットとオーバメヤンという布陣です。バルブエナ、チチャリート、ウィルシャー、ヤルモレンコ、ランシーニなど負傷者だらけのハマーズは、後ろで耐えてサイドの突破力を活かした速攻に賭けたい一戦。トップ下に入ったサミル・ナスリのプレイぶりにも注目です。

静かに立ち上がったゲームは、5分にマイケル・アントニオが右から仕掛けたのが最初のチャンス。中央に入ったボールをノーブルが受け、ポストプレーから左足を振り抜きますが、レノが余裕をもって懐に収めました。9分、ジャカのロングフィードを胸でトラップしたラカゼットは、アウトにかけたシュートを右に外します。11分に右から持ち込み、左足で巻いたフェリペ・アンデルソンのミドルは枠にいかず。イオビが中央から攻め上がり、ラストパスをもらったラカゼットがDFの間をすり抜けると、1対1になったファビアンスキはコースを消して体に当てました。クレスウェルのアーリークロスはレノがキャッチ。直線的に攻めるガナーズに対して、ハマーズはサイドからの崩しにこだわっています。

21分、イオビのスルーパスでコラシナツがフリーでボックスへ。打ってもいい距離と角度でしたが、折り返しはニアでつかまってしまいます。アルナウトヴィッチとのワンツーで左から裏に抜け出した25分のナスリは、力んだシュートがニアにアウト。28分にナスリとのパス交換からボックス右を突破したアルナウトヴィッチは、パパスタソプーロスがスライディングでシュートをカットしました。32分、アルナウトヴィッチのトラップをナスリが拾い、横に流したボールに走り込んだのはフェリペ・アンデルソン。ゴール左を襲ったダイレクトショットは、ポストの根元を叩いて外に抜けていきました。

35分にボックス手前から狙ったグエンドゥジのミドルは、ファビアンスキの指先を抜けてポストの右へ。前半終了間際にフェリペ・アンデルソンが右からCKを蹴ると、ノーマークのデブラン・ライスが頭を振り過ぎて左に外してしまいます。前半の途中からペースがつかめなくなったプレミアリーグ5位チームは、後半も開始早々からハマーズの猛攻を許しています。47分、先制はホームチーム。右サイドをノーブルが突破し、ゴールライン際から折り返すと、トラップしたナスリが優しく流したボールをデクラン・ライスが右隅に蹴り込みました

54分、マイケル・アントニオのパスをインターセプトしたグエンドゥジは、右足のミドルを左に外してしまいます。59分、エメリ監督はムスタフィとジャカを下げ、ラムジーとルーカス・トレイラ。4-3-3にシフトし、サイドアタックに活路を見出そうとしています。64分、イオビのスルーパスで裏を取ったコラシナツのアーリークロスは、ニアで受けたオーバメヤンが左足のフィニッシュを浮かしてしまいました。3分後、メートランド=ナイルズが斜めに出したパスを、ラムジーがヒールで触って左のイオビへ。クロスに打ったシュートは、ポストすれすれでした。残り時間は20分。エメリ監督はメートランド=ナイルズを下げ、4試合ぶりのプレミアリーグとなるベジェリンです。

ナスリが拍手を受けてベンチに退いたのは71分。アルナウトヴィッチも下がり、アンディ・キャロルとスノドグラスが前線に入りました。ペジェグリーニ監督は、81分にマイケル・アントニオをオビヤングに代えて逃げ切りモード。運動量が少なく、中盤の選手にスペースを作る動きがなかったガナーズは、サポーターを沸かせることなく終盤の時間を無為に過ごしました。追加タイムにヘディングシュートを叩き込んだコシールニーは、オフサイドに気づいていました。ディオプとオグボンナを中心に、見事なラインコントロールを見せたハマーズが、1-0で強豪を振り切りました。

マヌエル・ペジェグリーニ、してやったり。マイケル・アントニオ、サバレタ、フェリペ・アンデルソン、クレスウェルがSBの攻め上がりをつぶし、縦に入るパスを刈り取る中央の守り方も徹底していました。プレミアリーグ21発のラカゼット&オーバメヤンは、ここというタイミングでもらえず。エジルやミキがいれば、意外性のある崩しやストライカーを活かすラストパスが増えていたでしょうか;。連勝中は交代策が当たりまくっていたエメリ監督は、狙い通りに選手を動かすことができませんでした。上位が遠のく痛恨の敗戦。明日のスパーズ戦でマンチェスター・ユナイテッドが勝てば、ガナーズはついに勝ち点で並ばれてしまいます。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“【West Ham×Arsenal】アーセナルの縦パスを封じたハマーズ、してやったりの勝ち点3!” への11件のフィードバック

  1. プレミアリーグ大好き! より:

    ナスリは相変わらず上手いですねぇ
    ペジェグリーニのチームにとって足りなかった王様というピースを手に入れたことによってアンデルソンもより輝くのではないでしょうか。彼らを支えるライス、ノーブルもいますしね
    後半戦のハマーズは面白そうです。アルナウトビッチが移籍してしまいそうなのは心配ですけど…

  2. GSM より:

    ラムジー、トレイラの先発のほうがいいと思うんですが。。。

    フェリペアンデルソンはすぐに引き抜かれそうですね。

  3. ペップの街 より:

    ナスリ、上手くて落ち着いていて、チームに極上のアクセントを加えてました。プレーを楽しんでるように見えました。
    トップ6と言えども決定機を逃しては厳しいですね。

  4. グーナーです より:

    少なくともエメリ政権下の中では一番悲しかった試合です。この負け方はいけない。リバプール戦よりも良くないと思っています。
    まだ一年目の監督に対し、しばらくは強い気持ちで応援するつもりではあるのですが、そろそろ「こういうチームを作るので。よろしく」という指針を示してほしいと思ってしまいます。
    いや、ケガ人が多すぎるというのは同情するのですが。。。
    ペジェグリーニは今日はとても良い気持ちでベッドにつくのでしょう。それくらい完璧にやられたなぁと思います。

  5. プレミアリーグ大好き! より:

    得点シーン右サイドを突破したのはフェリペアンデルソンですね。

  6. プレミアリーグ大好き! より:

    エメリは解任するべきだとずっと思ってる。
    初年度だから仕方ない、2年目からは良くなるって意見はよく見るけどエメリじゃどう頑張っても優勝はできない。
    トップ6相手に弱すぎるし、就任から半年経った今でもどんなチームにしたいのかが見えてこない。

  7. エミリー より:

    コメントするのが悲しくなるような試合だった(泣)
    前半の連勝街道は、ただのラッキーだったのか?

    だんだんボロが出てきたな、という友人の一言に、反論できない私がいる。

  8. ゆゆ より:

    我慢強く応援するしかない。にしても選手層が薄いなぁ、、

  9. プレミアリーグ大好き! より:

    選手層薄いとはいうけどラムジーをフリーで移籍させて、エジルをベンチ外にするあたり自業自得としか言えないと思う。

  10. トマシュ より:

    プレミアリーグは本当に面白いですね。ハマーズのような中堅クラブでも上位クラブに勝てるポテンシャルがある。
    これはリーグの競争力の高さを表してると思います。

    —–
    ナスリよかった。好きだった選手だから本当にうれしい。
    出てった時は味噌糞に言われてたけど、個人的にはセスク何とかとかロビン何とかの方がよっぽどふざけてたと思ってるし。
    今の情けないアーセナルに思いっきり灸を据えてくれた。ありがとう。

    いいサッカーをしていたチームが勝った。それだけですね。
    今シーズンはこんな感じでしょ。たまにいいパフォーマンスもあったけど。

    エメリに時間を与えるべき、には同意。エメリはよくやっている、には同意しない。エジルもラムジーも干すんだったらそれは構わないが、だったらそれが正解だったとピッチ上で証明するべき。

    何もかも前任者のせいにする評をよく見るが、やり方はあるはず。頼むよウナイ。

  11. J より:

    なんでアーセナルは補強費がないんでしょうかね。

コメントを残す