イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

プレミアリーグ12月のMVPはファン・ダイク。いかにも彼らしい受賞コメントを紹介!

まったく異論はありません。プレミアリーグの12月のMVPはファン・ダイク、最優秀監督はユルゲン・クロップです。プレミアリーグ7連勝、チャンピオンズリーグではナポリを1-0で下しており、12月の8戦全勝は史上初の快挙です。ひと頃は懸念材料となっていた得点力が蘇り、8試合で23ゴール。モー・サラーがペースアップして月間7ゴールと大暴れし、フィルミーノはアーセナル戦でハットトリック。フィット感を高めたシャキリも4発決めており、早い時間にゴールが奪えず苦しんだのはマージ―サイドダービーだけでした。リードして戦う時間が長かったため、選手たちに疲労感はなかったのではないでしょうか。12月の最大の敵であるタイトなスケジュールをうまく乗り越えたクロップ監督が、最も優秀なマネージャーとして表彰されるのは当然といっても過言ではないでしょう。

攻撃のスタッツを見れば、プレミアリーグ7戦7発のサラーがMVPに選ばれるのが妥当に感じられるのですが、8試合でわずか3失点という数字から、2人のワールドクラスの名前が浮き彫りになります。ファン・ダイクとアリソン・ベッカー。GKとCBを比べるのは難しいのですが、単純に貢献度を比較すれば、マンチェスター・ユナイテッド戦でクロスをファンブルしてしまった守護神よりも、最終ラインを的確にコントロールし続けた大黒柱を選びたくなります。ウルヴス戦でボレーを決め、守備においてミスがなかったファン・ダイクの月間MVPもまた、納得です。甲乙つけがたかったエースには、アフリカ最優秀選手のトロフィーに拍手を送らせていただくということで手を打ちましょう。

「知らなかったけど、これを獲得できたのは誇らしいことだね」。金曜日にメルウッドを訪れたプレミアリーグ関係者から盾を受け取り、クロップ監督と並んで写真に収まったダッチマンは、まじめで向学心が高い彼らしいコメントを残しています。

「私を助けてくれたすべての人々、支えてくれたサポーターたち全員の名誉だと思う。12月は素晴らしい月だったし、希望をもって進んでいくことができる」「私自身、ゲームにおけるあらゆる面で改善しているけど、多くの学習によってさらによくなれる。こうありたいと思えるところに辿り着くために、毎日働いている。自分の力を最大限引き出したいんだ。そうすれば、クラブとチームに尽くすことができると信じている」

すべての時間を楽しんだと語ったCBは、最高の試合としてアーセナル戦を挙げています。序盤に1発喰らった後、前半に4ゴールを集めてライバルを屠った圧勝劇。モウリーニョ監督のクビを吹っ飛ばしたマンチェスター・ユナイテッド戦を上回る衝撃的な破壊力でした。天王山の一戦でマンチェスター・シティに敗れ、FAカップでもウルヴスに完敗したチームを立て直すために、たったひとりの元気なCBが果たす役割は絶大です。ブライトン戦の相棒は、ファビーニョか、同郷の16歳DFキ=ヤナ・フーフェルか。あるいは中央のポジションならどこでもこなすセンスの塊、ワイナルドゥムか。マン・シティのクロスをすべて読み切ってニアでカットしたCBが、どんな仕切りを見せてくれるのか、今から楽しみです。

的確な人選とクロップ監督の丁寧な導入で、新戦力が機能しているのがリヴァプールの強さを語る最大のポイントでしょう。ファン・ダイクとアリソンによって、コウチーニョ売却は正解だったといえるようになりました。17勝3分1敗なら、独走しているはずなのですが…。ハイレベルな優勝争いで主役を張るレッズに、こんな素晴らしいチームを創ったシーズンこそはタイトルを手にしてほしいと願ってやみません。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“プレミアリーグ12月のMVPはファン・ダイク。いかにも彼らしい受賞コメントを紹介!” への4件のフィードバック

  1. グッチ より:

    更新お疲れ様です。12月気づけば全勝で、ボスとVVDの選出は疑問無い物と思います。
    ただシティやスパーズの調子が全く衰えず、取りこぼしが許されない中で相棒のCBが決まらないのは難しいですね…フーフェルくんが覚醒でもしてくれれば願ったり叶ったりですが、どうなるか観てみましょう

  2. GSM より:

    これだけの実力がありながら、まだまだ向上したいという姿勢。。。

    本当に隙がないですね!!!

  3. プレミアリーグ大好き! より:

    上手くいってる時より上手くいってないときの方が人間性がでる。クラブの調子も下降気味だしこれから本性が出るかもね。

  4. プレミアリーグ大好き! より:

    当然の受賞だと思います。
    まさに大黒柱という表現そのもの。

    —–
    残す難ゲームがOTユナイテッドのみと考えると優勝は現実的に思えますが、さて苦手の1月どうなるかですね。

コメントを残す