イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【Liverpool×Bournemouth】マネ4連発、絶品ワイナルドゥム!レッズが順当に3発快勝!

レスターとウェストハムに連続ドロー。ニューカッスルに敗れて諦めかけていたマンチェスター・シティを元気にさせてしまったリヴァプールは、これ以上勝ち点を落とすわけにはいきません。10日後のバイエルン・ミュンヘン戦までゲームがない日程だけに、アンフィールドで開催されるプレミアリーグ26節のボーンマス戦は当然のベストメンバーです。GKアリソン、DFミルナー、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン。中盤にはワイナルドゥム、ファビーニョ、ナビ・ケイタが入り、前線はサラー、フィルミーノ、マネ。プレミアリーグ後半戦の6試合のうち、4試合で1ゴールに終わっているレッズにとっては、先に2点を奪って楽な展開に持ち込みたい一戦です。エミリアーノ・サラを悼んで、両チームの選手たちは喪章をつけてピッチに立っています。

カラム・ウィルソンとデヴィッド・ブルックスを欠いたボーンマスは、2分にいきなり決定機を創りました。ジョーダン・アイブのアウトにかけたパスを受け、ボックス左でフリーになったライアン・フレイザーの右足シュートはアリソンが左に飛んでセーブ。ミルナーとマティプのサイドは、アウェイチームの狙いどころとなるのでしょうか。サラーが横に持つシーンが目立つレッズ。サイドに展開したボールは、ことごとく奪われています。10分のサラーのミドルはクロスバーの上。12分にマネの縦パスでフィルミーノがGKと1対1になりますが、至近距離からの左足のシュートはボルツが体に当てました。

右サイドから猛攻を続けるレッズは、ラストパスが味方に通りません。引いて構えるボーンマスに対して、ほとんどのパスが足元です。苦しんでいたホームチームですが、24分に最初のセットピースを活かします。CKのクリアをキープしたナビ・ケイタが右のミルナーに預けると、アーリークロスがマネに入り、完璧なヘディングがゴール右に突き刺さりました。10番はプレミアリーグ4戦連続ゴール。ここまでは、ドローに終わった前節までの2試合と一緒です。追加点がほしいレッズは、28分に3対2という絶好機を迎えました。フィルミーノのパスでフリーになったワイナルドゥムが、打つと見せかけてサラーの足元に転がすと、プレミアリーグ16ゴールのエースはまさかのキックミス。32分に最後方のマティプからフィルミーノにロングフィードが届きますが、トラップが大きくボルツの懐に収まります。

攻め続けていたレッズが、喉から手が出るほどほしかった追加点を決めたのは34分。ロバートソンがボックスに入れた斜めのパスを、柔らかいタッチで収めたのはワイナルドゥム。ボルツの頭上を抜く素晴らしいループシュートがラインの向こうに落下し、アンフィールドに歓喜の叫びが響き渡りました。45分にサラーのサイドチェンジを受けたロバートソンが、ダイレクトで中央にラストパス。クリアを中央で奪ったサラーが左足を振り抜くと、ボルツが左に手を伸ばすビッグセーブでCKに逃れました。前半は2-0。ワイナルドゥムの攻め上がりがチームを活性化し、このところシュートが減っていたサラーが前を向くシーンが増えてきました

後半が始まって間もない48分、レッズらしい速攻が炸裂しました。マネのパスを受けたナビ・ケイタが、アウトにかけた絶妙な縦パスを右のフィルミーノへ。裏に抜け出しかけた9番がフィニッシュを諦めてヒールで落とすと、走り込んだサラーが落ち着いて左隅に流し込みました。ファビーニョが鋭い縦パスを前線に当てた56分のチャンスは、右に出たワイナルドゥムがサラーのパスを受け、絶妙なクロスをファーのマネへ。余裕があり過ぎたヘディングシュートは右に外れてしまいますが、今日のレッズはさらなるゴールシーンを期待できそうです。

エディ・ハウ監督は、59分にジョーダン・アイブをソランケと元レッズ同士の交代を敢行。ピッチの脇では、トレント・アレクサンダー=アーノルドが体を動かしています。73分、レルマに変わってリス・ムセ。76分にフィルミーノとのコンビで右から崩したサラーは、左足の一撃をバーに当ててしまいました。クロップ監督が若き右SBを投入したのは、77分。ベンチに下がったのは、負傷明けのワイナルドゥムです。ジョシュア・キングの鋭いミドルはアリソンがセーブ。サラーのラストパスをフィルミーノが右足で狙い、こぼれ球に飛び込んだナビ・ケイタはダイレクトショットを打ち上げてしまいました。

87分のカウンターは、ロバートソンからのパスを受けたフィルミーノが中央をスプリントするも、左隅を狙ったシュートはボルツが読んでキャッチ。1分後のカウンターは、サラーのラストパスがマネと代わったばかりのオリギに届くと、スリップしたアタッカーは打ち切れません。フィルミーノのスルーパスでボルツと1対1になったアーノルドは、正直すぎるシュートをブロックされて4点めはならず。92分にソランケが放ったミドルは、アリソンの指先を抜けて左に切れていきました。レッズ、3-0完勝。オンターゲットを9本放ったチームは、安心して見ていられました。

序盤のレッズは中盤の3人のポジションが低く、前の3人が孤立するシーンが続いておりましたが、ワイナルドゥムの果敢な攻め上がりが周囲の意識を変え、アグレッシブなレッズが戻ってきました。前節までは静かだったサラーとフィルミーノがゴールに向かえるようになったのが、最大の収穫ではないでしょうか。チャンピオンズリーグのバイエルン戦に不安なく臨めるいい勝ち方だったと思います。前線と中盤の6人が獰猛にプレスをかけてくるときのレッズは、やはり怖いですね。24日のプレミアリーグ27節で、オールド・トラフォードにいらしていただくことになっておりますが、当方は優勝争いには関係ない5位チームゆえ、何卒お手柔らかにお願いいたします。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“【Liverpool×Bournemouth】マネ4連発、絶品ワイナルドゥム!レッズが順当に3発快勝!” への3件のフィードバック

  1. Macki より:

    更新ご苦労様です。
    やっといつものレッズが戻ってきました。中盤にジニがいると大きいでしね。今日はプレスも効果的です前節までの停滞が嘘のようでした。先発選手皆良かったです!
    次節まで時間があるのでコンディション整えて、バイエルンとユナイテッド戦に臨めますね。

  2. タムコップ より:

    らしさ、が戻ってきたナイスゲームでした。
    中盤にワイナルドゥムが戻ってきたのは大きかったのと、これまで攻守の切り替えの部分が緩慢だったナビ・ケイタが守備時に戦えて、攻撃の起点にもなれていたというトランジションの切り替え含めて、ようやく馴染んできたな、と感じさせてくれました。
    ここ数戦のことを考えると3得点というだけでも充分ですが、もっと入ってもおかしくない雰囲気が常にあったのも好材料です。
    バイエルン〜マンUと、今季を占う大一番2連戦を良い状態で迎えられそうで楽しみです!

  3. livs より:

    久々の快勝でした!ワイナルドゥムの重要性が改めて感じられた試合でした。ケイタも徐々にフィットしてきた感じもあり、得点も近々とれるのでは。
    次戦のバイエルン戦楽しみです!

コメントを残す