イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【Tottenham×Crystal Palace】祝★新スタジアムオープン!最初のゴールはソン・フンミン!

素晴らしい!トッテナム・ホットスパー・スタジアムがいよいよオープンです。最先端の技術が集約されたスタジアムで、初めてゴールを決めるのは誰でしょうか。プレミアリーグ31節の延期試合は、クリスタル・パレスとのロンドンダービー。ポチェッティーノ監督がチョイスした布陣は、4-1-4-1でしょうか。GKロリス、DFトリッピアー、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ベン・デイヴィス。中盤センターにシソコ、2列めにデル・アリ、ソン・フンミン、エリクセン、ダニー・ローズ、最前線はもちろんハリー・ケインです。

直近のプレミアリーグで1分4敗と不振のチームは、記念すべき日を勝利で飾ることができるでしょうか。華やかなオープニングセレモニー、クラブのエンブレムを浮き立たせる美しい花火。キックオフから間もなくスパーズの猛攻が始まり、左サイドからドリブルで斬り込んだソン・フンミンがゴール裏のサポーターを煽っています。2分の左からのCKがファーに流れると、トリッピアーのハイクロスに競り勝ったデル・アリのヘッドはGKガイタの正面。1分後、ミリヴォイェヴィッチのスルーパスでラインの裏に抜けたシュラップは、左足のシュートを打ち上げてしまいます。

10分に左から斬り込んだソン・フンミンはシュートコースを見つけられず、落としを受けたエリクセンの右足ボレーはポストの左。12分のショートカウンターは、ハリー・ケインのラストパスを左に持ち込もうとしたエリクセンが止められます。デル・アリはシソコと同じ高さに引いており、ダニー・ローズとエリクセンが左右に構える4-2-3-1のようです。17分、ボックス脇に出たトリッピアーがニアのエリクセンに落とすと、直接叩いた一撃はガイタが右に飛んでセーブ。21分にデル・アリがゴール前に浮かしたボールはやや高く、エリクセンは触れませんでした。

28分にハリー・ケインがボックス手前から蹴ったFKは、壁に当たってCK。スパーズは楔のパスを狙われるようになり、シュートを打てない時間が続いています。再三上がる左からのクロスはトムキンスとケリーに捕まり、35分のハリー・ケインのヘッドは2人に着かれて勢いを殺されます。37分、エリクセンが右足アウトで出したラストパスで、ソン・フンミンがボックス右に飛び出しますが、シュートはガイタがセーブ。42分のカウンターでフリーになったダニー・ローズは、自ら狙わずハリー・ケインに打たせようとしてパスをカットされました。

前半は0-0。後半もホームチームが主導権を握っています。50分、ロングフィードを左でトラップしたバチュアイが、切り返しから右足でファーポスト際を狙いますが、ボールは惜しくも外。メモリアルゴールが生まれたのは55分でした。敵陣左でミリヴォイェヴィッチからエリクセンが奪い、すかさず右のソン・フンミンにラストパスを通すと、韓国代表FWは中に持ち込んで左足を振り抜き、新スタジアムで初めてのゴールが右のサイドネットに飛び込みました。今季プレミアリーグで12発めとなるアグレッシブなフィニッシュを、彼は一生忘れないでしょう。勢いに乗って攻めるスパーズが、久しぶりの勝利に近づいています。

前からのプレスが効いているホームチーム。ザハは完全に封じられ、バチュアイにもチャンスボールは出てきません。66分、ハーフライン際でミスパスのこぼれ球を拾ったハリー・ケインが単独で持ち込み、ガイタのポジションを見て右隅を狙いますが、イメージよりも浮いてしまい追加点はならず。ポチェッティーノ監督は69分にダニー・ローズを下げ、ハリー・ウィンクスで中盤を厚くします。74分、トリッピアーが脇にいたエリクセンにパスを通すと、逆サイドに出たグラウンダーにソン・フンミンが走り込むも強烈なボレーはGKの正面。80分、左からドリブルで仕掛けたハリー・ケインがボックスでつぶれると、こぼれ球に反応したエリクセンが左足で押し込みました

82分にデル・アリが下がってルーカス・モウラ、91分にはソン・フンミンをワニャマ。94分のカウンターは、ラインの裏に抜けたルーカス・モウラが決定的なシュートをガイタに止められます。全体のバランスを考慮した采配を見せたポチェッティーノ監督が、ようやく長いトンネルから抜け出しました。前で奪って直線的に攻めるショートカウンターと、SB、セントラルMF、2列めが絡むサイドアタック。MVPを選ぶなら、インターセプトと的確なポジショニングで2ゴールに絡んだエリクセンでしょう。パスの精度と運動量を兼ね揃えたプレーメイカーが、勝利の味を忘れかけていたチームを覚醒させてくれました。

3位に返り咲いたスパーズは、残り6試合のうち4試合をホームで戦えます。ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセン、ソン・フンミンの四天王が持てる力を出し切れれば、4シーズン連続のプレミアリーグTOP4フィニッシュは難しいミッションではなくなるはずです。何はともあれ、新スタジアムのデビュー戦勝利、おめでとうございます!

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“【Tottenham×Crystal Palace】祝★新スタジアムオープン!最初のゴールはソン・フンミン!” への2件のフィードバック

  1. プレミアリーグ大好き! より:

    歴代最高のアジア人選手

  2. Macki より:

    更新ご苦労様です。
    ついに新スタジアムオープンですね。おめでとうございます。最初のゴールがソン・フンミンとは流石ですね。彼は本当に素晴らしい選手だと思います。
    最近の不調から解き放たれたポチェッティーノのフットボールはこれから全開モードではないでしょうか。スパーズのスタジアムで戦うチームは心してかからないといけないですね。レッズサポの私は対戦を終えて一安心しているところです。

コメントを残す