イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

ポチェッティーノ体制の4年を検証!「ハリー・ケインのいないスパーズはどこまで戦える⁉」

ポチェッティーノ監督が、最も恐れていたことが起こってしまいました。マンチェスター・ユナイテッド戦の最終盤に傷つき、タイムアップ後のピッチで治療を受けていたハリー・ケインに、左足首靱帯負傷で全治6週間という診断が下されました。イングランド代表のキャプテンは、カラバオカップとプレミアリーグのチェルシー戦や、ドルトムントと戦うCLラウンド16のホームゲームを欠場することになります。2014年の11月からレギュラーに定着した10番は、直近5シーズンのプレミアリーグで160試合119ゴールという出色の数字を残している絶対的エース。ソン・フンミンもアジアカップ出場で3週間ほど不在となるため、ジョレンテ、ルーカス・モウラ、ラメラに代役を託すしかありません。

16勝6敗で3位に着けているスパーズは、前半戦で42ゴールを積み重ねており、74ゴールだった昨季を上回る破壊力を誇っています。22節まで14ゴールの「ハリー・ケイン比率」は30.4%。ラメラとルーカス・モウラが決められるようになり、40.5%だった昨季よりも依存度は軽くなっています。とはいえ、ポストプレー、FK、ラストパスとさまざまな形でゴールに絡むオールラウンダーのリタイアは、やはり激痛。スパーズは、この試練を乗り越えられるでしょうか。ポチェッティーノ監督就任後の4シーズンで、ハリー・ケイン不在の試合の戦績をチェックしてみました。

2014-15シーズンは、ハリー・ケインが頭角を現わすまでの10試合を4勝2分4敗。最前線を任せられた後は、15勝5分8敗と明確に勝率が上がりました。2015-16シーズンのプレミアリーグは全試合フル出場。ELと国内カップで途中出場と欠場が10試合ありましたが、4勝2分4敗で18ゴールと苦戦しています。2位フィニッシュだった2016-17シーズンを見ると、不在だったCLは1勝1分1敗1ゴールとエースが恋しくなる試合ばかりでしたが、先発しなかったプレミアリーグ9試合は6勝3分の無敗で17ゴール。昨季は途中出場が2戦2勝、欠場した試合はオールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドを押し込みながら1-0で敗れたゲームでした。カラバオカップのハマーズ戦をジョレンテ先発で敗れた以外にエース離脱の影響はなく、チームとしての熟成度が上がるにつれてエースの穴は埋まるようになっています。

来週以降のプレミアリーグは、敵地のゲームがフラム、バーンリー、チェルシー。ウェンブリーはワトフォード、ニューカッスル、レスターで、2月末のロンドンダービー以外のアウェイ戦は与しやすい相手が並んでいます。エリック・ダイアーやデンベレが復帰間近のチームは、新たな負傷者が出ない限りは、うまく切り抜けられるのではないでしょうか。ゼロトップか、ジョレンテか。ポチェッティーノ監督のやりくり術に注目しましょう。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“ポチェッティーノ体制の4年を検証!「ハリー・ケインのいないスパーズはどこまで戦える⁉」” への1件のコメント

  1. プレミアリーグ大好き! より:

    CLにケインが間に合わないのが残念です。
    各国のトップチームの100%の戦いが見たかった…

コメントを残す