イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

ゴールを決めれば無敗…ハリー・ケイン不在の穴を埋めるソン・フンミンに期待します!

トッテナム・ホットスパー・スタジアムで開催されたプレミアリーグで、記念すべき初ゴールを決めたのはソン・フンミン。チャンピオンズリーグでもマンチェスター・シティに先勝する貴重なゴールを決め、欧州の大会で新スタジアム初の1発というクラブ史に残る栄誉を手に入れました。2018-19シーズンのスパーズにおいて、彼がゴールをゲットした試合は15戦全勝という事実をご存じでしょうか。プレミアリーグ10試合、チャンピオンズリーグとカラバオカップが2試合、FAカップ1試合。ハリー・ケインが先発から外れたプレミアリーグとCLの計6試合で5発を積み上げ、エース不在の穴を見事に埋めています。

チャンピオンズリーグ準々決勝のファーストレグで、デルフと交錯して足首を痛めたハリー・ケインがスタッフに肩を支えられてロッカーに消えたとき、絶望的な気分に支配されたスパーズサポーターは少なくないでしょう。来季のCL出場権を争うバトルと、ビッグイヤーをめざす欧州最高峰の大会を交互に戦う大事な時期。プレミアリーグ17ゴールの絶対的エースが果たしてきた役割は、フィニッシュだけではありません。劣勢でも前線でボールを収めてくれるポストプレーヤーであり、ウインガーや2列めを前線に走らせる秀逸なパサーでもあります。喜怒哀楽をまっすぐに表現するアルゼンチン人指揮官の悲痛なコメントは、美しいスタジアムやTVの前で息を呑む熱狂的ファンの気持ちを代弁しているものと思われます。

「とても悲しいし、がっかりしている。今シーズンの残り試合に出るのは難しいだろう。大きな問題でないことを願ってはいるが、(軽傷だったとしても)回復するための時間もない。足首を捻っており、これからの数時間で状況を確認することになる」

マンチェスター・シティの本拠地エティハドで行われるCLセカンドレグとプレミアリーグ35節の連戦は、10番抜きで戦うことになるはずです。ポチェッティーノ監督が最も頼りにするのは、裏に抜け出すのがうまい韓国代表FWなのは間違いありませんが、注目したいのは「彼をどこに配するか」です。3-5-2ならジョレンテやルーカス・モウラとの2トップ、4-2-3-1ならワントップあるいは左右のサイド。いずれにしても重要なのは、調子を上げてきたプレーメイカーとアイコンタクトがかわせるポジションにいることではないでしょうか。

マン・シティ戦でボックス右に浮き球をフィードし、この試合で唯一のゴールをお膳立てしたクリスティアン・エリクセン。公式戦で3試合連続のアシストを記録したデンマークの至宝には、スパーズをめざす場所に導くキーマンとなる匂いが漂っています。契約延長を拒否しているといわれるエリクセンが、噂通りにスペインに居場所を変えるとすれば、今季のスパーズは「ポチェッティーノ監督の初期の集大成」ともいうべきチームです。CLファイナル進出というメモリアルな置き土産を残してくれるなら、サポーターは涙を呑み込み、拍手で送り出せるのではないでしょうか。

ソン・フンミンとエリクセン。チャンピオンズリーグ2017-18シーズンのラウンド16、互角に渡り合ったユヴェントス戦でゴールを決めたのは彼らと10番でした。プレミアリーグ屈指のアタッカーたちは、マン・シティを退ければ、ユーヴェにリベンジを果たすチャンスを手に入れることができます。届くか、CLで初のベスト4、そしてファイナル。ハリー・ケインのいない世界で、スパーズがどう戦うのかを最後まで見届けたいと思います。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“ゴールを決めれば無敗…ハリー・ケイン不在の穴を埋めるソン・フンミンに期待します!” への6件のフィードバック

  1. Sp より:

    更新お疲れさまです。

    僕はグーナーなので
    トッテナムは基本的には嫌いですが
    ライバル故に気になる存在であります。

    ケインは嫌いです。 以前のチェルシー戦とかでの態度とか礼儀がなっていないところは本当に嫌いです。  ただエリクセンやソンは本当に素晴らしいと思います。
    もし、ガナーズに二人がいたら本当にいいなぁと思ってしまいますし彼らには得点の匂いがありますよね。
    間違いなくアジア最強のワクワクする選手ですし今後も気になる存在です。

    —–
    最高峰のスタジアムも手にしてやっと本当のホームで闘えるというのはスパーズにとって後押しになるんじゃないでしょうか。
    ケインだけのチームではないということを再度証明してほしいですね

  2. プレミアリーグ大好き! より:

    歴代アジア人最高選手としてさらに実績をのこしてもらいたい。

    サッカーにかんして
    なぜ、韓国人って日本人より優れているんですかね

  3. jpjtw より:

    自己中心的に見える彼らの人間性は、海外では自己主張出来る人間性としてチームメイトに認知される強みとなるからですかね。
    単純にソンは両足でまともなシュートが打てるのが一番デカいですね、日本人は強いシュート上手い選手いないですから

  4. プレミアリーグ大好き! より:

    歴代アジア人最高選手としてさらに実績をのこしてもらいたい。

    サッカーにかんして
    なぜ、韓国人って日本人より優れているんですかね

  5. プレミアリーグ大好き! より:

    くっさwww

  6. プレミアリーグ大好き! より:

    >>歴代アジア人最高選手
    パウリノって言う大昔のバルサのエースのフィリピン人が圧倒的で更新不可能な称号だと思うよ

コメントを残す