イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

グッドラック、ロリス・カリウス。レッズをCL決勝に導いたGKに敬意と感謝を込めて。

悔しい結果に終わったあのキエフでの一戦について、最近までときどき思うことがありました。「リヴァプールの守護神ロリス・カリウスが犯した痛恨のミスは、勝負を決するものではなかった。スローをベンゼマにインターセプトされた最初のミスは、たった4分でサディオ・マネがなかったことにしてくれた。決勝ゴールは、ガレス・ベイルのCL史上に残るスーパーバイシクルだった。83分にベイルの無回転シュートをファンブルした2度めのエラーは、そのまま決したであろう勝負を10分早く終わらせただけだった」。

試合後に涙したロリス・カリウスを最大限フォローしようとする強引な見方であることは、百も承知です。それでも、私がこう思い込みたかったのは、若いGKにこのまま潰れてほしくなかったからです。プレミアリーグ2年めで、19試合に出場。23節からは17試合連続出場で、8つのクリーンシートを達成しました。チャンピオンズリーグでは13試合すべてでフルタイム出場を果たし、6試合は無失点。ロリス・カリウスは、プレミアリーグ4位キープと欧州における躍進に貢献してくれたエースGKでした。

新シーズンは心機一転、昨季プレミアリーグでラスト10試合を6失点で終えたチームの守護神として、スケールアップしてくれるはずと期待していました。しかしほどなく、心に刻まれた大きな傷は2ヵ月では癒えなかったのだと思い知らされました。スポーツは、残酷です。たった1試合、ハーフタイムを無難に折り返した後の45分という短い時間で、ひと頃はドイツの若手No.1とまでいわれた選手が、プレミアリーグで地道に積み上げてきた自信を打ち砕かれてしまうのですから。プレシーズンマッチでミスを繰り返したドイツ人GKは、アリソン・ベッカーに押し出されるようにトルコのベシクタシュに移籍することになりました。2年間のレンタルですが、彼が再びレッズのシャツに袖を通すことはないでしょう。

ブライトン戦の試合後会見で、ユルゲン・クロップ監督が、背番号1を付けていた25歳のGKについて愛情あふれるコメントを残しました。

「私たちは、昨日グッバイといったよ。彼は楽しみにしているようだった。いいことだね。…本当に思うよ。いいGKが揃っている世代のなかでも、ロリス・カリウスは素晴らしいGKだと。多くの人々が、アリソンが出場した最近の3試合を観てディフェンスがよくなったと話しているけど、彼が来る前から多くの試合でいい守備を見せていたんだ。そこにいたのはロリスだった。いいプレイだった。ベシクタシュは経験豊富なチームだ。トルコでリーグを制するチャンスがある。クールだね。彼らは今、素晴らしいGKを手に入れた。こういういい機会を得られたことを、彼のためにうれしく思える」

アリソンが来る前から、守備はよくなっていた…指揮官の言葉を聞いて、キエフの夜の出来事にこだわるのは終わりにしようと思いました。あの日、1-1となってから先にゴールを決めたのがレッズだったら。最初のミスを帳消しにするビッグセーブを見せてくれていたら。心の底に滓のように溜っていた無数の「たられば」は、彼が新しい一歩を踏み出そうとしている今、意味のないものになろうとしていると実感したのでした。レッズに加わったときから大いに期待していたGKだっただけに、悔しい気持ちは消えないけれど、トルコでの活躍が聞こえてくるのを楽しみにしています。グッドラック、ロリス。レッズをCLのファイナルに導き、プレミアリーグファンを久しぶりに誇らしい気分にさせてくれた素晴らしいGKに、敬意と感謝を込めて。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“グッドラック、ロリス・カリウス。レッズをCL決勝に導いたGKに敬意と感謝を込めて。” への7件のフィードバック

  1. GSM より:

    カリウスの涙が忘れられません。

    まだまだ強くなれます。

    トルコで活躍をして、笑顔で再会しましょう!

  2. Macki より:

    更新ご苦労様です。
    カリウスの記事ありがとうございます。
    彼がいなかったらCL決勝に辿り着いていなかったかもしれません。自信を無くした時アンフィールドでKOP達が優しく迎えた事は忘れられないです。
    トルコで奮起して、レッズの面々と笑顔で会いたいですね。グッドラックカリウスYNWA!

  3. より:

    ネタきいぱあ2。笑

  4. だしまる より:

    これは素晴らしいですね。決勝でのミスばかり取り上げられますが、仰る通り、その舞台に引き上げた功労者の一人なのですから。CL決勝で戦えるだけでもリスペクトできること。

    ここで心折れることなく、負けの味をかみしめて大きくなって欲しいと願います。

  5. プレミアリーグ大好き! より:

    選手へのリスペクトの溢れる素晴らしい記事ですね。

  6. タムコップ より:

    カリウスについて触れていただきありがとうございます!
    今回ローン移籍(ほぼ完全移籍)での放出に話が進んだ背景には、CLでの出来事よりも、今夏のプレシーズンでの冴えないプレイが直結してるんだと思います。
    アリソン加入しても、もともとはセカンドチョイスだったわけだし…。
    いずれにせよ、トルコで長友と仲良くなって、キーパーとして成長して、日本人のファンを増やしましょう!笑
    幸多からんことを!

  7. プレミアリーグ大好き! より:

    ??「カリウスを守る。」
    …(´^ω^`)

コメントを残す