イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

【Liverpool×Saints】絶品シャキリ!前半3発のリヴァプールが完封でプレミアリーグ6連勝!

これはおもしろい!右サイドはシャキリがインサイド、サラーがウイングでしょうか。プレミアリーグ6節、アンフィールドで開催されるリヴァプールVSセインツ。クロップ監督は、アリソンの前にファン・ダイクとマティプを並べています。SBはすっかりレギュラーに定着したアーノルドとロバートソン。中盤にシャキリ、ヘンダーソン、ワイナルドゥムが入り、前線はサラー、フィルミーノ、マネといつもの3人です。セインツのCBはヴェステルゴーアとフートで、今季プレミアリーグ出場ゼロの吉田麻也はまたもベンチスタート。キックオフから激しい競り合いが続き、レッズの縦パスはなかなかうまく入りません。3分、右サイドに流れたシャキリがゴール前に浮かしたボールは、フィルミーノのヘッドが浅く当たってしまいました。中盤の主導権は、やはりレッズ。6分の波状攻撃は、何度も上がるクロスに、ヴェステルゴーアとフートが落ち着いて対応しています。

10分、CKのクリアを拾ったマネが、左にまわってきていたシャキリにスルーパス。スイス代表のエースが切り返しから右足でシュートを放つと、シェーン・ロングに当たってコースが変わったボールをフートが処理しきれず、ゴールに転がってしまいます。1-0となり、セインツが反撃。12分のCKは、ヴェステルゴーアのヘッドが左に逸れていきました。フィルミーノが自陣に下がってボールを散らし、シャキリは前で自由に動いています。17分、右サイドのセドリク・ソアレスがボックスに侵入したレドモンドにつなぎ、右足のシュートがアリソンが伸ばした手を越えていきます。

21分、ロバートソンの縦パスを受けたサラーが、フィルミーノとのワンツーでGKマッカーシーの前に躍り出ますが、セドリク・ソアレスが必死のスライディングでクリア。右からのCKがファーに上がると、マティプを見ていなかったヴェステルゴーアがかぶってしまい、今季プレミアリーグ初先発のCBのヘッドがゴール左隅に突き刺さります。右のシャキリが高いポジションを取ることが多いため、ロバートソンが中に絞ってスペースをケアするのが目立ちます。レドモンドとセドリク・ソアレスが何度も右から仕掛けますが、レッズの守備陣はクロスのコースに入ってシュートを打たせません。

42分、スルーパスに走ったレドモンドが左サイドを完全に破り、ホイビュルクに折り返すもボレーは空振り。ここからつないだレッズは、フィルミーノがロングフィードをサラーに通し、エースがGKマッカーシーと1対1になりますが、DFをかわした際にゴールに背を向けてしまい、左足のアウトで右隅を狙うとわずかにポストの外。45分にボックス脇を突破したシャキリのクロスがクリアされると、フィルミーノのダイレクトショットはブロックされてしまいます。しかし47分、シャキリが左足でドライブをかけた直接FKがクロスバーにヒットすると、ゴール前に落ちたボールをサラーが押し込み、今季プレミアリーグ3ゴール。前半を3-0で終えたクロップ監督は、大活躍のシャキリを下げてミルナーを投入しました。

後半もゲームのイニシアティブを握るリヴァプール。フィルミーノやマネが左からボックスを襲いますが、最後のタッチが決まらずフィニッシュに持っていけません。55分、ファン・ダイクが脇腹のあたりを押さえて座り込んでいます。大事をとったのか骨折か、代役はジョー・ゴメスです。相変わらず獲られた後のチェックが速いレッズは、セインツにカウンターを許しません。70分、ワイナルドゥムが下がってナビ・ケイタ。後半のセインツ守備陣は、シュートを打たせない対応を徹底できているものの、それをほめられる展開ではありません。うまく時間を遣ったレッズの久々のチャンスは、86分でした。右からのクロスのクリアを叩いたロバートソンのダイレクトショットは、バーの上にアウト。89分にサラーがドリブルでボックス右を崩したチャンスは、ミルナーのシュートがDFにブロックされ、押し込んだサラーはオフサイドです。3-0でレッズがセインツに快勝し、プレミアリーグ6連勝です。

歩いて引き上げてきたファン・ダイクは、すぐに戻ってくると信じましょう。セットピースを活かしてセーフティーリードを築いたホームチームは、後半は試合を殺しながら時折カウンターを見せ、クリーンシートを達成しました。シャキリの交代理由は定かではありませんが、2ゴールに絡んだ23番のクロップサッカーへのフィット感は申し分なし。攻守のバランスの取り方を体得すれば、チェンバレンの穴を埋めるような仕事をまかせられるでしょう。次戦、チェルシーと激突するカラバオカップで、いよいよファビーニョ登場でしょうか。プレミアリーグではチェルシー&マンチェスター・シティ、チャンピオンズリーグでナポリと当たる強豪4連戦のレッズは、ここから2週間が最初のヤマ場です。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“【Liverpool×Saints】絶品シャキリ!前半3発のリヴァプールが完封でプレミアリーグ6連勝!” への2件のフィードバック

  1. Motsuki909 より:

    今日はシャキリがMOMでしょう。前半で試合を決定付けられたのは、連戦を控えるチームとしては最高でした。結果的に、後半は要所での攻撃に注力するだけで比較的省エネで済ませられました。交代でミルナーやケイタが出てくるとは、ここ数年では考えられないぐらいに層が厚くなりました。チェルシーとの連戦も含め、シティとの激突まで全勝で突っ走ってくれる事を願っています。

  2. Macki より:

    メンバーがほぼ固定なのが少し気になってましたがシャキリが使われて結果を出しましたね
    カップ戦はかなりターンオーバーするでしょう
    かなりきつい日程ですが連勝続きで嬉しいです

    —–
    更新ご苦労様です。
    シャキリが結果を出してチームはリーグ戦6連勝。
    クリーンシートも達成し嬉しいばかりです。
    ダイクの怪我の状況が気になるところですが、カップ戦は休養し次節に臨めればと思います。

コメントを残す