イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

ペップVSモウリーニョ!数字でよくわかるライバル対決の注目ポイント!

ペップ・グアルディオラVSジョゼ・モウリーニョ。プレミアリーグ24節の最注目カードは、本日の夜に開催されるマンチェスター・シティとトッテナムの対決です。ペップは公式戦15連勝、プレミアリーグ10連勝。モウリーニョは直近のプレミアリーグ10試合で3勝2分5敗と不振にあえいでいます。

上位が勝つならペップ。好調のチームが勝つならペップ。完成度が高いほうが制するならペップ。ブックメーカー「ウィリアムヒル」のオッズは、マン・シティ1.33倍、スパーズ8.5倍、ドロー5.5倍とホームチーム推しですが、守備のスペシャリストがノースロンドンに降臨してからの戦績で予想すると、アウェイチームが0-2勝利という着地になります。

ペップとモウリーニョの直接対決は、11勝6分7敗とバルサ時代に優勢だったスペイン人に軍配が上がりますが、2020年11月にスパーズにやってきたポルトガル人指揮官は、2戦連続で積年のライバルを撃破しています。2020年2月の最初の対戦は、60分にジンチェンコがレッドカードを喰らった後、ベルフワインとソン・フンミンが決めて2-0。11月に開催された今季プレミアリーグの7節では、5分にソン・フンミン、65分にロ・チェルソとカウンターから2発ゲットして2-0で完勝しました。

最初の対戦は、シュート数3対19、オンターゲット3対6、ポゼッションは33%対67%。2戦目はシュート数4対22、オンターゲット2対5。ポゼッションは33%対67%と、前回のゲームをなぞるような数字でした。スパーズに敗れた後、1度も負けていないペップがリベンジを果たすのか、8位に沈むモウリーニョが3連勝を飾るのか。勝負のカギを握るのは、前線で体を張るワールドクラスのアタッカーたちのパフォーマンスです。

マンチェスター・シティの得点源は、8ゴール1アシストでプレミアリーグ10連勝に貢献したイルカイ・ギュンドアンと、同じ期間に5ゴール3アシストというスタッツを記録しているラヒム・スターリング。リヴァプール戦でアーノルドを振り回したウインガーが左からドリブルで仕掛け、中央でマークを外した8番が決めるのが最近のトレンドです。彼らとフィル・フォーデンがいつも通りの切れ味をキープできれば、アグエロとデブライネの不在は気にならないでしょう。

スパーズのキーマンは、いわずと知れたハリー・ケインとソン・フンミン。WBAで復帰したエースは、プレミアリーグ20試合13ゴール11アシスト。11月にマン・シティに勝った後も、11試合6ゴール2アシストとしっかりゴールシーンに絡んでいます。左サイドを主戦場とする7番については、プレミアリーグ22試合13ゴール6アシストというプレーンな数字よりも、過去3シーズンのマン・シティ戦で5試合5ゴールという天敵ぶりをアピールしたほうがいいでしょう。

圧巻だったのは、2019年4月のチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ。10分までに2発を叩き込んだソン・フンミンがマン・シティのゲームプランを破壊し、2試合トータル4-4ながらアウェイゴールルールで勝ち抜けというアップセットの主役となりました。彼を止めつつジョアン・カンセロの中盤参加を促したいペップは、フィジカルに長けたカイル・ウォーカーをやっかいなウインガーにぶつけて、カバーエリアが広いポルトガル代表SBを左にまわすのではないでしょうか。

マン・シティが先制すればそのまま押し切り、スパーズが先にカウンターを決めればゴール前にバスを停めて2発めを狙う展開になるのではないかと思われます。私の予想は…いや、願望は0-2でスパーズ。ハリー・ケインとソン・フンミンがコンビでゴール&アシストを決めれば、今季通算14ゴールめ(現在は10番⇒7番が9ゴール、7番⇒10番は4ゴール)となり、アラン・シアラーとクリス・サットンの元祖SASが持つシーズン13発を抜いて史上最強コンビとなります。鮮やかなショートカウンターで堅守を切り裂き、プレミアリーグの優勝争いをおもしろくしていただければと期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


コメントを残す