イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

シャルケとヴィラが獲得希望…アーセナルのマルティネス問題、解決策は代役ゲット!?

アランとハメス・ロドリゲスを獲得したエヴァートンは、さらに中盤を強化すべくワトフォードのアブドゥライェ・ドゥクレを2000万ポンド(約27億5000万円)で獲得。7日にカラム・ウィルソンとライアン・フレイザーの獲得を同時に発表したニューカッスルは、24時間も経たないうちにノリッジの左SBジャマール・ルイスを1500万ポンドで押さえました。シェフィールド・ユナイテッドは、守備陣の補強としてチェルシーの19歳DFイーサン・アンパドゥをローンでゲット。プレミアリーグの中堅クラブが着々と新戦力を引き入れ、いよいよ開幕というムードが高まってきています。

獲得間近といわれている選手のなかで、とりわけ目を引くのは、アストン・ヴィラがクラブレコードとなる3300万ポンド(約45億2000万円=アドオン含む)を投じようとしているオリー・ワトキンスです。昨季チャンピオンシップの最多ゴールを記録したブレントフォードで、26発を決めて得点王に輝いた24歳のFWは、1月にマンチェスター・ユナイテッドも狙っていたといわれる注目株。188cmの長身を活かして最前線に張るだけでなく、10番の仕事もウイングもこなせる器用な選手です。プレミアリーグに復帰した最初のシーズンに獲得したウェズレイ、ボルハ・バストン、ホタが期待外れだった古豪は、急成長を遂げたアタッカーの獲得によって得点力を高めることができるでしょうか。そう、ヴィラとブレントフォードといえば、彼の去就も気になります。

昨季プレミアリーグのセーブ率81%は、ロリス、アリソン、エデルソン、ベルント・レノを凌ぎ、5試合以上出場したGKではNo.1。出場した8試合でクリーンシートを3回記録しており、37.5%はエデルソン、アリソン、ポープに続く4位です。ベルント・レノという厚い壁に阻まれ、セカンドGKの座に甘んじているエミリアーノ・マルティネスは、アルゼンチン代表のレギュラーの座を得るために出場機会を増やしたいと考えているとのこと。「スカイスポーツ」によると、興味を示しているのはシャルケ04とアストン・ヴィラですが、両者とも2000万ポンドといわれる移籍金に難色を示しているようです。

アーセナルとしては、レノが負傷した際にマルティネスがいてくれれば安心ですが、出場機会を得られないなら退団したいといわれれば、検討せざるをえません。「代役として、ブレントフォードのスペイン人GKダヴィド・ラジャを獲れれば、マルティネスの移籍を容認」とも伝えられていますが、プレミアリーグ昇格をめざすクラブはGKを出す気はありません。グーナーと評論家のなかには、「プレミアリーグ開幕からしばらくはマルティネスでもいい」「マルティネスをレギュラーという選択肢もあるのではないか」という向きもあるようですが、ベンチで戦況を見守るベルント・レノを想像すると、こちらはこちらでドキドキします。

「キャッチングの安定感とハイボール、ロングパントはマルティネス」「守備範囲の広さと1対1の飛び出しの鋭さ、きわどいシュートに対する瞬発力はレノ」「ビルドアップは互角」といったところでしょうか。アルテタ監督とエドゥTDは、そして本人はどういう決断を下すのか。アーセナルのGK問題は、もうしばらくゴシップで読者を稼ぎたいメディアの格好のネタとなりそうな雲行きです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


コメントを残す