イングランドのプレミアリーグ(ときどきチャンピオンズリーグ)専門ブログ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールetc.

偏愛的プレミアリーグ見聞録 | プレミアリーグの最新情報ブログ

マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。

今から動くか!? プレミアリーグに別れを告げるといわれる5人のインターナショナル!

5 Premier League players who are likely to leave before the European transfer window closes(欧州のトランスファーウインドウが締まる前に、出ていくであろうプレミアリーグの5人の選手たち)」。イギリスメディア「デイリー・ミラー」が、新戦力を獲得できないプレミアリーグのクラブから、移籍する選手が出るのではないかといっています。この記事が事実なら、トッテナムのダメージは深刻です。タブロイド紙は、トビー・アルデルヴァイレルトはバイエルン・ミュンヘンに活躍の場を求め、ダニー・ローズはパリ・サンジェルマンかシャルケ04でプレイすることになると主張しています。

まずは、記事が伝えていることをなぞってみましょう。最初のお話は、マンチェスター・ユナイテッドに移籍すると噂されていた2人のCBが主人公です。ここ数年、負傷に悩まされて出場機会を減らしているバイエルンのジェローム・ボアテングが、パリ・サンジェルマンに移るというのが最初のディール。アルデルヴァイレルトは、その後釜としてドイツ王者の最終ラインに収まるというわけです。ベルギー代表CBには、2019年の夏なら移籍金2500万ポンド(約35億3000万円)でクラブを離れることができるという契約があり、レヴィ会長が大金を手に入れたければ、今が最後のチャンス。ポチェッティーノ監督のファーストチョイスはダヴィンソン・サンチェスとフェルトンゲンで、バックアッパーとしてU-20ワールドカップでアルゼンチン代表として活躍したフォイスと、中盤から下げられるエリック・ダイアーがいます。

移籍金5000万ポンド(約70億円)と報じられているダニー・ローズのほうは、パリが満額を用意したら断れる話ではないようにも思えます。しかし、スペシャリストがベン・デイヴィスしかいないチ―ムが、若手抜擢でプレミアリーグとチャンピオンズリーグを乗り切るというギャンブルに出るでしょうか。新戦力を獲れなかったクラブに理解を示したポチェッティーノ監督も、戦力マイナスとなれば、黙り込んでしまうのではないでしょうか。プレミアリーグで…いや、欧州の主要リーグでも唯一「補強ゼロ」のスパーズは、悩ましい選択を迫られるかもしれません。

エヴァートンのヤニック・ボラシェは、スパーズの2人よりも信ぴょう性があります。マルコ・シウヴァ新監督のチームは、右サイドにウォルコット、ルックマン、シュナイデルラン、左にはウルヴス戦で2ゴールの新戦力リシャルリソンと、シャフタル・ドネツクから来たベルナルジ、昨季レギュラーの21歳FWカルヴァート・ル―ウィンと手駒が揃っています。ドリブラーの獲得を狙っているのは、8月31日まで選手を獲得できるチャンピオンシップのミドルズブラとアストン・ヴィラとのこと。ローン移籍なら、成立する可能性は充分にあるでしょう。

グエンドゥジの台頭で出場機会が減りそうなアーセナルのエルネニーと、ョルジーニョ&コヴァチッチの加入で居場所を失ったチェルシーのドリンクウォーターにも移籍の噂があります。エルネニーはマルセイユ、ドリンクウォーターはシャルケ04。これまで海外クラブというニュースはほとんどなかったイングランド代表クラスが、この時期になって2人も飛び出すという話には無理があるように感じますが、ダニー・ローズ残留、ドリンクウォーター移籍ならありえるのではないかと思います。

プレミアリーグのマーケットが締まってから、欧州の閉幕まで3週間というスケジュールはやはりきついですね。リーグ戦開幕の前に締めるか、8月末まで引っ張るかは議論するとしても、欧州とイングランドが同時に締まる形にしていただくのは、CLやELをフェアに戦っていくうえでは必須条件でしょう。もとい、5人のうち何人が実際に動くでしょうか。エヴァートンとチェルシーは、いかにもありそうですが、ノースロンドンはさすがに…!?

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


“今から動くか!? プレミアリーグに別れを告げるといわれる5人のインターナショナル!” への2件のフィードバック

  1. プレミアリーグ大好き! より:

    ウォーカーピータースにチャンスを与えても良い時期に来てるのは間違いないのでローズ放出もやむなしですが、ホームグロウンの関係上出ていかないと思ってます。
    トビーもまた売りってほしくはないけど売り時ではあるし、CCVもしくはフォイスがバックアップとして試されていく時期、ダイアーを中盤から下ろしてCBとして成長させる時期(本人はCB志向)ですかね・・・
    サイクルを回して利益を得て、次に繋げてきたクラブなのでこれもやむ無しだと受け入れますが、補強しない中での放出は見たくないですね。

  2. ゆゆ より:

    トレイラ、グエンドゥジ、ラムジー、ジャカがいるのでエルネニー放出は割とあるかと思います。
    ラムジーが残る前提ですが。

コメントを残す